遠回りはしないで!ニートがアルバイトではなく正社員就職すべき理由

遠回りはしないで!ニートがアルバイトではなく正社員就職すべき理由

「どうして働かないの?」

ニートの方は嫌になるくらいこの言葉を聞かされているのではないでしょうか。皆さんそれぞれに事情があってニートになったのだと思います。

「ニートから抜け出したい!」と考えている方がまず始めに思いつくのが、アルバイトや派遣の仕事だと思います。しかし、アルバイトや派遣から正社員を目指すことは非常に難しいのが現状です。

実はニートは正しく就職活動を行えば、正社員の仕事に就くことはそこまで難しいことではありません。やり方次第で結果は変わってくるのです。ただし、ある程度の条件は必要になります。今回は、ニートの方にアルバイトではなく正社員での仕事を探すこと、正しい就職活動の方法について述べていきます。

「まずはアルバイト」と考えているニートの方が知るべき事実

shutterstock_524450605
ニートの方がアルバイトや派遣の仕事を見つけるのは簡単でしょう。しかし、一歩踏み出す前に知っておいてもらいたい事実があります。

アルバイトから正社員を目指すのは難易度が高い

「アルバイトで経験を積んでチャンスがあれば正社員にしてもらう」という期待を胸にアルバイトを始めるつもりなら、厳しい言い方になってしまうかもしれませんが、はっきりいって時間のムダです。

もちろん、アルバイトから正社員になることが不可能ではありません。長年の貢献や努力が認められ正社員になる方もいらっしゃいます。しかし、正社員になれる保証はどこにもありません。

そして何よりももったいないのが「その間に歳をとってしまう」ということです。ニートの皆さんの何よりの市場価値は「若いこと」です。30歳を越えてしまうと正社員での就職活動は一層厳しくなる現実があります。

アルバイトには福利厚生がない

「福利厚生」とは、事業主が労働者とその家族の健康・生活の福祉を向上させるために提供するさまざまな施策のことを示します。福利厚生の代表的なものが社会保険料の事業主負担です。

社会保険料とは

社会保険料とは、以下の保険料の総称です。社会保険料は正社員の場合、事業主と折半して国に納めます。

  • 健康保険料
  • 健康保険料を納めていないと保険証をもらえず、病院などにかかった際、医療費を全額負担しなければなりません。

  • 介護保険料
  • 将来介護が必要になったとき、介護保険料を納めていなければ国からの介護支援を受けることができません。

  • 厚生年金保険料
  • 定められた年齢を越えたら毎月年金を受け取ることができます。インフレなどの影響を受けずに一定の金額をもらって老後の生活することができます。

  • 労働保険料
  • 労働者が労働災害や通勤災害に遭ったさいに補償を受け取るための保険料のことです。

  • 雇用保険
  • 失業した場合に補償してもらえる保険です。

  • 子ども・子育て拠出金
  • 子どもが生まれた際の児童手当を受け取る権利です。子ども・子育て拠出金のみ事業主の全額負担です。

このように正社員の場合、事業主が社会保険料の一部を負担して支払ってくれます。しかしアルバイトや派遣ではこのような福利厚生の提供は基本的にはないので自分で納めなければなりません。

参考元:労働政策研究・研修機構「労働問題Q&A」

アルバイトには年齢制限がある

shutterstock_392375377
アルバイトは責任がなく、残業もなく、正社員より労働環境がいい場合もあります。しかし、アルバイトには年齢制限があるということを忘れてはいけません。

若いうちはアルバイトの仕事に困ることはまずないでしょう。しかし40代、50代を越えると体力的に厳しくなってきたり、年齢制限にひっかかってしまったりしてアルバイトの仕事すら選べなくなってしまいます。

また、社会保険料をきちんと納めていない場合、60歳・70歳を越えても働かなければ生活できない可能性すらあります。つまり、アルバイトで一生生活していくことは将来的に相当厳しいということです。

ニートでアルバイトの経験がなくても就職は可能

shutterstock_481836328
「今までアルバイトや定職に就いたことがない…」という方は、まずは何かしらアルバイトや派遣の仕事経験が必要なのではないかと考える方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ニートを雇いたいと考えている雇用主はニートの職歴は気にしません。また、新卒で企業に就職する学生の中に「働いたことが全くない」という方もたくさんいます。社会人としての常識さえ心得ていたら誰でも社会人になることができます。

過去にどうしていたかよりも、これからどうするかということの方が大切です。

もし「アルバイトを始めることで自分に自信をつけたい」というのであれば、期間限定のアルバイトを経験することをおすすめします。アルバイトは人によっては居心地がよくなり、そのままフリーターになってしまうことがあります。

それを防ぐためにも期限が決まったアルバイトを選ぶようにしましょう。そしてアルバイトが終わり次第、本格的に就職活動を始めましょう。

ニートから正社員を目指すための正しい就職活動の方法

shutterstock_431846332
ニートが正社員の仕事を見つけるのは簡単なことではありませんが、正しく就職活動を行えば問題ありません。ここでいう「正しく」というのは「自分の状況にふさわしい人材紹介サービスを利用する」ということです。

ニートに特化した人材紹介サービスを見つけよう

情報がいくらでも手に入るようになったとはいえ、私たちは正しいツールを使って情報を選ばなければなりません。就職活動においても同様のことがいえます。

現在日本には数多くの人材紹介サービスがありますが、それぞれ得意としている分野が異なります。新卒向け、転職向け、海外就職向けなど目的に合わせて人材紹介サービスを選ばなければなりません。

そこで皆さんは、ニートの就職斡旋を得意とするエージェントを見つける必要があります。よいエージェントに出会えるかどうかで就職活動の運命が決まるといっても過言ではありません。

ニートにとっての救世主!ニートの就職サポートを得意とするUZUZを紹介!

UZUZという人材紹介サービスをご存知でしょうか。

新卒で就職したものの1ヶ月で辞めてしまった人や、高卒だけど正社員の仕事に就きたい人、フリーターしか経験のない人、そしてニートの人に、正社員になるための就職活動の全てを無料でサポートする、まさに救世主のような会社です。

丁寧なカウンセリングからスキルアップセミナー、面接対策に至るまでサポートしてくれる非常に心強いエージェントです。

せっかく正社員になれたとしてもブラック企業に就職したのでは意味がないので、UZUZでは皆さんに紹介する企業についても徹底的に調べ、基準を満たした会社しか勧めない仕組みをとっています。

まずは一度UZUZに登録して相談してみてはいかがでしょうか。登録はこちらから。

既卒・フリーター・ニートでも希望の会社で内定が取れる!?『ウズウズキャリアセンター』の徹底した個別サポート!

さいごに

ニートを脱出しようと考えている方は是非、正社員での就職を目指してください。アルバイトは一生続けられません。正社員のポストへは1歳でも若い方が有利です。

ニートの就職活動に特化した人材紹介サービスを利用して正しく就職活動を行ってくださいね。

YAYA
YAYA

化粧品メーカーでの研究開発、商品企画、また調剤薬局での薬剤師としての勤務経験を経て、現在はオランダで英語を身につけながら、執筆活動に取り組んでいます。