インフラエンジニアとして働きたい!未経験でも歓迎する“企業側の思惑”とは?

インフラエンジニアとして働きたい!未経験でも歓迎する“企業側の思惑”とは?

未経験でインフラエンジニアとして働きたいと思う人の中には、転職求人内に「未経験 歓迎」の文字を見た人も多いと思います。

インフラエンジニアを募集する企業側が未経験者でも歓迎するのは、研修制度といったサポート体制があるからです。けれども、企業の真意は「研修制度があるから」という理由だけではありません。

今回は、未経験でインフラエンジニアに応募するときに、知っておきたい企業側の意図と、応募のときにやっておくべきことをご紹介します。

採用側が「未経験者 歓迎」を掲げる理由

shutterstock_398210950
インフラエンジニアの募集において、企業が「未経験者 歓迎」という文字を掲げる理由は、転職ありきのキャリアアップを目指すエンジニアが多いからです。

インフラエンジニアのキャリアには実績が何よりも大切

インフラエンジニアの仕事をやる上でキャリアパスは大切です。その理由は以下の2点です。

  • 終身雇用の考えを持っていない
  • ITの世界は広いため社内だけの仕事では自らの成長がしにくい

終身雇用の考え方は近年、働き方改革を進める日本の中でも大きく取り上げられるトピックです。同じ会社にずっと働き続ける意識がないため、インフラエンジニアが該当する情報通信業でも、入職率と同じくらいに離職率があります。

そのため、基本的にインフラエンジニアをする人たちは、キャリアアップする意識があります。これはインフラエンジニアの仕事は経験やスキルがあれば、どこの会社でも同じような力を発揮できるからです。

社内だけの仕事をこなすのも良いですが、ITの世界の規模は非常に広いです。社内だけを見ると、インフラエンジニアとしての視野が狭くなりがち。多くのインフラエンジニアの人たちは、転職をしてポジションを変化させたり、新しいチームに参画することで、自分の可能性や成長の幅を広げています。

インフラエンジニアのどのような仕事が自分に向いていて、何が向いていないのかが、転職をして多彩な業務を経験するからこそ、はっきり分かるのです。実績が大切なインフラエンジニアの仕事では、転職で得られた経験は力になります。

中には、インフラエンジニアの仕事内容を変えるために転職をしたら、年収が数百万アップした例もあります。スキルと経験がものをいうだけあり、大きな仕事を成し遂げれば、さらに大きなプロジェクトに参画することも可能です。

そのため、インフラエンジニアの離職を想定して、企業は新しい人材を募集しています。研修が充実している企業も多いので、未経験者をおいてけぼりにすることもありません。そのため、未経験者にも採用の間口を広げて、雇用者の需要と供給のバランスを保っているのです。

未経験でインフラエンジニアを希望するなら採用側の真意を知ること

shutterstock_472505656
インフラエンジニアとして働く人たちは、「キャリアアップが目的としてある」とお伝えしました。しかし、未経験者の場合はその目標はまだ少し遠い話です。

経験やスキルが必要なインフラエンジニアの仕事において、未経験でも応募可能なのはチャンスと捉えてください。そのため、そのチャンスを逃さないためにも、インフラエンジニアを希望する未経験者は、採用側の真意を知るのが必要です。真意を知れば、採用の確率をあげることができます。

これからインフラエンジニアは年々、不足

インフラエンジニアでは、たくさんの仕事に対してエンジニアの人数が足りていません。経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来設計に関する調査結果」によると、2008年のリーマンショック後から、急激に人材が不足をし始めています。

2014年には企業の約80%以上が不足感を感じているだけでなく、「IT人材の不足規模に関する予測」を見ると、2020年には29万人以上、2030年には59万人ものの予測が出ているのです。

だからこそ、経験者の募集は急務。しかし、経験者は多くの会社から引く手あまたな状態なので、現在は未経験者の育成に力を注ぐ企業も多くなっています。

未経験でも成長意欲があれば、インフラエンジニアになれるチャンスも

採用側の意図としては、現時点でのスキルは高くないものの、「教育をしたら成長できそうか」を見て判断します。未経験でインフラエンジニアの仕事をしたいのならば、応募する側も会社の研修制度やフォロー体制に全てを任せるのではなく、自ら進んで勉強していくのが必要です。

採用側は人員の確保だけでなく、育成も重視しています。未経験者が応募する場合、「自身が継続して勤務する意思」がある点を、アピールポイントのひとつとして挙げてみるのが良いです。

経済産業省「IT人材の最新動向と将来設計に関する調査結果」

歓迎される!? 未経験でも知っておきたいインフラエンジニアの用語

shutterstock_56734780
未経験者がインフラエンジニアを仕事としたい場合に覚えておきたいのが、ネットワーク関連の用語です。

TCP/IP

「TCP」と「IP」の組み合わせのこと。データを送る時に目的地まで運ぶ役割をするのがIP。届けられたデータをひとつのファイルを、まとめてくれる役割がTCPです。

IPアドレス

IPのパケットを送受信する機器を判断する番号のこと。IPアドレスにはグローバスIPアドレスと、プライベートIPアドレスの2種類があります。

LAN

Local Area Networkの略で、同じ敷地内や建築物に造られたネットワークのこと。また、無線LANとはケーブルがなくてもつなげられるネットワークという意味です。

VPN

企業や法人、事務所で導入されているネットワークのこと。VPNのVはバーチャルという意味があり、「仮想LAN」とも呼ばれます。例えば、本社と支社が離れていても、VPNを使えば離れたところからLANにアクセスができるのです。

モデム

モデムとは、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機械のこと。パソコンに転送されるのはデジタル信号ですが、アナログ回線で送る場合はデジタル信号をアナログ信号に変換させなければいけません。その時に使う機械がモデム。また、デジタル信号からアナログ信号に変換する逆の動作も可能です。

プロキシサーバー

プロキシは「代理」という意味を持ち、あなたのパソコンに変わってWebサイトにアクセスしてくれるサーバーのこと。実はこのプロキシサーバーは、多くの役割があります。例えば、一度アクセスしたサイトがキャッシュとして履歴が残っていると、再び同じサイトにアクセスした場合、早く表示してくれます。

上記以外にも多くのネットワーク用語があります。少しでも知っておくと、全く知らない人よりも、選考で優位に立てる可能性があるので、覚えておくのがおすすめです。

未経験者がインフラエンジニアに転職するためにやっておきたいこと

shutterstock_160506422
未経験者がインフラエンジニアに転職するためにやっておきたいのは、以下の2点です。

  • 資格取得をしておくこと
  • インフラエンジニアという仕事と業界を知っておくこと

資格取得をしておくこと

未経験者の場合、実績と経験はカバーができないため、知識を蓄えておく必要があります。そのために、可能であれば資格取得をしておくことをおすすめします。例えば、「ITパスポート」や「情報処理技術者」は、参考となる参考書が多く出ているため、未経験者でも始めやすい資格となっています。

また、上記の2つに加えて、より専門的な「LPIC Level1」や「CCNA」などのような、サーバー系エンジニアやネットワークの基礎知識を習得できる資格もあります。

インフラエンジニアという仕事と業界を知っておくこと

そしてもう一点は、インフラエンジニアという仕事について答えられること・業界について知っておくことです。未経験者の場合、業界の動向や働き方を知らないと、入社した場合に「思っていた業界と違った」というミスマッチが起こりやすくなるからです。

しかし、インフラエンジニアと無縁の業界いた場合は、業界を知る手段がありませんよね。

そのような時には、株式会社UZUZが無料で提供している、集団研修型で就活をサポートする「ウズウズカレッジ」と、既卒専門で個別サポートが可能な「ウズキャリ既卒」が活用できます。

また、UZUZでは求人紹介も行っており、実際に以下のような企業を紹介しています。

▼株式会社VSN

▼クロス・ヘッド株式会社

▼株式会社KSKテクノサポート

▼株式会社ボードルア

全て研修制度やOJTによるサポートもあり、未経験者歓迎です。会社の規模は様々ですが、インフラエンジニアとして非常に幅広い分野でスキルの習得が可能です。(もちろん上記以外の求人もご紹介しています)

「ウズウズカレッジ」と「ウズキャリ既卒」では、どのように始めれば良いのか分からないという不安を解消してくれるだけでなく、インフラエンジニアの仕事についても学べます。

詳しくは以下からどうぞ。

▼未経験からでも正社員内定率90%以上! 研修型就活サポート「ウズウズカレッジ」

▼既卒専門で内定率83%! 既卒の就職を徹底個別サポート「ウズキャリ既卒」

まとめ

転職求人票に見られる「未経験 歓迎」の文字は、未経験からインフラエンジニアとして働きたい人にとって間口を広げてくれます。しかし、採用側の意図を理解して、応募する側もしっかり準備をするのが大切です。

そのためにも、UZUZのサポート制度を利用するなどして、未経験者としての不安を解消できるようにしましょう。

Syunpei Uragawa
Syunpei Uragawa

フリーWebライター・ブロガー。どこでも働ける力を付けるために販売業から2016年1月からWebライターに転身。趣味はサッカー観戦、スペイン語、読書など。ブログやってます。