なぜITエンジニアに?公務員不合格後、進路を変更した23歳の“決断”とは。

なぜITエンジニアに?公務員不合格後、進路を変更した23歳の“決断”とは。

学生時代、Hさん(23歳・女性)は公務員になるための就職活動を行っており、民間企業での就職は考えていませんでした。しかし在学中は公務員として内定をもらえなかったため、就職活動を再開してUZUZに登録。そんなHさんがITエンジニアへ進路を変更し、就職活動を行った体験談をご紹介します。

既卒・未経験からITエンジニアを目指すことになった経緯を聞いてみました!

shutterstock_562244602
既卒の就職活動でどのような点に心がけたのか、Hさんに伺ってみました。

Q.なぜ既卒になったのですか?

公務員1本に絞って就職活動をしていましたが、在学中は内定をもらえませんでした。そこで大学卒業後に再び就職活動をしようと思い、既卒生となりました。

Q.今回の就職活動で大事にしていたことを教えてください。

UZUZに登録し、「長く働き続けられる会社であること」「人と協力して仕事ができること」を軸に就職活動を行いました。もともとは事務職を希望していましたが、求人が少ないことに加えキャリアアップがしづらい職種であることを知って、進路を変更することにしたんです。

そんなとき、ウズウズカレッジを知りました。入校し講義を受ける中で、エンジニアという職種に興味を持ちました。そして、未経験でも応募が可能な企業へ申し込みを始めました。

Q.UZUZで就職活動スタートして、変わったことがあれば教えてください。

就職活動において、自分の中で甘さがあることに気づき反省できたことです。それによって、働くことに対しての意識が変わりました。カウンセラーの柳田さんや、家族、友だちなど周りの人に助けていただき、内定を頂くことができたのだと思います。

Q.担当カウンセラーに一言お願いします。

短い間でしたが、柳田さんには本当にお世話になりました。内定先での研修期間中も、こまめに連絡をいただき励ましてくださったこと、本当に嬉しかったです。研修も無事に終わり、やっとスタートラインに立つことができたのも、UZUZさんの助けがあったからこそだと思います。これから大変なことも辛いこともたくさんあると思いますが、一から頑張る気持ちを忘れず、会社に貢献していきます。本当にありがとうございました。 

Q.これから就職活動を行う後輩にアドバイスをお願いします!

面接が苦手な人も、将来が不安な人もいらっしゃると思います。そんなときはカウンセラーの方々を信じて、就職活動を続ければきっと大丈夫です。筆記試験や面接でなかなかうまくいかずに辛くなった時は、家族や友人などと話して、気分転換をすることも大切だと思います。決して一人で抱えこまずに頑張ってください! 

カウンセリングを終えて

shutterstock_380400751
Hさんと初めてお会いしたとき、明るくて物腰の柔らかい方だなと思いました。面接対策では「人事の目線だと、今の発言はこう受け取られますよ」など、面接官の立場になってアドバイスすることを心がけました。するとHさんは伝えたことを一つひとつ理解し、面接での受け答えを工夫してくださいました。

またHさんは、負けず嫌いな方でした。分からないことがあればLINEでも必ず質問をくださいましたし、前回の面接練習でできなかった部分を見直されたりして、影でとても努力をしていました。面接練習でどんなに難しい質問をされても、必死に答えようとする姿勢はとても好感を持てました。

決して諦めないHさんであれば、先に入社し働いている方にもすぐに追いつけると思います!自信を持って業務に臨んでくださいね。カウンセリングをする中で、いつも笑顔のHさんから私も元気をもらっていました。ぜひ、今の調子で頑張ってくださいね。

Yuki Yanagida

上海生まれの日本育ち。元既卒。中国語を学ぶために国際教養学部に進学し、在学時には上海に1年間語学留学に行く。しかし、留学生活から現実に戻れずにそのまま卒業。現在は自身の既卒時代の就活経験を活かし、UZUZにてキャリアカウンセリングを担当。