就活体験談を読む

大学院を中退した女性が電気系のエンジニアで内定!就活成功の秘策とは!?

Seigo Shirakawa

大学院を中退した女性が電気系のエンジニアで内定!就活成功の秘策とは!?

理系の大学で学んでいたTさん(24歳・女性)は、勉強についていけず留年を経験します。将来について真剣に考えないまま大学院に進学しましたが、自分の勉強に意味を見出せず、心機一転して就職活動をスタートさせました。今回は、技術職のエンジニアを目指したTさんの内定ストーリーをお送りします。

就職活動の状況についてお伺いしました!

shutterstock_381582874
大学院を休学してUZUZに登録してくださったTさんに、どのように就職活動を進めたのか聞いてみました。

Q.なぜ就活をしようと思ったのですか?

大学生のときに授業についていけなくなり、留年をしてしまいました。そこから将来についてちゃんと考える気がおきず、身が入らないまま何となく大学院に進学しました。正直「まだ社会に出て働きたくない」という想いが強かったので、「とりあえず大学院に進んでいこうかな」という甘い考えしか持っていなかったんです。

そんな気持ちで進学してしまったので、当然勉強に身が入りませんでした。今の自分の研究を将来どう使えばいいのか分からず、大学院にいることに意味を見出せなくなってしまったんです。そこで休学を選択し、就職活動を始めてみることにしました。

Q.今回の就職活動で大事にしていたことを教えてください。

一つ目は、初めての就職活動だったので、企業研究や自己分析をしながら「それは本当に、自分がやりたいことなのかな?」を自問自答したことです。

二つ目に、もう一度自分を見つめ直す時間を作ったことです。大学に入ってからいつの間にか何ごとも諦めるクセがついていたので、どうやったら諦めずに最後までやり遂げるかを考える必要がありました。「採用してくれる企業があればどこでも入る」という安易な気持ちで選んだら、学生のときのように同じことを繰り返してしまうと思ったんです。

自分を見つめ直してよく考えたところ、私は完璧主義で、興味のあることに対して高い集中力を発揮する性格だということが分かりました。ですので、この特長が活かせる職種を選ぶことにしたんです。結果的に興味のある分野で、かつスキルを身につけられそうな会社から内定をいただくことができました。

Q.就職活動が成功した理由を教えてください。

UZUZさんに登録し、カウンセラーの白川さんと二人三脚で面接の準備ができたからだと思います。私は今まで面接練習をしたことがなく、右も左も分からないところからのスタートでした。カウンセリングをしてもらった当初は、ろくに自己紹介もできなかったほどです。しかしそんな私に、白川さんが親身になって一から教えてくださいました。

「しっかり目を見て話す、難しければ鼻でもいい」「結論を述べた後に理由を説明する」「自分のことをありのままに相手に伝える」など、白川さんから具体的なアドバイスをたくさんしていただきました。また面接のセオリーをひと通り頭に入れ、練習で白川さんに話してみると、文言を一つずつ前向きな言い方に訂正してくださいました。

私のように自己分析をしっかりして、カウンセラーの方と面接対策を繰り返せば、自ずと成功は掴めると思います。  

Q.UZUZで就職活動をスタートさせてから変わったことがあれば教えてください。

初めての就職活動で、何から手をつけたらいいか分かりませんでした。そのためカウンセリングを通して、内定を獲得するための軸を決めました。UZUZの方が履歴書のチェックや会社との面接のスケジューリングなどをして下さったので、面接練習や企業研究に時間を割くことができました。

また、私は「既卒枠」以外に「新卒枠」でも就職活動を行っていました。ですが大学は立地の都合で頻繁に通うことができず、加えて大学も休学していたので、相談できる人が周りにいませんでした。とても不安な毎日を過ごしていたのですが、カウンセリングで白川さんに話を聞いてもらえるだけで励みになりました。応援してくださる方がいることで、前向きに就職活動を進められたんだと思います。

Q.担当カウンセラーに一言お願いします。

人見知りな私が面接を通過して内定をいただけたのは、白川さんのおかげです。これからは無理しすぎず、ほどほどを心がけて頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

Q.これから就職活動を行う後輩にアドバイスをお願いします!

現状をきちんと把握することからはじめてください。そして自分について知るために「自己分析」をしっかりと行い、面接の受け答えの練習を続けてください。今までの自分を直視することはキツいかもしれませんが、それを乗り越えれば絶対に自分に合う企業に巡り会えるでしょう。頑張ってください。

カウンセリングを終えて

shutterstock_260594603
理系の学部で学んでいたTさんは、技術職を志望していたためエンジニアの職種をお勧めしました。Tさんは人見知りをする方で、加えて面接を受けたことがなかったので、練習のときから緊張がなかなか抜けずにいました。

そこで、「しっかりと準備をして、面接で伝えたいことを覚えましょう」とアドバイスをしました。Tさんはとても真面目な方だったので、想定される質問の受け答えを用意し、何度も練習を重ねてくれました。その結果、緊張しながらも伝えたいことを話せるようになり、企業から内定を獲得しました。

完璧主義者のTさん。その性格を活かして、入社後も技術力を磨き上げてくださいね!ただ頑張りすぎてしまう性格なので、たまには体を休ませて息抜きもちゃんとしましょう。ご活躍を期待しています。

Seigo Shirakawa
Seigo Shirakawa

埼玉出身の元第二新卒。いち早く成長できるという理由からヘッドハンティング兼コンサルティングを行うベンチャー企業に入社。起業を志し、ハードな環境下で3年間猛烈に働く。知識や経験を積むためにUZUZに入社し、現在は営業兼キャリアカウンセラーとして第二新卒・既卒の方の就活を支援。

相談する