フリーターからインフラエンジニアへ!IT業界で働く心得とは?

フリーターからインフラエンジニアへ!IT業界で働く心得とは?

IT業界というと「難しそう」だと感じていませんか。実はフリーターから正社員を目指す方にとって、IT業界は最適な場所といえます。その理由は、未経験でも新しいことに挑戦できる環境が整っているからです。

今回はIT業界の知識や実情はもちろん、手に職をつけられるインフラエンジニアになる方法について紹介します。

IT業界ってどんなところ?

shutterstock_552185797
流行廃りが早く、スピード感を求められるIT業界は、常にビジネスの最先端を走り時代をけん引しています。既卒やフリーターを積極採用している企業が多いことに気付いた人もいるのではないでしょうか。躍進し続けるIT業界とは、どのような業界なのでしょうか。

フリーターから正社員になれる可能性が高い業界

インフラエンジニアの需要は年々高まっており、「未経験でもいいので採用したい」と考える企業が多数存在します。その背景には、ネットワークインフラを自社で管理する企業が増えたことや、webで簡単にサービスのリリース・管理ができるようになり、設計・構築の需要が増えていることが挙げられます。

未経験からのスタート多数!“手に職”を付けられる業界

インフラエンジニアを募集している企業の多くは、長期的な研修期間を設けて未経験の社員を育成するフローを確立しています。そのため、研修がないままいきなり案件に配属されることや、「知識がなく挫折する」といったリスクが少ないのも魅力のひとつといえるでしょう。

インフラエンジニアとして得られるスキルは、プログラミングなどのスキルや知識だけではありません。ヒアリング力をはじめとした対人能力やタスク管理、企画書の作成など、ビジネスマンとして得られるスキルがたくさんあります。

知識をつければ起業も可能な業界

エンジニアとして、ビジネスマンとしての礎を築ければ、起業をすることだって夢ではありません。

わずかな初期投資で行うネットビジネスはまさにエンジニアの十八番です。将来的に起業を考えている人にとって、エンジニアの基礎を身につけられるのは、「おいしい話」ともいえるのではないでしょうか。

フリーターからIT業界へ、その心得は?

shutterstock_309774575
新しいことに対するアンテナを張り続けるのがIT業界で生き抜く基本ですが、具体的にどのような心得が必要なのでしょうか?

新情報が続々!トレンドを追い続ける『好奇心』

IT業界というのはサービスの流行廃りが早く、市場やシステムの情報が日々変化していきます。インフラエンジニアは言語などの流行に流されることがなく、得た知識は一生使える堅実なものですが、それだけでは見聞が狭くなってしまいます。

常にアンテナを張っていることで、これからどのような知見が必要になるか、クライアントが何を望んでいるかといったことに気付くことができます。ビジネス雑誌や新聞、ネットニュースなどから最新情報を得る習慣をつけることで、業界知識を蓄えましょう。

意外と必要!『コミュニケーション能力』

インフラエンジニアはチームで業務にあたります。そしてクライアントと密にコミュニケーションを取り、設計書の作成やインフラの運用を行うので、業務を円滑に進めるためにもコミュニケーション能力は必須です。

中には「人と接するのがあまり得意ではない」という方もいるかもしれませんが、ここでは『ビジネスコミュニケーション』を意識してみてください。単に意思の疎通を図るだけでなく、相手の意図を正確にくみ、自分の考えを的確に伝えることに重きをおくと、スムーズなコミュニケーションを取ることができます。

トラブルはあるものとして考える『適応力』

システムの構築や運用で避けられないのが、トラブルや障害の発生です。インフラというのは24時間365日安定して稼働しなくてはいけません。しかしどんなに尽力してもトラブルが発生してしまうことがあります。このことから、エンジニア職におけるトラブルは起こりうるものとして考える必要があります。

「トラブルが多いのは嫌だな」と思った人もいるでしょう。しかしエンジニアにとってトラブルとは大きなチャンスでもあります。的確な対応や豊かな知識で早期問題解決をすると、自分自身の評価にもつながります。加えて、イレギュラー対応をすることで、エンジニアとしての成長にもつながります。

他の応募者と差をつける!IT業界で役立つスキル

shutterstock_570628189
「フリーターや既卒だからスキルなんてない…」と諦めていませんか。IT業界では独学で勉強をして資格やスキルを得ている先輩が大勢います。その人たちにならって独学で勉強始めてみてはいかがでしょうか。

パソコンスキルは必須科目!スキルを磨こう

未経験インフラエンジニアが磨くべきパソコンスキルはMicrosoft office(マイクロソフトオフィス)です。

エンジニアには必要のないソフトだと思われがちですが、企画書やスケジュール表、クライアントとのやり取りなど、office製品を使う機会が多々あります。これらの入力は表計算などの一般的なスキルとしても面接の武器になります。

システムに関する知識は入社してから覚えるとして、基礎的なパソコンスキルを事前に身につけ、入社後の負担を減らしておきましょう。

エンジニアを目指すなら独学での勉強を欠かさないこと

多種多様なプログラミング知識やコーティング知識が存在します。研修があるとはいえ、業務に使うものはごく一部の知識でしょう。しかしそれだけでは成長できません。どんなエンジニアになりたいか検討し、知見を深めておきましょう。

無料でプログラミングの勉強ができる、ドットインストールProgateなどを活用している方も多いようです。

なにから手をつけたらいいかわからない時は

「ひとりでは八方ふさがりになってしまうのでは?」という不安がある場合は、研修型就活サポートの利用をしてみてはいかがでしょうか。

ビジネスマナーやエンジニアの基礎知識だけではなく、面接対策やビジネスマナー講座なども無料で利用可能です。業務未経験でも安心して就活に専念できますよ。

▼既卒・フリーターでも希望の会社で内定が取れる!?徹底した個別サポートなら『ウズウズカレッジ』へ!

インフラエンジニアは会社選びで大きく変わる?

shutterstock_577245460
エンジニアにとって会社選びは死活問題といえるでしょう。「どの職種でも同じことじゃないの?」と思うでしょうが、エンジニアにはある特有のストレスがかかるとされています。

IT業界とうつの関係性

業務の多様化が著しいIT業界では「うつ病」と診断される人が後を絶ちません。なかでもプログラマーは21.3%、システムエンジニアは18.6%の人がうつ病と診断されており、メンタルヘルス問題が顕著に出ています。

なぜこんなにもうつ病が多いのかというと、労働時間の長さや納期、人間関係の難しさなどの原因が挙げられます。対策として有効なのはメンタルヘルス・マネジメントなどを学びストレスや不安との付き合い方を知ることが重要です。

また、社内で人間関係のトラブルがあった時に、相談窓口が設置されているかを確認しておくだけではなく、日ごろから上司や職場内でコミュニケーションをとっておくように心がけて、いざという時に相談しやすい環境を作っておきましょう。

参考:ITPro「ITエンジニアのメンタルヘルス

多重下請構造に要注意!

「多重下請構造」とは、注文を受けた大手企業が、さらにその下の下請け企業に業務を依頼することです。それが何社にもわたって階層化し、大元のクライアントがどこかわからないような状況に陥ることもあります。

一見効率化を図っているように見えますが、利益が上がらず少ない予算でやりくりしなくてはならないので負担が大きく、トラブルが起きた際に責任の押し付け合いが起こり、立場の弱い企業が損をしてしまいます。

こういった多重下請構造から身を守るために、自社で開発・管理・運営を行っている企業や、クライアントと直接取引を行っている企業を選びましょう。

どの求人を見たらいいか悩んだときは…

就活のプロに相談しましょう。無料で利用できるエージェントサービスを利用することで、企業情報や面接対策などをしてもらえます。なにより、実際に企業の採用担当者とやり取りをしているので、どのような職場なのか生きた意見をもらうことが可能です。

▼既卒・フリーターでも希望の会社で内定が取れる!?徹底した個別サポートなら『ウズキャリ既卒(ウズウズキャリアセンター)』へ!

最後に

IT業界におけるインフラエンジニアはどの企業も欲しがる貴重な人材。フリーター・既卒のようなキャリアが浅い方でも、挑戦できる環境が整っています。現在就活中の既卒・フリーターの方は、このチャンスを掴むために、今回紹介したことや知識をぜひ活用してみてくださいね。

dorayaki
dorayaki

千葉県在住のフリーランスライター兼イラストレーターです。ライティング、企業向けイラストや漫画の制作など手がけています。フクロモモンガと生活してます。