フリーターから手に職をつけたい!そんな方におすすめの職業&就活サービスって?

フリーターから手に職をつけたい!そんな方におすすめの職業&就活サービスって?

「フリーターから正社員を目指したい」と考えた時、有利になるのが手に職をつけることです。仕事に役立つ資格や技能を身に着けることで、就職できる可能性が高まります。さらに、その後転職を考えた時に、仕事が見つかりやすくなるという利点もあります。

しかし、「手に職をつける」と言っても仕事はさまざまです。フリーターから目指せる、手に職がつけられるおすすめの職業を紹介していきます。

手に職が付けられるのはどんな仕事?

shutterstock_549068092
手に職をつけるとはどんな仕事のことを指すのでしょうか?まずは手に職がつけられる仕事について考えていきましょう。

資格がないとつけない職業

手に職がつく仕事としてまず挙げられるのが、資格がないとつけない職業です。医師や美容士など、国家資格が必要な職業であれば、就職率も上がります。資格を取得するには時間とお金がかかりますが、先行投資してもいいと思えるほど就職率が上がる資格もあります。

学校に通わなくてはいけない資格から、自分でコツコツ勉強すれば取得できる資格もあります。国家資格だけでなく、民間の協会が出している資格もあり、就職につながりやすいかどうかはそれぞれの資格によって違うため注意が必要です。自分に合った資格をみつけてみましょう。

国家資格はないが専門的なスキルが必要な職業

もうひとつ手に職がつけられるのが、資格は必要ないけれど専門的なスキルが必要な職業です。ネイリストやカメラマンなど、専門的なスキルが必要な職業は経験者が優遇されるため、スキルを身につけることで就職が有利になります。経験者が有利になりやすい職場が多いですが、初心者でもOKの職場もあるので探してみましょう。

働きながらスキルアップしていくことで、職場で重宝される人材になれます。また、スキルを身につけた上で経験者として転職活動を行えば、より条件の良い職場で働く可能性が広がるのです。

医療・介護系の仕事で手に職をつける

shutterstock_447157912
医療・介護系の仕事は、人の役に立っているという実感が感じられる職場です。どちらも欠かせない仕事なだけに、資格やスキルを身につければ正社員として仕事がしやすくなります。医療・介護系の仕事で手に職がつけられるおすすめの仕事を紹介します。

介護福祉士

介護福祉士とは、お年寄りや障害がある方の日常生活を身体的・精神的に助けるために、入浴・食事・排泄などの介護を行う職業です。さらに介護を受ける本人や家族に対して、介護に関する指導も行います。

介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められた国家資格です。介護福祉士の資格を取得するには、いくつかの方法があります。まずは、介護福祉士養成施設(2年以上)を卒業する、福祉系大学・社会福祉士養成施設・保育士養成施設を卒業後、介護福祉士養成施設(1年以上)を卒業することです。養成施設を卒業すれば、介護福祉士の国家資格を取得できます。

「養成施設に行くには学費が…」という方は、介護の現場で実務を積むという方法もあります。介護などの業務3年以上従事した経験があれば、介護福祉士の国家試験を受験することができます。試験内容は筆記試験です。

実務経験は介護施設に就職することで積めます。介護の仕事は資格がない未経験者でもOKの求人が多く、就職先も探しやすいのがポイントです。アルバイトやパートはもちろん、正社員の求人もあります。

無資格でも働くことは可能ですが、資格を取得することで給与がアップするようです。厚生労働省の調査によれば、1か月の平均実賃金は無資格の場合196,432円ですが、介護福祉士の資格がある方は236,596円と4万円ほど上がっています。働きながらスキルアップし、受験資格を取得できるのでぜひ目指していきたい資格です。

参考:公益社団法人日本介護福祉士会「介護福祉士を取得するには」
厚生労働省 「介護人材の確保について」

医療事務

医療事務とは病院やクリニックで医療費の計算を行う事務職です。医療費の計算は、厚生労働省が定めた医療点数に基づいて計算します。そのため、専門的な知識が必要となるのです。事務職ですが、受付で来院した患者さんへの応対を行うことも求められます。事務と接客両方をこなさなくてはなりません。

医療事務の資格は、病院で事務職に就くために必ずしも必要というわけではありません。国家資格ではなく、あくまで知識があることを認定する民間の資格です。

しかし、求人の時点で医療事務の資格を有していることを応募条件にしているクリニックもあります。「資格がなくても応募可能」となっている求人でも、自分に知識がきちんとあることをアピールできるため無駄にはなりません。病院やクリニックで働きたいと思ったら、取得を目指すことをおすすめします。

医療事務と呼ばれる認定試験は10種類以上あります。診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務技能審査試験、医療事務管理士技能認定試験の3つの試験が認知度が高いです。

その中でも特に診療報酬請求事務能力認定試験は、平均の合格率が医科で約30%、歯科で約38%(2016年2月時点)と難易度が高めです。その分、医療事務の資格の中でも評価が高く、資格手当を支給している病院もあります。通信教育で勉強することができるので、医療事務関係の資格取得を検討している方は、チェックしてみてくださいね。

参考:公益社団法人日本医療保険事務協会「よくあるご質問(FAQ)」

事務関係の仕事で手に職をつけるには

shutterstock_572805178
オフィス内で内勤をしたいと希望する方には、事務関係の仕事で手に職をつけることがおすすめです。事務の中でも専門知識が必要な仕事で経験を積めば、スキルアップにつながります。事務関係の仕事の中でも、手に職がつけられるのはどんな仕事でしょうか。

経理

経理とは、会社のお金の流れをすべて管理する仕事です。会社の現金の管理、預金の管理、帳簿管理、決算・納税などを行います。どんな業種でも、どんな会社でも必ず存在する職種です。そのため経理の経験がある、知識が豊富な方は就職・転職で有利になるのです。

経理の仕事に就くには、資格などは必要ありません。簿記の資格を取得していると有利ですが、必須ではありません。求人でも、簿記の資格の有無より実務経験がある方のみに限定されたものが多くあります。

「経験者しか応募できない求人が多い」ということは、一度実務経験を積むことができれば、その後はかなり有利になるということでもあります。求人の中には未経験者でも可のものもあります。パートや契約社員といった形でも経理での実務経験を積んでおくことで、その後正社員を目指して転職活動を行う際、有利に働きます。経理の求人があれば積極的に応募してみましょう。

貿易事務

貿易事務とは、海外から商品を輸入したり、海外へ輸出したりする輸出入業務全般に係る仕事です。輸入通関手配、納入管理、関税や消費税の納付、船積書類の作成など、仕事内容は多岐にわたります。

国家資格などはありませんが、専門的な知識と英語力が求められる仕事です。貿易事務に関する知識については、日本貿易実務検定協会が認定する貿易事務検定があります。A級、B級、C級があり、一番簡単なC級の合格率は2017年3月の試験で58.00%、2017年までの累計平均では54.40%です。

経理と同じく経験者は採用されやすく、求人の中には経験者のみに限定されたものも多いため、一度実務経験を積んでおくことをおすすめします。まずは未経験でもOKの求人に応募してみましょう。

参考:日本貿易実務検定協会「受験者合格率」

IT・Web関連の仕事で手に職をつける

shutterstock_387990172IT・Web関連の仕事は専門的な知識が必要な仕事です。IT業界は人材が不足しているため、求人も常にあり、正社員を目指して就職する可能性も広がります。IT・Web関連の仕事で手に職がつけられるおすすめの仕事を紹介していきます。

プログラマー

プログラマーは、コンピューターを思い通りに動かすため、プログラム言語を使ってプログラムを組み、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。プログラマーになるためには資格は必要ありません。ただし、プログラミングに関する専門的な知識が必要となります。

理系のイメージがありますが、文系でも採用されます。新卒や第二新卒では、未経験でも可という会社が多く、入社してから勉強することでプログラマーとしてのスキルを身につけていきます。

中途採用の場合は経験者が優遇されます。つまり、一度プログラマーとして実務経験がある方はその分有利になる、手に職がつけられるということです。アルバイトやパートであっても同様です。実務経験を積むことが一番のスキルアップにつながります。もちろん、自分でプログラムを書いてみるなど独学での勉強を積むことも大切です。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、企業や個人などの依頼主から頼まれたWebサイトのデザインを行う仕事です。特別な資格は必要ありませんが、HTML、CSS、JavaScriptといったコーディングの知識と、デザインのセンスが求められます。

まったくの未経験からWebデザイナーを目指す場合、独学でコーディングについて学んでおくといいでしょう。一度自分でサイトのデザインを作ってみるのもおすすめです。自分でデザインをしたもの(ポートフォリオ)を面接時に見せることで、採用される可能性が高まります。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、企業の情報システムを構成するコンピューター機材の構成を考えたり、安定的にネットワークが使えるよう基盤を整える仕事を指します。企業において、必要不可欠になっている情報システムの管理・運用・改善復旧などを専門的に手掛けます。

ITインフラに対する専門的な知識だけでなく、何のために行うのか、予算はどれくらいか、どれくらいの期間が必要か、などの計画を立てる能力も求められます。インフラを構築した後も、そのインフラが稼働している限り適切な運用が求められます。

IT社会と言われる現代社会では、構築業務はもちろん運用業務も需要が高まっている職種ですので、未経験者でも挑戦可能です。

さらに顧客対応が重視されるため、コミュニケーション能力を求められることが多く、文系の方が優遇されることもあります。

手に職がつけられる就職支援サービスとは?

shutterstock_528054433
手に職をつけたいと思っても、まったくの未経験では採用されるかどうか不安な方には就職支援サービスの利用がおすすめです。手に職をつけたいときに最適な就職支援サービスを紹介します。

ハローワーク

ハローワークが行っている職業訓練では、さまざまな職業につくための訓練を無料または格安で受けることができます。介護、経理、エクセルなどのPCスキル、プログラム、Webデザインなど種類もさまざまです。自分に合った職業訓練に申し込むことで、就職の可能性を広げることができます。

ウズウズカレッジ

インフラエンジニアは比較的新しい職業のため、ハローワークでの職業訓練でも取り入れられていません。しかし、Webデザイナーやプログラマーより安定した求人があり、経験者は今後ますます優遇されている見込みのある職種です。

そんなインフラエンジニアとしての就職を目指す方におすすめなのが、株式会社UZUZの就活サポートです。キャリアカウンセラーによる丁寧な就活サポートを受けながら、未経験でもインフラエンジニアとしての就職を目指すことができます。

ウズウズカレッジでは、まったくの未経験の方でもITエンジニアとして働くために必要な知識やスキルを身につけることができます。現役エンジニアから4週間にわたり、プログラミングやネットワークについて教えてもらうことができるので、自信をもって求人に応募できます。

さらに研修費用は無料、研修後はキャリアカウンセラーによる就活サポートを受けることもできるので就職できる可能性が高いのです。

インフラエンジニアを目指すなら、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

20代のための次世代型就活サポート「ウズウズカレッジ」

おわりに

フリーターからすぐに正社員になることは難しいかもしれません。しかし、手に職をつけることで、正社員として働く可能性を大きく広げることにつながります。最初はアルバイトや契約社員であっても、経験を身につけることはあなたに大きく役立ちます。

特にインフラエンジニアは未経験でも採用されやすく、キャリアアップにつながるオススメの仕事です。ぜひ一度検討してみてください。

既卒・フリーターでも希望の会社で内定が取れる!?内定率83%の人材紹介会社なら「ウズキャリ既卒(ウズウズキャリアセンター)」

Kyoko Matuura
Kyoko Matuura

岐阜県在住のアラフォーママライターです。メイクとコスメが大好きで、ライティング業務の傍ら、メイクのお仕事もしています。趣味は二人の子どもと一緒に公園を巡ること、特技はマッサージです。