未経験でもインフラエンジニアになれる志望動機の書き方とNGワード

未経験でもインフラエンジニアになれる志望動機の書き方とNGワード

「インフラエンジニアになりたい」という思いで履歴書を手にしているものの、志望動機で筆が止まり、それ以上先に進めない…そんなはがゆい思いをしていませんか。

インフラエンジニアは需要の高い仕事ですが、同時に人気の高い職種のひとつでもあります。他者と差別化を図れない履歴書では、特に未経験の場合、面接に進むのは難しいでしょう。

そこで今回は、改めてインフラエンジニアとは何かを振り返りながら、面接に受かるための志望動機の書き方のポイントについてご紹介します。

確認!インフラエンジニアの仕事とは

shutterstock_327093638
インフラエンジニアの仕事内容やキャリアパスについて正しく理解することが、「受かる志望動機」を書くことにつながります。まずはインフラエンジニアとはどんな仕事なのかについてご紹介します。

インフラエンジニアはその名の通り、様々な会社のIT基盤、すなわちインフラを作り上げ、円滑な運用を支えることを仕事とする職業です。仕事内容は大きく「設計」「構築」「運用」の3つに分けられます。

設計

企業の要望や使用意図などをヒアリングし、どんなインフラを構築するかを決定します。詳細な仕様はもちろんのこと、予算や構築にかかる期間についてもここで決定するため、専門知識だけでなくコミュニケーション能力や書類作成能力なども必要とされます。

構築

作成された設計書をもとに、実際にインフラを構築する段階です。使用する機器の運搬や組み立て、必要なソフトウェアの設定のほか、出来上がったインフラの動作確認なども、ここで行われます。機器やソフトウェアなどに関する専門知識はもちろん、期間内に作業を終えるための効率の良さや、作業に当たる人員を取りまとめる管理能力なども必要な仕事です。

運用

構築されたインフラの運用を見守り、不具合があれば対応するのが主な仕事です。想定外のアクセス数やデータ量があった場合の対応を行うキャパシティ管理のほか、不具合がインフラによるものなのかどうかを判断することも求められます。チームで仕事をすることが多いため、高い頻度と質の高い報連相、ほかのメンバーと打ち解ける社交性の良さなども求められます。

仕事内容についてより詳しく知りたい人は、以下をご覧ください。

既卒のための業界解説|今キてる!インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)の業務内容とは?

インフラエンジニアの志望動機で書くべきポイント

shutterstock_341467478
ここからは具体的に、受かるための志望動機の書き方のポイントをご紹介します。この4つを意識すれば、未経験かどうかにかかわらず、あなたの志望動機は素晴らしいものになるはずです。

「なぜインフラエンジニアになりたいのか」が明確にわかる

志望動機の核ともいえる部分です。ここで企業は以下ポイントを判断します。

      ・意識高く業務にあたってくれる人材か
      ・自社のITインフラを任せられる人材かどうか
    ・高い専門性や知識・経験を持っているか

ITインフラの不具合は、時に企業の経営やお客様からの信用を大きく左右する要因になることもあります。そのため「安心してITインフラを任せられる人物」にITインフラを任せたいと企業が考えるのは自然な流れといえるでしょう。

できれば高い専門性や知識・経験のある人物がほしいというのが企業の本音です。しかし、今知識がなくても「将来的に高い専門性や知識を有して意識高く業務にあたってくれる人材」を発掘することも、企業人事の大きな役割となっています。

どう書けばいい?

【経験者の場合】
すでにインフラエンジニアを経験している人は、「どんな仕事にあたっていたか」「そのなかでどんな成果を出したか」をできるだけ具体的なエピソードを交えて記載するのがよいでしょう。具体的な成果がない場合、仕事をする上で大切にしていたことやその理由などを交え、姿勢の高さをアピールしましょう。

【未経験の場合】
未経験の場合は、具体的なエピソードをもとに「インフラエンジニアになりたい理由」を具体的に示すことが大切です。

「インフラに興味があるから」「プログラミングが好きだから」という漠然とした理由では、企業側に「他の仕事でもいいのでは」「興味本位では」と思われてしまいます。

「ある経験からインフラエンジニアという仕事に興味を持ち、仕事に就くためにどのような努力をした」など、「インフラエンジニアになりたいと思ったきっかけ」「インフラエンジニアでなければならない理由」「就業のためにどんな努力をしたか」ということが分かる内容にしましょう。

「この企業でインフラエンジニアとしてどんなことがしたいのか」を示す

様々な企業がインフラエンジニアを求めるなかで、なぜこの企業に応募したのか、就職後どんなことで企業に貢献できるかが分かる志望動機にしましょう。

インフラエンジニアにかかわらず、企業は「うちに入りたいと強く希望する人を採用したい」と思っています。企業へ貢献してくれる可能性が高いだけでなく、離職の可能性も低いと考えられるからです。そのため志望動機には、「なぜ貴社でないといけないのか」が分かる内容を盛り込む必要があります。

どう書けばいい?

企業の活動と自分の思い・経験などを絡めた志望動機の作成が必要となります。そのため、まずはITインフラに関することだけでなく、企業の事業内容や理念のほか、話題になったことや新たな取り組みなど、企業研究をしっかり行うことが大切です。

ここはインフラエンジニアの経験に左右されずに記載できるため、未経験者が経験者と差別化を図れる良いポイントとなるかもしれません。

どんなスキル・経験を持っているのかを記載する

前述の通り、企業は高いスキルやインフラエンジニアとして豊富な経験を持つ人物を採用したいと思っています。資格名を記載するだけでなく、具体的なエピソードや成果実績などを記載し、高いスキル・経験を持つ人物であることをアピールしましょう。

どう書けばいい?

【経験者の場合】
経験者はこれまでの業務経験を具体的なエピソードを交えて記載しましょう。主たる成果がない場合は、トラブルに直面した時にどう対応したか、その結果どのように解決できたかを記載すると評価されやすくなります。

【未経験の場合】
未経験者の場合は関係する資格のほか、プログラミング歴やアプリなど具体的な成果物の作成経験を、具体的なエピソードを交えて記載しましょう。経験者同様、困難に直面した時の対応方法やその結果も踏まえて記載すると、対応能力が評価されます。

こうしたスキルや経験がない人は、インフラエンジニアに必要な知識を学ぶ上での経験や工夫したことなどを具体的に書いてみましょう。またはインフラエンジニアやプログラミングなどとは全く関係のない経験も、成長後の能力を推し量る上での材料のひとつとなります。

「インフラエンジニアに直接関係するスキルや経験ではないが」と断った上で、どんなスキル・経験があるのかを具体的なエピソードとともに記載するのも良いでしょう。

インフラエンジニア未経験者が気をつけるべきポイント

shutterstock_519992464
未経験だからといって、「経験がありません」で終わってしまうような志望動機を書くような人材は、企業も採用したいとは思いません。インフラエンジニアとしての伸びしろを感じさせる思いやエピソードを盛り込むようにしましょう。

また入社後に研修があるからといってスキルや経験を磨こうとしない人材は、入社後も意識が低く、成長しない可能性があると判断されます。希望する企業で研修制度が設けられていても、知識を学ぼうとする姿勢を示すことは、重要なポイントだといえます。

未経験者を採用する理由

少子高齢化によって新卒採用者の数が減少傾向にあるなか、企業にとっては優秀なスキルや経験を持つ人材を確保することが難しい時代となっています。そのため多くの企業では、今は経験やスキルがなくても、育成すれば大きく成長する人材の確保も行っています。

これはインフラエンジニアの就職でも同じことがいえます。「スキルを磨けば企業にとって欠かせない人材となる」「経験を積めば優秀な技術者になる」と判断すれば、企業は未経験であっても積極的に採用してくれるのです。

未経験だからといって諦めるのではなく、インフラエンジニアになるための努力や取り組みを具体的にアピールすることができれば、就職の扉は大きく開かれるといえるでしょう。

志望動機で書いてはいけないNGワードとは

shutterstock_213425407
経験者かどうかにかかわらず、給料の高さや企業の知名度などを理由にするのは避けましょう。「給料が高ければ(知名度が高ければ)どこでもいいのか」と思われてしまいます。

また未経験者の場合は「研修があるから」「未経験者OKだから」という理由だけに終止するのも避けたほうがよいでしょう。研修を設けている企業や、未経験者OKの求人は数多くあります。「うちでなくてもいいのでは」と思われる原因にもなりますし、「経験を積んだあとに離職するのでは」という懸念も抱かれてしまいます。

志望動機は「その企業を選んだ理由」であるとともに「その企業に貢献したい理由」とも言い換えられます。長く働くこと、そして意欲高く働くことを前提とした志望動機を心がけましょう。

まとめ

志望動機を工夫すれば、未経験からでもインフラエンジニアとして就職することは不可能ではありません。しかし「具体的なエピソードが思い浮かばない」「そもそも就活って何を進めればいいかわからない」という人もいるでしょう。

それなら業務未経験者の内定率90%以上のウズウズカレッジを利用してみてはいかがでしょう?履歴書対策はもちろん、面接やビジネスマナーについてのノウハウも学ぶことができます。履歴書を手に悶々と悩む日々から脱却して、インフラエンジニアとしての第一歩をウズウズカレッジで踏み出してみませんか。

未経験からインフラエンジニアを目指すなら!手厚いサポートが嬉しい「ウズウズカレッジ」がおすすめ!

kochiyuu
kochiyuu

北海道釧路市に住むフリーランスライターです。ライティングのほか、ライティングディレクションやパンフレット作成、取材対応などを行っております。旅行と歌と動物が好きな30代女性です。