フリーターがブログだけで生計を立てるのは危険!?会社員をしながらブログを書くべき理由

フリーターがブログだけで生計を立てるのは危険!?会社員をしながらブログを書くべき理由

WEBサービスのひとつである「ブログ」は、2005年の新語・流行語大賞にノミネートされるほど日本で流行しました。当時は芸能人やアイドルが気ままに書くのが流行ましたが、2017年の現在、「ブログを使って生計を立てる人たち」が続々と出てきています。

このブームに乗っかって、フリーターからブログを始めて、「生きていこう・生計を立てていこう」とする人もいます。しかし、ちょっと待ってください。初めからブログで生計を立てるのは、難しい部分も多くあるのです。ここでは、フリーターがブログを始めるとき、会社員との兼業をすべき理由を紹介します。

ブログを書いて生きる「ブロガー」とは?

shutterstock_440064781
「ブロガー」とは、ブログを書いている人のことを指します。ですので、更新頻度は少なくても、ブログを書いているなら、ブロガーと名乗って問題ありません。

けれども、多数派のブロガーの中にも、ブログを書いて多くの収入を得る「プロブロガー」がいます。もっと具体的にいうとブログを書いて、ブログだけで生計を立てる人のことを指します。

ブログで生計を立てることは可能なのか?

shutterstock_451991974
結論から言うと、生計を立てることは可能です。実際に多くのプロブロガーは、ブログだけで生計を立てています。では、プロブロガーはどのような方法で生計を立てているのでしょうか?

それは「広告収入」です。プロブロガーと呼ばれている人の大半は、ほとんどが広告収入で収益を上げています。ちなみに広告収入は主に以下の3種類があります。

  • Google AdSense(グーグル・アドセンス)
  • ASPアフィリエイト
  • Amazonアソシエイト

「Google AdSense」とは、Google社が提供する広告配信サービスのこと。ブログ上に広告を掲載することで、広告をクリックされた場合に収益が発生する仕組みになっています。

「ASPアフィリエイト」とは、成果報酬型広告収入のことブログ上に掲載してクリックをしてもらうだけではなく、紹介した商品を購入することで売上が発生します。広告はアフィリエイトを提供するサイト内にあり、広告主とブログが提携して(提携しなくてもいいのもある)初めて広告を提供してもらえます。

「Amazon アソシエイト」とは、Amazon 社が提供するアフィリエイトサービスのこと。2つ目のASPアフィリエイトと同様に、アマゾン商品を購入すると、購入金額から紹介料として、0.5%〜10%の割合で収益が発生します。

主に3つの広告収入を中心に、プロブロガーと呼ばれる方たちは、多くのお金を稼いでいます

例えば、プロブロガーとして有名な「まだ東京で消耗してるの?」のイケダハヤトさんや、大学を卒業後、いきなりフリーランスになった「やぎろぐ」の八木仁平さんなど。おふたりはブログで月100万以上を稼いでいます。

フリーターがブログを書いて生きる際のメリット・デメリット

shutterstock_426304213
夢が膨らむブロガーという職業。おふたりのようにブログで稼ぎたいから、フリーターがいきなりブログを書いて生きると決断した場合に、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット

  • 時間があるので、ブログに取れる時間が多い
  • ブログは好きなことなので、飽きずやり続けられる
  • ブログを発信ツールにすれば、ブログ以外の仕事依頼が来る

フリーターは会社員よりも時間があるため、ブログに取れる時間が長く、毎日更新も可能です。また、ブログで生計を立てるために大切な「ブログが好きな想い」があるなら、飽きずにやり続けられます。

また、ブログが成長すると、ブログを通じて、「あなたのブログに、記事広告を載せませんか?」「ブログで〇〇を紹介していただきたいです」といった、外部からの依頼も来ます。

デメリット

  • 内容が薄い記事ばかりになるとブログの収益に繋がりにくい
  • 批判や中傷のコメントが来る
  • すぐに成果はでない

楽しく書くだけなら誰でも書けます。しかし、ブログのデメリットとしてブログを収益化の柱とする場合、内容が数行しかない、そもそも、写真と一言コメントだけの薄い内容では、読者は広告をクリックしてくれません。ですので、ブログの収益にはなりません。

また、意見を述べるようなオピニオン系の記事の場合、コメント欄に批判や中傷を書かれることもしばしば。インターネット上に書き込まれる意見は、優しいコメントだけでなく、非常に厳しい意見が書かれたものや、人格を否定するものもあります。

そのため、厳しい意見に耐えるメンタルを持っていないと、すぐにブログを書くのが嫌になるのです。

また、プロブロガーのようにたくさん成果を出す人になりたいと思っても、すぐに結果は出ません。「せっかくブログを書いても月に数百円の売上にしかならない」なんて日常茶飯事ですし、全く稼げないことも珍しくありません。

フリーターでも就職しながらブログは書ける!

shutterstock_406598266
残念ながらブログは速効性のあるものではありません。そのため、フリーターがブログ1本でいきなり生計を立てようとするのはリスクが高いと言えます。それに、特に生活面での収入がなくなって、ブログが書けなくなってしまっては本末転倒ですよね。

ですので、無理にブログ1本にするのではなく、きちんと就職をして安定した収入をもらいながら、ブログを書いていくのがおすすめです。実際に会社員をしながらブログを運営して、月に30万人以上にブログを見てもらっているブロガーも存在します。

たしかに、働きながらブログを書くことにデメリットはあります。例えば、会社員をしながらだとブログに割ける時間が少なくなるため、ブログの成長スピードが遅くなります。

しかし、毎日更新して内容の薄い記事をアップのではなく、しっかりと時間を決めてブログに取り組み、週1~2本ペースで濃い内容の記事が書ければ問題ありません。内容の濃い記事は、長く読まれる傾向にあります。

会社員として就職すれば収入面が安定します。ブログに回せるお金も出てくるので、例えば取材をするなど、ブログの記事に深みが出る投資をすることも可能です。フリーターこそ就職して、副業としてブログを書いていくのがおすすめです。

フリーターが就職をするための具体的な方法

shutterstock_332986541
フリーターが就職してブログを書くためにも、就職をするための具体的な方法を紹介します。

それは、「就職サポートサービスを受けること」です。就職サポートサービスとは、就職アドバイザーがヒアリングを行いながら、就職についての悩みや、進み方、履歴書の添削、面接練習などをサポートしてくれるものです。

自分ひとりで就職活動をやると、どう解決していいか分からない問題にぶつかります。多くのフリーターの方は対処法が見つからないまま就活を進めるので、うまくいかず内定が出ないという事態に陥りがちですが、就職サポートサービスを利用することで、スムーズに内定まで近づけます。

たくさんの就職サポートサービスの中でも「UZUZキャリアセンター」がおすすめです。

内定率83%以上!既卒・フリーター向け就活サポート「UZUZキャリアセンター」

UZUZキャリアセンター(通称ウズキャリ)は既卒・フリーター向けに就職支援を行っています。そんなウズキャリの特徴は、徹底した個別サポート。一対一を主とした面談形式で、自分の長所や短所を洗い出してくれます。また、会員登録から入社後のサポートまで一貫したフォロー体制が整っているので、入社後の企業定着率は90%を超えています。

まとめ

フリーターはいきなりブログだけだと、収入面やブログ運営面で問題が発生します。不安になると、苦しみながらブログを書かなればいけません。これでは好きなはずのブログも楽しくありませんよね。

就職をして会社員をしながら、ブログを書いてみてはいかがでしょうか。社会に出ることで、ブログネタもたくさん出てくるので、より楽しくブログに取り組むことができるようになります。

Syunpei Uragawa
Syunpei Uragawa

フリーWebライター・ブロガー。どこでも働ける力を付けるために販売業から2016年1月からWebライターに転身。趣味はサッカー観戦、スペイン語、読書など。ブログやってます。