中卒の就活を有利に進めるコツは資格にあった!中卒者におすすめの資格8選

中卒の就活を有利に進めるコツは資格にあった!中卒者におすすめの資格8選

中卒での就職活動は、学歴を補うアピールポイントを持つことで、有利に進めることができます。ここでは就活を有利にする資格をご紹介します。

中卒でも取得できる資格は国家資格、民間資格ともにたくさんあります。資格を取得することで、収入が増えたり、希望する職業に就職できたりと仕事の幅が広がります。自分に合った資格を取得して就活に活かしましょう。

資格を取得するメリット

shutterstock_92845171
資格の取得をおすすめする理由は、仕事の幅が広がったり、収入が増加する可能性があったりと資格取得によるメリットがあるためです。どのようなメリットがあるのか確認しましょう。

仕事の幅が広がる

資格とは国や自治体、民間法人などの認定機関により、その資格の分野に関する専門知識や技術を持っていると認められた人に与えられるものです。

どの職業であっても、未経験の人を採用すると、企業は基礎から教育しなければならず、負担がかかってしまいます。そのため、経験者に限った採用を行う場合も少なくありません。

しかし、資格を持っていれば、たとえ未経験の職業であっても、ある程度の知識やスキルがあることを証明でき、採用につながる可能性が高まります。未経験の職種にチャレンジしたい人やスキルアップをしたい人は、資格を取得し企業にアピールすると良いでしょう。

収入が増える可能性がある

取得が難しい資格を持っていると、学歴に関係なく高収入を得られる場合があります。例えば、税務の仕事を行うことができるのは税理士資格を持っている人に限られます。しかし、税理士の資格は、大学を卒業した人であっても取得が難しいと言われる資格です。

つまり、税理士資格を持っていれば、限られた人数の資格保持者で、日本中の税務の仕事をすることになり、高収入が見込める可能性があるのです。同様に高収入が見込める資格として、行政書士やシスコ技術者認定があります。

中卒でも取れる国家資格&民間資格とは?

shutterstock_381243400
資格には大きく分けると、国家資格と民間資格の2種類があり、これらは認定機関が国か民間かの違いによって区別されています。国家資格は、国の法律に基づいて認定されるもので、民間資格に比べ難易度が高い傾向にあります。また民間資格は、民間団体や個人が独自の審査基準を設け、認定するものです。

資格によっては、取得しても就活に活用しづらいものや、取得難易度が高いものなどがあるため、事前に調べてから勉強を始めたほうが良いでしょう。

中卒で取れる国家資格4選

国家資格というと、受験できる人は限られているイメージがあるかもしれませんが、実は中卒から受験できる国家資格はたくさんあります。受験可能な資格をしっかり調べ、希望する職種に役立つ資格を取得することをおすすめします。

以下の4つは中卒から取得できる人気の国家資格です。

宅地建物取引士

不動産業界を目指す人におすすめの資格は「宅地建物取引士」です。「宅建」と呼ばれることも多く、不動産の売買・賃貸の仲介の仕事をする時に役立ちます。

調理師

飲食業界を目指す人におすすめの資格は「調理師」です。調理師資格を持っていない場合でも調理を行うことはできますが、調理師資格は調理の技術や衛生面の知識も備えていることの証明になります。

また、調理飲食店の開業をする際に必須となる資格です。

国内旅行業務取扱管理者試験

旅行業界を目指す人におすすめの資格は「国内旅行業務取扱管理者試験」です。旅行を取り扱う営業所では、最低でも一人は国内旅行業務取扱管理者を選任しなければならず、旅行業界では欠かせない資格です。

准看護師

医療業界を目指す人におすすめの資格は「准看護師」です。准看護師の資格は、国家資格ではなく、都道府県知事資格にあたります。高齢化が進み医療業界の人手不足が続いていることや、不況の影響を受けにくい業界であることを考えると、安定して仕事を得やすい仕事といえます。

国家資格は、学歴を問わず受験でき、安定して仕事を得やすいのが特徴です。一方、民間資格に比べ、難易度が高い傾向にあるため、しっかり勉強時間を確保したうえで、受験することをおすすめします。

中卒で取れる民間資格4選

民間資格には、誰もが知っている有名なものから、特定の業界や組織の間で用いられる資格まで様々な資格があります。ここでは、中卒から受験でき、就活に役立つ資格をご紹介します。

インテリアコーディネーター

不動産業界や建築設計事務所、住宅関連メーカーなどへの就職を目指す人には、「インテリアコーディネーター」の資格をおすすめします。インテリアコーディネーターは、住む人にとって快適な住環境を作るプロです。インテリアの知識を豊富に持ち、住みやすい空間を整える仕事をします。

医療事務技能審査試験

医療機関での就職を希望する人におすすめの資格は「医療事務技能審査試験」です。医療事務とは、診察料の計算やカルテの整理、受付業務などを行う仕事で、医学や薬学に関する知識も必要になります。

ホームヘルパー

需要が多い介護の分野に進む人におすすめの資格は「ホームヘルパー」です。ホームヘルパーは高齢者や障碍者の食事や入浴、排せつそして移動などの支援をする仕事です。

高齢化が進み、介護士不足が社会問題となっているため、比較的職を得やすい資格といえます。また、ホームヘルパーの取得後は、スキルアップとして国家資格の介護福祉士の取得を目指すのも良いでしょう。

秘書技能検定

就活や転職時のアピールに使える資格としては「秘書技能検定」がおすすめです。言葉づかいやマナーなど、ビジネスの場で求められる知識や対応について問われる資格です。3級から1級までの4ランクに分かれており、準1級以上を持っていると就活に有利にはたらく場合が多くなります。

民間資格の取得は、仕事への意欲を示すことにもつながります。進みたい業界で役立つ資格取得を目指しましょう。

就きたい職業に合う資格を見つけよう

shutterstock_303666530
資格を持っていると、知識やスキルの証明になり、就活を有利に進めやすくなります。しかし、資格の取得には、受験料や参考書の購入費などの費用がかかるほか、相当な勉強時間が必要です。そのため、やみくもに資格を取得するのではなく、就きたい職業を見極め、それに役立つ資格の取得を目指すのがポイントです。

就きたい仕事が分からない人や、どんな資格を取得すればいいかわからないという人は、中卒でも利用できる就活支援サービスを活用し、相談してみてはいかがでしょうか?

以下記事では株式会社ハッシャダイの「ヤンキーインターンシップ」をご紹介しています。中卒・高卒・中退者を対象にした就活サービスなのですが、驚くべきことにインターン参加中の家賃・光熱費・食費は全て無料です。

「手厚いサポートを受けながら自分の将来を定めたい!」という方は下記記事をご覧ください。

中卒・高卒・中退者集まれ!ハッシャダイが提供する『職・食・住』が全て無料の『ヤンキーインターンシップ』ってなに!?

まとめ

uzuz_shutterstock_196379804
中卒から取得でき、就活が有利になる資格を紹介してきました。気になる資格はありましたか?資格取得を目指す際には、希望する職種に合う資格なのかといったことや、自分が取得できる難易度なのか、必要な勉強時間を確保できるのかといったことも考えなければなりません。自分に合う資格を取得し、就活を有利に進めましょう。

Ryo
Ryo

東京に住むライターです。取材相手の伝えたいことを汲み取れるよう普段とは視点を変えて受け止めるように努めています。旅行やスポーツが好きで、暇があればどこかに出かけています。