フリーターから正社員へ。20代のうちに絶対就職した方がいい3つの理由

フリーターから正社員へ。20代のうちに絶対就職した方がいい3つの理由

20代でフリーターを続ける理由は様々だと思います。夢を追っている、高校や大学を卒業する時に正社員の仕事が見つからなかった、一度就職したものの理由があり退職したなど。なかにはフリーターを続けるメリットがあるため、就職活動から足が遠のいてしまいがちの方もいることでしょう。

しかし、もし将来フリーターから正社員になることを目指すのであれば、30代や40代から目指すよりも、20代から目指すほうがいいです。20代であれば過去の実績よりも、やる気や体力で勝負することができます。20代の内に下積みを経験することによって、30代以上になってからベテランとしてよりよい仕事ができるようにもなります。

フリーターのメリットやデメリットを確認し、人生設計について考えていきましょう。

フリーターだからこそのメリットとは?

shutterstock_337024862
フリーターでいることのメリットにはどんなものがあるのでしょうか?“フリーターならでは”の魅力をみていきましょう。

時間の自由が利く

多くのアルバイトはシフト制です。自分の空いている時間に働けばよいので、予定の融通を利かせやすいといえるでしょう。正社員であればこうはいきません。定められた時間までに出社しなければなりませんし、残業や休日出勤も立場上断りづらいものでしょう。

より柔軟に休日を組みやすいところは、フリーターの大きな魅力といえるでしょう。

大きな責任を持たなくてよい

フリーターは多くの場合、売上数字などの責任を負うことはありません。もちろん役職についた場合はこの限りではありませんが、通常では社員が責任者であり、フリーターは社員の指示を仰ぎながら業務に従事することになります。

数字や他のアルバイトの教育などで、「プレッシャーを受けたくない」と考えている人にとっては、メリットがあるといえるでしょう。

退職したくなったとき、辞めやすい

他に魅力的な仕事が見つかったときや人間関係に問題が生じたときなど、正社員に比べると辞めやすいです。正社員であれば、次の仕事を見つけるために複数回面接を受ける必要があり、内定を手に入れるまでに多くの時間がかかります。

しかし、アルバイトであれば比較的次の仕事も見つけやすいでしょう。仕事を探すための時間もありますし、若いうちはアルバイトにも合格しやすいので気軽に職場を変えることができるといえます。

好きな街に住み続けられる

正社員であれば、会社の転勤命令には基本的に逆らうことができません。しかしアルバイトなら、転勤しなければならないということはほぼありません。自分の好きな場所に住み続けることができます。

フリーターのデメリットとは?

shutterstock_516787786
一方、フリーターにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

解雇されやすい

フリーターは正社員に比べると、はるかに解雇されやすいです。正社員は労働法に守られているため、解雇することは簡単ではありませんが、雇用期間に限りのあるフリーターは、「契約を更新しない」という形で解雇されてしまう場合があるのです。

給料が安定しない

シフト制で自由が利く一方で、「給料が安定しない」というデメリットがあります。自分の都合でシフトを少なくしたのであれば、予想の範囲内なので問題ないかもしれません。

しかし、会社が売上低迷していると、シフトを減らされることもあります。家賃や食費など、毎月決まって出て行くお金があるにもかかわらず、給料が安定しないのは厳しいですよね。

賞与がないところが多い

最近ではアルバイトにも賞与を出す会社もあるようですが、基本的にはないところが多いです。また、出たとしても正社員に比べると圧倒的に少ないことがほとんどです。

大幅な昇給が期待できない

アルバイトの昇給は少ないです。時給ベースで多少はあがりますが、正社員のように出世して数十万あがるということは期待できないでしょう。また、正社員のように定期的な昇給がないケースがないので、長年勤務しても時給が大幅にはあがりません。

20代だからこそフリーターから正社員に就職した方がいい3つの理由

shutterstock_471377327
「若いからこそ夢が追える」というのがありますが、20代だからこそ正社員になっておいた方がいい理由というのもあります。その理由を見ていきましょう。

1.若い方が有利

募集や採用における年齢制限は禁止されていますが、年齢を重ねていても就職で不利な要素がないかというと、そうでもありません。30代以上となると即戦力であることが求められます。そのため、筆記試験や面接で、能力や過去の実績、熱意をしっかり伝えきれなかった場合、内定を得ることが難しくなります。

20代でも面接で自身の魅力を伝える必要性がありますが、伸びしろについても見てもらうことができるので、はっきりとした実績がなかったとしても、認めてもらえる可能性があります。

また、同じような能力の若者が応募してきていたら、競争に負ける可能性も高いです。若い人のほうが体力があり記憶力にも長けているため、成長したあと長期にわたって会社に貢献してくれる可能性が高くなります。だからこそ、20代のうちに正社員を目指せば、あなたが有利な立場で面接を受けることができるのです。

2.職歴よりも熱意や潜在能力で勝負できる

20代での就職であれば、これまでに出してきた実績よりも熱意や潜在能力で自分の魅力を伝えることができます。20代で大きな実績を上げている人は多くはないため、過去の実績よりもこれからの伸びしろが見られることが多いからです。

逆に30代以上となると「これまでの職歴から入社後何ができるのか」といったことを聞かれることが多くなるため、過去の実績がないと就職が難しくなってしまいます。

20代のときに応募していくことで、チャンスが広がるのです。

3.出世するための時間がある

出生をするには多くの時間をかけて成果を上げていかねばなりません。業務を覚え、結果を残し、後輩などの指導を通して、自分の能力や人格を認めてもらわないといけないからです。

20代のうちに就職すれば、時間をかけて実績を残すことができるので、出世しやすいのです。

フリーターの割合はどれくらい?

shutterstock_338955386
フリーターなどの非正規労働者はどれくらいの割合でいるのでしょうか?

総務省統計局の資料によれば、2016年12月の全就業者数が6,466万人、非正規の職員・従業員2,064万人となっています。つまり、約31.9%が非正規労働者として働いていることになります。

また、1990年に881万人だった非正規労働者の数は増加の一途をたどっており、2014年には1,962万人となっています。

こうしたデータを見ると、正規の仕事を獲得することが年々難しくなっていることがうかがえます。景気による求人数の変化とは関係なく、非正規労働者が増えているので、「もう少し時間をおけば景気がよくなって就職もしやすくなる」というものでもなさそうです。

一方で、正社員の仕事がないというわけではありません。2016年12月の全就業者数6,466万人から、自営業主や家族従業者を外した労働者の数は、5,798万人となっています。そのうち正規従業員の数は3,379万人で、約58%が正社員として働いていることが分かります。

時間をかけて探すことで、自分が納得できる正社員の仕事を探すことは可能なはずです。20代の時間のあるうちに動き始めることで、よりよい仕事と出会えることでしょう。

参考:総務省統計局総務省統計局 「労働力調査結果 平成28年(2016年)12月分(速報)」
参考:総務省統計局 「最近の正規・非正規雇用の特徴」

20代・フリーター向け人材紹介サービスを有効活用していこう!

ウズウズキャリアセンター(通称ウズキャリ)」は20代に特化した人材紹介サービスです。既卒を雇用したいという会社を紹介してもらえるため、キャリアカウンセラーと相談しながら、より効率的に仕事を探すことができます。

ウズキャリには以下のような特徴があります。

既卒・第二新卒に特化している

既卒や第二新卒を受け入れたいという企業を集めているため、「応募したけれど新卒以外対象外」だったということがありません。

入社1年後の定着率が90%以上

ウズキャリでは、企業と求職者のミスマッチを防ぐ努力を行ったり、徹底した個別キャリアカウンセリングを行っています。その結果、90%を超える高い企業定着率を実現しています。

ひとり、ひとりの就活サポート

ひとりひとりに合わせたオーダーメイド型のカウンセリングを行っています。平均20時間におよぶ就活サポートで、すべての求職者が納得して就職できるよう努めています。

社員が元既卒・第二新卒

社員が同じ立場を経験した元既卒・第二新卒であるため、共感性の高いサポートを受けることができます。

2016年メディア掲載数100媒体

社会問題を解決する急成長ベンチャーとして、メディアにも多数掲載されています。新卒至上主義に問題を提起して、若者に「次の」チャンスを見せるために業務を行っています。

詳しくは以下をご覧ください。
既卒・フリーターでも希望の会社で内定が取れる!徹底した個別サポートなら『ウズキャリ』

最後に

既卒やフリーターからの就職しようとすると、サポートしてくれる人がいないことが悩みの種になるのではないでしょうか。大学生であれば就職課のサポートを受けることができますが、既卒だとそうはいきません。ハローワークに相談するという方法もありますが、求人数が地域を中心としたもので限りがあるため、自分の求める仕事に出会えるか分かりません。

ひとりで活動することは不安が大きく、大変なことでしょう。そんな時は就職について相談できるサイトを活用していきましょう。20代のうちに就職したいと考えている方はぜひUZUZをのぞいてみてください。

Shige Akizuki
Shige Akizuki

東京都在住の兼業ライターです。日中は業務に励み、休みの日などに執筆を行なっております。自身の経験や読書などを通して得たことを中心に、有益な情報を提供できるよう努めています!