IT業界の職種丸わかり!就職するならITに強い就職サイト・就職エージェントを活用せよ!

IT業界の職種丸わかり!就職するならITに強い就職サイト・就職エージェントを活用せよ!

コンピューターに関わる業務中心に行う業界を「IT業界」と呼びます。IT業界は、ひとまとめにして呼ばれることが多い業界ですが、様々な職種があり、どれも専門性が高いため、業務内容や働き方に違いがあります。

ここでは、IT業界にどんな仕事があるのかを紹介します。またそれらの職種に就職するためにどうすればいいのか、利用すべき「就職サイト」や「就職エージェント」について解説します。

IT業界に就職するには、どんな職種がある?

IT業界は、専門とする仕事の領域によって、さらに以下の3つの業界に分けることができます。各業界の特徴と、職種をご紹介します。

ソフトウェア業界

shutterstock_520314349
「ソフトウェア業界」は、ハードウェアを制御するための手順をまとめたプログラムを提供する業界です。ほかにもパソコンだけでなく、スマートフォンで活用するソフトウェアも多数開発されています。

プログラマー

「プログラマー」はプログラミング言語を用いて、ソフトウェア開発を行う仕事です。開発するソフトウェアによって、使用するプログラミング言語が異なるため、専門分野を持っている場合も少なくありません。

システムエンジニア

「システムエンジニア」は、コンピューターシステムを提供し、クライアントの要望を実現する仕事です。要望のヒアリングから始まり、デザインの設計・コーディング・テストなど複数の工程を担います。

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)

「ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)」は、複数のパソコンをネットワークにつなぐために、ネットワーク環境の構築・運用・保守を行います。

インターネット/Web業界

shutterstock_410481883
「インターネット/Web業界」は、インターネットを利用して情報発信をしたり、ショッピングサイトを提供したりする業界です。個人の利用者向けに、メディアサイトの運営やSNSの運用などを行う企業と、インターネットで展開されているサービスや広告などの制作や更新などを行う企業があります。

またスマホが普及したことで、幅広い年齢層の人がインターネットを利用するようになり、Webサイトを活用したサービスが注目を集めています。インターネット/Web業界の職種を見ていきましょう。

Webデザイナー

「Webデザイナー」は、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を用い、Webサイトのデザインを行う仕事です。Webサイト全体のデザインを考え、ゼロから形にしていくため、デザインを学んできた人やデザインに興味がある人は、その知識を活かすことができるでしょう。また、IT業界の中では特に女性が多い職種であるといわれています。

Webディレクター

「Webディレクター」はWebサイト制作の指揮をとる仕事です。Webサイトの制作は、Webデザイナーやプログラマーをはじめとする、複数人のチームで行われることが多く、製作スケジュールの確認や、仕事の割り振りが必要です。また、クライアントとのやりとりも発生します。これらを担い、Web制作チームのリーダーのような仕事をするのがWebディレクターです。

情報サービス業

shutterstock_313785899
「情報サービス業界」は、企業が導入する情報システムの選定やソフトウェアの開発などを請け負う業界です。情報システムの選定以前に、企業が抱えている課題や、目指す将来像などを分析し、戦略立案を行うコンサルティングを提供している企業もあります。

ITコンサルタント

「ITコンサルタント」とは、企業が抱える課題や競合他社の状況などを分析し、ITソリューションを活用して、問題を解決に導く仕事です。企業ごとに異なる課題や問題点を洗い出し、解決に導くには、豊富な経験が必要になります。また、クライアントと円滑なやりとりができる高いコミュニケーション能力や提案力が求められます。

セールスエンジニア

「セールスエンジニア」とは、IT関連の製品やサービスの営業を行うエンジニアのことをいいます。ITソリューションの営業では、クライアントの抱える課題に的確な提案をしなければなりません。また、クライアントから技術的な質問をされることも多く、エンジニアとしての知識を活かした営業活動を行う仕事です。

IT業界に強い就職サイト・エージェントを使うべき理由とは

shutterstock_410596771
IT業界の職種を見てきましたが、気になる仕事はありましたか?。IT業界に就職するには、「就職サイト」や「就職エージェント」を利用する方法が考えられます。

就職サイトや就職エージェントには、すべての業界を対象にしたものや、特定の業界に特化したものなどがありますが、IT業界への就職を目指すなら、IT業界に強いサイトやエージェントを利用するべきでしょう。ここからはその3つの理由を解説します。

1.IT業界の案件数は営業や事務職ほど多くない

まずひとつ目の理由は、IT業界の案件数は、営業職や事務職に比べて少ない傾向にあることです。営業職や事務職は、どんな製品やサービスを提供している企業でも活躍できますが、IT業界の専門職はそうはいきません。ITソリューションやIT関連サービスを提供している企業で働くことになるため、必然的に求人の数が少なくなってしまうのです。

IT業界に強い就職サイトや就職エージェントには、IT業界の求人が集まっているため、希望する仕事を見つけやすくなります。

2.IT関連の職種に詳しいコンサルタントがいる

就職エージェントを利用すると、コンサルタントに就職の相談をしたり、就職活動のサポートを受けることができます。またIT業界に強い就職エージェントであれば、IT業界の仕事や働き方、面接時に気を付けるべきことなどを詳しく知ることが可能です。

IT業界を専門に扱っていない就職エージェントにも、IT業界に詳しいコンサルタントがいる場合もありますが、IT業界に強いエージェントのほうが確実でしょう。

徹底した個別サポートで内定まで導く!IT業界への就職を考えているなら「ウズキャリ既卒(ウズウズキャリアセンター)」がオススメ!

3.IT業界は職種が様々、特化したサイトのほうが求人を探しやすい

これまで紹介してきた通り、IT業界には様々な職種があり、その仕事内容は職種によって大きく異なります。就職サイト上で求人情報を検索する際には、職種を限定して検索できるほうが効率が良いのです。

IT業界に特化した就職サイトでは、そうでない就職サイトに比べ、詳しく検索できる場合が多く、IT業界への就職を考える際には、IT業界に特化した就職サイトを利用するのがおすすめです。

未経験からIT業界に転職を考えているなら「ウズウズカレッジ」がおすすめ

shutterstock_216198988
これまでIT業界で働いたことがなく、未経験からIT業界への就職を考えている場合には、就職前に少しでも業界の知識をつけておくと、就職しやすくなります。

IT業界の就職に特化したサポートを行っている「ウズウズカレッジ」では、就職のサポートだけでなく、IT関連の知識を学ぶ研修も無料で受けることができます。興味のある方は、まず問い合わせてみてくださいね。

未経験から正社員になれる研修型就職サポート「ウズウズカレッジ」って!?

就職サイト/エージェントを活用して未経験からIT業界へ!

IT業界にある様々な仕事と、就職サイト・就職エージェントの利用方法をご紹介してきました。未経験からの就職は難しいと思われがちなIT業界ですが、自主的な学習や資格取得など、しっかり対策をして挑めば可能性は十分にあります。

また、IT業界への就職活動に役立つ就職サイトや就職エージェントは無料で利用することができます。IT業界の求人状況を知りたいときには、まずインターネット上で閲覧できる就職サイトを訪れてみると良いでしょう。就職活動にあたっては、履歴書や面接のサポートが受けられる就職エージェントの活用がおすすめです。

これらの就職サービスをうまく活用して、IT業界への就職を成功させましょう。

Ryo
Ryo

東京に住むライターです。取材相手の伝えたいことを汲み取れるよう普段とは視点を変えて受け止めるように努めています。旅行やスポーツが好きで、暇があればどこかに出かけています。