最終学歴が高卒・中卒の人が就活を成功させるポイントとは?

最終学歴が高卒・中卒の人が就活を成功させるポイントとは?

最終学歴が高卒や中卒だと、就活が難しいと思っていませんか?たしかに大卒などに比べると求人数は少ないものの、高卒・中卒ならではのメリットを活かして希望する企業に就職できる可能性も充分にあります。

就活を成功させるために重要なのは、自分の強みを生かせる企業を見つけることです。ここでは、高卒・中卒のメリット・デメリットと、就活を成功させるために必要な行動をご紹介します。

そもそも最終学歴とは?

shutterstock_425351380
就活では、良く聞かれる「最終学歴」という言葉の正しい意味を知っていますか?

“最後”ではなく“最上位”の学歴

「最終学歴」というと、最後に卒業した学校のことだと認識している人が多いようです。しかし正しくは、「その人が卒業した学校の中で最も高い教育機関」のことをいいます。

例えば、大学を卒業した後に専門学校を卒業した場合、その人の最終学歴は「大学卒」となります。

では、高等専門学校(高専)・短期大学・専門学校では、どれを最終学歴とするべきでしょうか?これらは教育機関としてのレベルが近いため、同等とみなされるのが一般的です。履歴書に記載する際には、最後に卒業したものを最終学歴とするのがよいでしょう。

中退した場合の最終学歴は?

中退した学校を最終学歴とすることはできません。そのため、中退するより前に卒業した学校の中で、最も上位にあたる学校が最終学歴になります。高校を卒業した後、大学に進学したが中退してしまったという場合では、高校が最終学歴になります。

中退した学校は最終学歴にはなりませんが、履歴書に記載することはできます。卒業に至らずとも、進学し、学びを得たということをアピールしてもよいでしょう。その際、中退に至った事情を添えておくと、マイナスの印象を与えることなくアピールができます。

最終学歴は就職に影響する?

高卒・中卒の就活の特徴と、対策をチェックしてみましょう。

高卒・中卒の就活の傾向

高卒や中卒で就活をする人は2パターンに分けることができます。

ひとつは、高校や中学を卒業するのと同時に就職する新卒者です。この場合、学校在学中に就活を行うため、求人の紹介から履歴書のチェック、面接対策に至るまで、すべてを学校が行ってくれます。学校によっては、企業とのつながりを持っている場合もあり、正社員採用での就業が実現しやすい傾向にあります。

もうひとつ考えられるのは、高校や中学の卒業後に就活を行う人です。例えば、卒業後にフリーターやアルバイトとして働いている人、進学した学校を中退してしまった人などが該当します。卒業後の就活は、卒業してから就業するまでの期間が長ければ長いほど、就業率は下がる傾向にあるため、早めに就活を始めたほうが良いでしょう。

卒業後の就活でよくある悩みと解決法

また、卒業後に就活を行う場合、求人の検索や書類の作成、面接の準備などといった、就活に必要な準備をすべて自分で行わなければならないことも考慮するべきです。高卒・中卒で応募できる求人が少ないこともあり、この部分で悩んでしまうことも少なくありません。

そんな時には、行政機関が提供する就職支援制度や、民間の人材紹介サービスを活用し、就活のサポートをしてもらうのがおすすめです。中には中卒・高卒の就職支援を得意とする人材紹介サービスもありますので、行き詰まったときにはチェックしてみてはいかがでしょうか。

高卒・中卒のメリット・デメリット

shutterstock_422567341
高卒・中卒の就職活動は、短大卒や大卒に比べて不利だと思ってはいませんか?デメリットになる部分もありますが、実はメリットもたくさんあります。

メリットやデメリットを把握していれば、メリットをアピールし、デメリットに当たる部分をフォローすることができるので、就職活動を成功へと近づけることができます。ここでは高卒・中卒のメリットとデメリットについて再確認してみましょう。

メリット

メリットは、若さにあります。若いうちは比較的柔軟に物事を捉えることができるので、仕事や職場環境に慣れやすく、仕事もすぐに覚えることができます。

また、専門的な知識や技術を必要とする仕事では、長年の経験がスキルに直結します。早く働き始めた分だけ、現場で経験を積み、実践的な技術を、身につけることができるのです。学校で実践的な技術を身につけるのはなかなか難しいもの。これは早く働き始めたからこそのメリットといえます。

デメリット

一方、デメリットとしては、大卒などに比べて、給与が安いことが挙げられます。ベンチャー企業など、学歴に関係なく実力で評価をする企業もありますが、多くの場合、昇給や昇進も遅い傾向にあり、その伸び幅にも限界があるようです。

また、多くの企業は大卒以上の新卒者を対象に採用活動を行うため、高卒や中卒では求人が少なく、職種が限定されてしまうのもデメリットとなります。

高卒・中卒の就活成功のポイント

shutterstock_416503771
高卒・中卒の就活を成功させるには、成長意欲を持つことと、情報収集が鍵を握ります。

成長意欲と自主性を持つ

高卒・中卒の人が就活を成功させるために必要なのは、成長意欲と自主性を持つことです。

企業の採用担当者は、自主性を持って仕事に取り組み、成長できる人を採用したいと考えています。仕事に必要な知識や技術、ビジネスマナーは自然に身につくものではありません。企業が研修や指導を行っても、本人が成長しようという意欲を持っていなければ仕事で生かすことはできないのです。

また、仕事に必要なスキルを伸ばしたり、企業や社会に貢献したりするには、与えられた仕事にとどまらず、自ら進んで取り組もうとする自主性が欠かせません。就活にあたっては、成長意欲と自主性をアピールできるよう、自分なりに考えをまとめておくべきでしょう。

情報収集をしっかり行う

求人数が少ない高卒・中卒の就活では、情報量が成功の鍵を握ります。「そもそも自分に合う仕事が分からない」という人や、「どんな仕事があるのかわからない」という人もいることでしょう。まずは世の中の仕事について調べ、理解することで、自分に合った仕事を見つけることができます。

希望する仕事が見つかったら、それに合う求人を見つけなければなりません。高卒・中卒の就活では、大卒などの就活に比べ、求人数が少なく、職種が限定されがちです。しかし、諦めずにしっかり探すことで希望と合致する求人が見つかることがあります。

特に人材紹介サービスを提供する企業では、インターネット上で公開されていない非公開の求人情報を持っている場合が多く、就活が有利にはたらくことがあります。つまり、しっかり情報収集をすればするほど、希望する職種や条件で就職できる可能性は高まるのです。

面接前の事前準備をしっかり行う

就活においては、履歴書の書き方や面接での受け答えが、非常に重要なアピールポイントになります。

例えば履歴書の書き方には、学歴や資格の表記の仕方や年号の表記など細かなルールがあります。また面接においては、よく問われる定番の質問もあれば、事前に調べておきたい企業について問われる質問もあり、事前に準備をしているかどうかで、受け答えの質が大きく変わってきます。

採用担当者に良い印象を与えるために、事前の準備をしっかり行いましょう。

しかし、自分で調べてもよくわからないという場合もありますよね。そんなときには、人材紹介サービスを利用し、相談にのってもらうのも良いでしょう。自分に合う仕事の探し方や求人の紹介、書類や面接の対策などの様々なサポートを受けることができます。

就活のサポートはこちらをご覧ください。

中卒・高卒・中退者集まれ!ハッシャダイが提供する『職・食・住』が全て無料の『ヤンキーインターンシップ』ってなに!?

まとめ

shutterstock_369896336
マイナスな印象を持たれがちな高卒・中卒の就活ですが、諦める必要はありません。メリットやデメリットを把握し、正しく就職活動を行うことで、希望する職につくことができる可能性は高まります。

重要なのは、自主性をもって取り組むことです。人脈や就活のサポートサービスなどをうまく活用し、就活を成功させましょう。

Ryo
Ryo

東京に住むライターです。取材相手の伝えたいことを汲み取れるよう普段とは視点を変えて受け止めるように努めています。旅行やスポーツが好きで、暇があればどこかに出かけています。