「フリーターやニートをやめたい…」と考えた方におくる、とっておきの就職方法

「フリーターやニートをやめたい…」と考えた方におくる、とっておきの就職方法

フリーターやニートを経験すると、「正社員にはなれない」と諦めていませんか?フリーターやニート歴は、就職活動でマイナスにはなりますが、だからといって就職できないわけではありません。

今回は、就活について不安をお持ちの方に向けて、気になることを解消し、フリーターやニートでも就職活動を成功させるためのポイントをご紹介します。

フリーターとニートって何が違うの?

shutterstock_470409893
フリーターとニートは15歳~34歳の若年層ではありますが、フリーターは就業意識があり、パートやアルバイトをしているケースが多いですが、ニートは就業意識がない人を指します。

フリーターの定義

フリーターは「フリーアルバイター」の略です。内閣府では以下のように定義をしています。

15~34歳の若年(ただし、学生と主婦を除く)のうち、パート・アルバイト(派遣等を含む)及び働く意志のある無職の人。
引用元:内閣府 「『平成15年版』国民生活白書」

つまり、35歳以下で学生と主婦ではない人が、パートやアルバイトそして派遣社員などで働いていたり、働く意思を持っている人のことをフリーターと呼んでいるのです。ただし、同じ内閣府が公開している 「平成27年版 子ども・若者白書(全体版)」の中では、派遣社員は含まれておりません。

この資料では、フリータの数を179万人としており、15~34歳の人口に占める割合は6.8%となっています。

参考:内閣府 「平成27年版 子ども・若者白書(全体版)」

ニートの定義

ニートとは本来「NEET」であり、イギリスで作られた言葉です。日本ではイギリスとは異なる基準が使用されており、フリーターと同じ年代の若者で働く意思のない「若年無業者」を指します。若年無業者の定義は以下です。

若年無業者(15~34歳の非労働力人口のうち,家事も通学もしていない者)
引用元:内閣府 「平成27年版 子ども・若者白書(全体版)」

この資料では、若年無業者の数を56万人、15~34歳の人口に占める割合を2.1%と紹介しています。求職活動をしない理由や就業を希望しない理由としては、資格取得や進学のための勉強そして病気やけがのためというものもあります。

けれども、求職活動をしない理由に「探したけれども見つからなかった」という理由や、「知識・能力に自信がない」という理由をあげる人もいます。社会の壁にぶつかってしまい、ニートになってしまった若者も多くいるのです。

どっちが就職に有利なの?

前述のように、フリーターは就業経験があるケースが多く、ニートは就業経験がない方も少なくありません。そのため、フリーターとニートを比較したときに、就業経験があるフリーターの方が一般的には職を得られやすいといえます。

とはいえ、ニートになる理由は様々です。先ほどの定義に当てはめると、浪人して勉強をしている人もニートに含まれるので、その後進学をして新卒で正社員になる方もいらっしゃいます。

しかし、職を探したけれど見つからなかった方や、知識や能力に自信がない方などがニートになると、その後社会復帰を考えたときに、スムーズに職が見つかるかというとやはり難しいのが現実です。

ニート歴のあるフリ-ターは就職できるの?

shutterstock_146629658
フリーターとして働いている人でも、一時期ニートをしていたことがあるケースは珍しくありません。いきなり正社員を目指さずに、ステップを踏んで自信をつけてから職探しをする方も多くいらっしゃいます。つまり、ニート歴があっても就職することは可能です。

経歴が空くと不利って本当?

「経歴が空く」というのは、学校を卒業や中退した後にすぐに就職をしなかったり、就職をしたけれどもやめてしまうことを指します。たとえアルバイトで働いたとしても、正社員でなければ「職歴なし」とみなされます。一般的には離職期間が3ヶ月以上あると、厳しい目を向ける企業が多くなります。

また、「履歴書の経歴に空白があると就職に不利になる」とされています。とはいえこの空白期間も、ただ何となく過ごしていたわけではなく、例えば資格取得の勉強をしていたり、就活に打ち込んでいたなどのポジティブな理由になれば、就活に不利になることは少ないといえます。

「ポテンシャル採用」ならやる気があれば大丈夫?

実務経験が少なかったり、全くない場合でも、資格や知識そして意欲を評価することで採用を決める企業があります。つまり、ポテンシャル採用を行っている企業では、未経験や職歴がないフリーター・ニートでも採用される可能性があるのです。

ポテンシャル採用で重視されるのは、基本的なビジネスマナーにやる気、そして社交性に順応性といったコミュニケーションです。やる気を示すためには、企業分析をしっかりと行って、事前に対策を行う必要があります。具体的な目標を持つだけではなく、入社後のキャリアプランをしっかりと持ち、環境の変化に対応できる能力などをアピールするのも大切なポイントです。

ニート歴があるフリーターが就職するための方法とは

shutterstock_509482420
ニート歴があっても、フリーターでも就職することは可能です。けれども闇雲に就活をしても、就職できないケースもあります。そこでニート歴があるフリーターが就職するためのポイントをご紹介します。

企業研究をしっかりと

先ほどお伝えした通り、「ポテンシャル採用」を行っている企業では、就業経験が短期間や、未経験でも積極的に採用しています。とはいえ、企業とマッチングしない人材が採用されるわけではありません。

企業の求める人材やスキルをきちんと調べたうえで、対策をしっかりとすることが就職を成功させるためのポイントといえます。

面接対策は「矛盾のなさ」がポイント

shutterstock_323346620
履歴書に空白期間があると、面接で底を重点的に聞かれるケースが多くあります。そこでしっかりと対策をしたいのが、「矛盾がないようにすること」です。嘘をついて取り繕っても、深堀されるとバレてしまい、面接官の心証を損ねてしまいます。

大切なことは「嘘をつく」ことではなく、ネガティブな理由をポジティブな理由に言い換えることです。そして志望動機に一貫性を持たせることも重要なポイントです。

人材紹介会社を活用する

「どんな企業ならフリーター(ニート)の自分でも雇ってくれるのか?」とか、「就活を頑張っているのになかなか就職できない」とお悩みの方は、人材紹介会社を利用するのがおすすめです。

既卒・フリーターの内定率が83%以上の株式会社UZUZなら、フリーターの就職にもノウハウを持っているので安心です。

既卒・ニート・フリーターでも希望の会社で内定が取れる!平均20時間以上の徹底個別カウンセリングは『ウズウズキャリアセンター』だけ!

おわりに

ニート歴があっても、フリーターでも、就職することはできます。とはいえ、就職活動を始めるのが遅くなればなるほど、就業率が下がってしまい、就職に結びつき辛くなってしまいます。

ニートやフリーターといった経歴は、就活をするうえでマイナスになってしまうかもしれません。ですが、ポジティブな理由に置き換え、マイナス面があるからこそ、若さが売りになる内に就職活動をはじめてみてはいかがでしょうか。

Yuuno Aomi
Yuuno Aomi

ライター暦13年のフリーライター。 コンサルタントやディレクションなど幅広く活動をしています。