通信制高校って就活に不利なの?それとも有利なの?通信でも就活を成功させるポイント

通信制高校って就活に不利なの?それとも有利なの?通信でも就活を成功させるポイント

通信制高校では、アルバイトなどをして働きながら勉強をする方が多くいらっしゃいます。今回は「通信制高校でも就職できるのかな…」と不安に思っている方のために、通信制高校のメリットやデメリット、そして就職活動をご紹介します。

通信制高校の特徴をいかして就活を有利にすすめるためにも、是非読んでみてくださいね。

通信制高校という選択肢

shutterstock_115841728
通信制高校では、通学に時間がかからず、授業時間に縛られることなく自分のペースで勉強を進めることができます。学校によっては、高等学校卒業程度認定試験(高認)を単位として認定するケースもあり、組み合わせることで、効率よく単位を修得して卒業を目指すことも可能です。

高認は高校卒業と同等以上の学力を認定する試験であり、高校を卒業しなければ最終学歴は中卒のままです。通信制高校を卒業することで、最終学歴が高卒になり、就活を有利にすすめることができます。

通信制高校のメリットとは

shutterstock_518936764
通信制高校のメリットは、主に以下の3点があげられます。

  • 学費が安く経済的な負担がかからない
  • 仕事と勉強を両立できる
  • 自分の時間を確保できる

学費が安く経済的な負担がかからない

通信制高校の授業料は、通学が必要な学校と比較して安価で、経済的な負担を軽減することができます。

仕事と勉強を両立できる

学校によってはスクーリングがありますが、週に1回~年に1回など学校によりさまざまで、基本的には仕事と勉強の両立が可能です。そのため、アルバイトや正社員として働きながら、勉強を続けたいと考えている方にもピッタリです。

自分の時間を確保できる

通信制高校は何といっても、通学や授業時間に縛られることがないので自分の時間をゆっくりと確保できます。好きな時に自分のペースで勉強をすすめられるのは嬉しいポイントです。

通信制高校のデメリットとは

shutterstock_211847155
通信制高校のデメリットは、主に以下の3点があげられます。

  • 3年間在籍し単位取得をする必要がある
  • 自己管理が必要
  • 生徒同士のかかわりが少ない

3年間在籍し単位取得をする必要がある

高認と併用しない場合、3年間高校に在籍して所定の単位を修得する必要があります。試験に合格すればいい高認とは異なり、レポートやスクーリングなどが必要になります。

自己管理が必要

通信制高校では、自分で学習の計画を立てる必要があります。自己管理ができないからと、勉強を途中で投げ出してしまう方も珍しくありません。

強い意志と向学心がないと続かない孤独な戦いなのです。

生徒同士のかかわりが少ない

「学校生活」というと、勉強だけではなく友人との思い出を想像しがちですよね。けれども通信制高校は、学校に行く機会が少ないこともあり、クラスメイトや先生とゆっくりと過ごす時間が取れないケースが多いです。

一部の学校では、部活動やレクリエーションに力を入れていますが、自分から積極的に参加をして働きかけをする必要があります。

通信高校の就職活動

shutterstock_521609338
文部科学省の調査によると、高等学校卒業者の進路別の割合(通信制)(平成24年3月)は14.3%で、通信制高校を卒業した生徒の約7人に1人が卒業後すぐに就職をしています。この数値は、高等学校卒業者の進路別の割合(全日制)(平成24年3月)の16.3%、つまり約6人に1人という数値と大きなひらきはありません。

通信制高校だからといって、就職に不利になるということは統計上は見られないといえるでしょう。

参考:文部科学省「高等学校教育の現状」

通信制高校出身でアピールしたいこと

通信制高校に通う生徒の多くが、アルバイトを行い、実務経験を積んでいます。全く働いた経験がない生徒よりも、働くことの楽しさややりがいそして辛さを知っており、就職後のミスマッチが生じにくいといえます。

中退の理由はどうすればいいの?

全日制高校を中退して、通信制高校に転学した場合、中退の理由を聞かれることは珍しくありません。経済的な事情や人間関係など、口にし辛い理由もあるかもしれませんが、隠さずに正直に話すことが大切です。選考が進んで面接を何回も受ける中で、矛盾が出てしまうと印象がよくありません。

とはいえ面接は緊張しますし、練習をしておきたいものですよね。そこでおすすめなのが、面接のノウハウだけではなく就活に関するあらゆるサポートをしてくれる「就職サポート」の利用です。

就活サポートを受けたい場合

通信制高校は、全国から生徒を集めている学校が珍しくないため、就活のサポートをきめ細やかに行うのが難しいケースもあります。

そこでおすすめしたいのが、株式会社ハッシャダイの「ヤンキーインターンシップ」です。中卒・高卒そして中退者向けに、衣食住を無料で提供しており、就業体験を行うことができます。アルバイト歴だけで就職活動をするのに不安がある方や、「どんな仕事が自分に合っているかよくわからない」と悩んでいる方は、ヤンキーインターンシップに参加してみませんか。

様々な理由で学校を中退してしまったり、目標が見つからなかった先輩たちも、ヤンキーインターンシップを通して多彩な経験を積み成長を遂げています。

興味をお持ちの方は、是非以下の記事を読んでみてくださいね。
中卒・高卒・中退者集まれ!ハッシャダイが提供する『職・食・住』が全て無料の『ヤンキーインターンシップ』ってなに!?

おわりに

通信制高校出身だからといって、就職率が極端に下がったり、就活で不利な扱いを受けるケースはほとんどありません。就職活動を成功させるためにも、就活サポートを利用して、就活のノウハウを学びましょう。ヤンキーインターンシップで就業体験を積んで、経験をアピールするのもよいかもしれませんね。

勉強と就活の両立は大変ですが、その分やりがいがあるので頑張ってください。

Yuuno Aomi
Yuuno Aomi

ライター暦13年のフリーライター。 コンサルタントやディレクションなど幅広く活動をしています。