未経験からでも「手に職をつけた正社員」になれる方法とは?おすすめはあの業種!

未経験からでも「手に職をつけた正社員」になれる方法とは?おすすめはあの業種!

働き方のスタイルが多様化を見せている現代。とはいえ、やはり「正社員雇用での就職・転職を目指したい」と考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、これからの時代、ただ正社員になることができればそれでいいといえるのでしょうか?これからは、どのような雇用形態にしろ、手に職をつけておくことが、より重要になっていくと考えられます。専門技術や知識を持つことで、必要な人材として社内外で活躍し続けることができるからです。

今から正社員を目指すならば、手に職をつけられる仕事を選んでみませんか?

「とにかく正社員であれば安心」という時代は終わった

shutterstock_406015192
かつては、「終身雇用制度」が一般的だった日本。「雇用」といえば正社員雇用が当たり前で、1度入社すれば定年退職まで勤め上げる人がほとんどでした。正社員にさえなっていれば生活は安心だと考えられていたのです。

しかし、終身雇用制度が崩れつつある現代では、正社員で雇われていれば万事OKではありません。

景気の浮き沈みにより、大企業でさえ経営が急激に悪化するリスクを背負っていることが今の時代の特徴です。また、グローバル化が進むなかで、競争相手が国外企業にまで広がることで、よりコストを削減しようと生産拠点を人件費の安い国外に求める企業も多く存在しています。経営危機に瀕した場合は、大量のリストラが実行されることも多く、正社員も例外ではありません。

そのため、たとえ上場企業の正社員であったとしても、それだけでは一生安泰とはいえません。企業から必要とされる人材となるためには、「ただの正社員」から脱する必要があるといえます。

未経験から手に職をつけることは強みになる

shutterstock_367871447
「ただの正社員」から、どうやって抜け出すのか。そのひとつの方法が、“手に職をつけること”です。

「手に職」をつけるとはどういうこと?

「手に職をつける」とは、専門的なスキルや資格を身につけ、仕事に生かすことを指します。資格を取ったり、専門的なスキル・知識を持ったりすることで、その人は「ただの正社員」から抜け出すことができるのです。

一度手に職をつけておけば、会社が経営危機になった場合でも、同職種へ移りやすくなります。専門知識や技能は、違う会社でも即戦力として活かせるものだからです。手に職をつけていればアピールポイントを明確に持てるため、転職がしやすいという強みになるといえます。

現代では、40代でもキャリアアップ転職を目指す人がいます。キャリアアップ転職の際に必要となるアピールポイントは、実績や即戦力、リーダーシップなどですが、手に職をつけていれば、実績をアピールしやすいというメリットもあります。

これから需要が増える「手に職」がつく仕事

今ある仕事の中には、「需要が増していくもの」と「今後縮小していくだろうと予想されるもの」があります。せっかく手に職をつけるなら、需要の高まるものがいいですよね。

今後、ますます需要が増えていく仕事のうち、需要が増えるものには、以下のような職業があります。

  • 保育士
  • 介護士
  • 看護師
  • IT関連の仕事

たとえば保育士の場合、保育園の不足問題の一因として、保育士自体の不足が含まれています。今後ますます働く女性が増えていくと予想される中で、保育士の需要は高まっていくでしょう。
介護士や看護師も、超高齢者社会が間近に迫る日本において、必要とされる代表的な仕事です。

IT関連の仕事もまた、特別な知識やスキルを必要とします。様々なものとITとの結びつきはこれからも増えていくでしょう。スキルによって、webデザインやプログラミングなど、選べる仕事の幅が広いところも特徴です。

こうした仕事の多くが、経験を積む中でその人自身の武器になりえるものです。つまり「手に職」がつけられるわけですね。

未経験ならIT業界をおすすめしたい3つの理由

shutterstock_492067837
未経験の状態から手に職をつけて正社員で働きたいと思った場合、おすすめしたい業界はズバリIT業界です。その理由を見ていきましょう。

1.学校に通いなおさなくても入社が可能

先ほど挙げた「これからも需要が増える専門職」のうち、IT業界以外の職業は国家資格の取得が必要です。

必ずしも学校に行き直す必要のあるものばかりではありませんが、就職・転職活動の前に、通信教育などで資格を取っておかなくてはなりません。

しかし、IT業界の仕事に関しては、必ずしも就職に資格が必要なわけではありません。資格ありきではなく、技術・知識ありきの仕事のため、これから目指す人にとって、IT業界は入りやすい業界なのです。

2.専門知識はこれから学べる!その他、必要スキルのアピールも有効

手に職をつけるわけですから、もちろん専門的な知識・スキルは必要です。しかし、それらは今からでも学ぶことができます。

IT業界の仕事に必要なスキルは、専門知識だけではありません。たとえばコミュニケーションスキルも、IT業界で働く上で欠かせないスキルのひとつ。

ひたすら作業と向き合うイメージを持たれがちなIT業界の仕事ですが、チームで行なう仕事が中心となる職種もありますし、クライアントとの密なやりとりが重要な仕事も多いです。

そうした専門知識以外のスキルは、すでに持っている場合もありますよね。そうしたスキルをアピールすることで、未経験者からでも正社員採用を目指すことができるのです。

3.IT業界は人材不足を抱えている

需要が拡大している業界は、人材不足に悩んでいることが多いです。IT業界もそうした業界のひとつ。経済産業省からは、「今後より一層IT業界の人材不足が進むだろう」という報告書が上がっています。

・情報セキュリティ人材は、現在約28万人、不足数は約13万人であるが、2020年には不足数が20万人弱に拡大。
・先端IT人材は、現在約9.7万人、不足数は約1.5万人であるが、2020年には不足数が4.8万人に拡大。
引用元:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました

ここからもITで活躍できる人材は、今後の社会により重要な存在になっていくといえますね。

またこうした背景を受け、「小学生にプログラミング学習をさせることが必修になる」のをご存じですか?論理的な思考力や創造力を育むためという側面もありますが、未来のIT産業を担う人材を育てたいという思惑もあるのではないかと考えられます。

こうした流れのある中で、IT業界で手に職をつけておくことは、大きな武器といえそうですね。

未経験者がIT業界での正社員採用を目指す方法

shutterstock_378312253
未経験者がIT業界でいきなり正社員を目指す方法には、どのようなものがあるでしょうか?

「未経験者OK」の求人を探す

就活サイト、転職サイトで「未経験者OK」と明記されている求人を探す方法です。人材不足に悩んでいる会社では、現段階での専門スキルの有無は問わず、その他のスキル(コミュニケーションスキルなど)があれば採用してくれるところも多くあります。

そういった会社は、入社後に研修を行い学ぶ機会を設けてくれるところが多くあります。もちろん、受け身でいるのではなく、自分自身で学ぶ姿勢を持っておくことも必要です。

また、資格支援制度を導入している会社もあるため、スキルだけではなく資格も手に入れたい場合は、制度を導入している会社を探してみましょう。

独学で勉強をしながら求職活動をする

IT知識は、独学で学ぶことも不可能ではありません。そのため、本を購入し、自ら勉強しながら求職活動をする方法も。普段からパソコンに慣れ親しんでいる人の場合、独学でもスムーズに知識が入りやすいかもしれませんね。

専門のキャリアサポートを受けて「学び」+「就活」を同時に進める

面接の段階でスキルや知識もアピールしたい、でも自力で勉強することは困難。かといって、専門学校や通信教育で勉強を始めると、その間は職探しができない…。このような悩みをお持ちの方におすすめの方法が、IT業界に特化したキャリアサポートを受け、専門知識の「学び」と「就活」を同時に進めていくというものです。

株式会社UZUZの『ウズウズカレッジ』には、ITエンジニアコースが設けられています。業務につながる研修が受講できるため、未経験者でもスムーズに就職活動を進めていくことが可能です。

専門のキャリアサポートであれば、学びだけではなく、面接対策や求人の紹介など、就活に関する相談にも対応してくれます。未経験者にとって最短で手に職をつけることができる方法ですよ。

未経験者が手に職をつけたITエンジニアを目指すなら!手厚い就活サポートの「ウズウズカレッジ」がおすすめ!

まとめ

shutterstock_526820656
社員の評価を、従来の年功序列から成果主義にチェンジする会社も増えてきています。「何ができるのか」という個人の能力が、今後より重要視されるようになっていくでしょう。

正社員だからといって、ずっと安心していられる時代は終わりつつあります。「ただの正社員」ではなく、自分自身でスキルを持ち、会社の変化にも適応できる正社員を目指しましょう。

自分のキャリアアップのためにも、会社の経営が悪化したときのリスク回避のためにも、手に職をつけておける職業を目指してみませんか。

Wakana Uoka
Wakana Uoka

さいたま市在住のフリーライターです。好奇心旺盛かつ人見知りのないおしゃべり人間。ライティングのほか、創作執筆活動もしています。ピアノや弾丸旅行、読書が好き。