「適職診断」はどこまで信じたらいい?自分に合う仕事を見つけるための方法とは

「適職診断」はどこまで信じたらいい?自分に合う仕事を見つけるための方法とは

「就職するなら自分に合った仕事を選びたいけど、適職がわからない」
「適職診断をしてみたけど、本当に自分に合っているものなのかどうか判断できない」

就職や転職をするときには、できるだけ自分に合った仕事を探したいと思っても、適職診断をした結果と自分の思っていたものが違っていると不安になり、どうしたらいいかわからなくなることもありますよね。

今回は悩んでしまう人も多い、「適職診断」と呼ばれるツールの紹介やそもそも適職とはどんな仕事のことなのか、自分に合った仕事の探し方などをまとめて解説します。

適職診断ってどんなもの?

shutterstock_159315359
適職診断とは、さまざまな質問に答えていくことで自分に合った“適職”を教えてくれるツールのことです。インターネット上でも診断は可能で、就職支援サイトや求人情報サイトなどが提供をしています。

性格診断や心理テストプログラムと似た構造となっている適職診断ツールでは、「コミュニケーション力はあるほうだと思うか?」といった質問に「はい/いいえ/どちらでもない」から答えていき、性格や傾向を診断、適職を教えてくれるといった内容になっています。

なかには、診断結果から適職をチェックするためにはサイトへの登録が必要なものもあるため注意が必要です。本気で適職を探そうというときに当てにするのではなく、「試しにやってみたらどんな結果が出るかな」くらいの気軽な気持ちで取り組んだほうがいいでしょう。

また、就活サポートなどのなかには、本格的な適職診断を行ってくれるところもあります。詳しくヒアリングしたり、面接を繰り返したりすることで、適職を判断してくれるというものです。

インターネット上でできるものよりは精度や信頼度は上がりますが、どんな適職診断も“絶対”のものはないため、鵜呑みにしすぎないように気をつけて聞くようにしましょう。

適職って何?

shutterstock_332243993
そもそも適職とは、「自分に合った仕事」を指しています。「(自分に)適(した)職(種)」のことを適職と呼びますが、興味のあることや好きなことと一致することもあれば、それまで考えてもいなかった仕事が自分に合っている可能性もあります。

適職は、自分の性格や望んでいる生き方・働き方、生活スタイルなどによって変わってくるものです。そのため、20代の頃と30代とでは適職が違うものになった、ということも起こりえます。

適職かどうかを見分ける方法

適職がどうかを判断するポイントは以下の4つです。

  • 仕事にやりがいを感じられる
  • 次は何をしようと目標をたてることができる
  • 「この仕事は自分に向いているのだろうか」と悩むことはない
  • プライベートも充実していると感じる

どれも、仕事をしばらくしてみないとわからないことではありますが、これらをクリアできる仕事は適職だといえます。

就職前に、これらの条件をクリアできる仕事かどうかを判断するために必要なのは、「自分自身が何を求めているのか」「どんなことにやりがいを感じるのか」を考えることです。そこから、「自分がやりがいを感じられて、求めているものを得ることができる仕事は何か」と探していくことが適職を就職前に見きわめるコツとなります。

まずは自分を見つめ直そう

shutterstock_485675356
適職を見きわめるためには、まず、自分を見つめ直すことが必要です。自分自身と向き合って「何に興味があって」「どんなことに熱中できて」「やりがいをどこで感じているのか」といった細かな自分の意識を言葉で表現できるように、じっくり考えていくようにしましょう。

そのときには「自分が許せる範囲」「妥協できるところとできないところ」なども合わせて考えておくと、適職だと思える仕事のなかでもどんな職種や職場を選べばいいのかが見えてくるようになります。

たとえば、同じ「営業職」であっても、メーカーの営業なのか、不動産の営業なのかによって仕事の内容だけでなくやりがいを感じられるポイントも変わってきます。

「人と会って売り込みをしていく」ことにやりがいを感じられるなら、どちらの営業職でも問題ありませんが、「こだわって作られた製品を売り込んでいきたい」のであればメーカーの営業などで絞り込む必要があるでしょう。

このように、どこに重きをおいて仕事をしていきたいと思っているのかによって適職を決めていくことが大切なのです。そのためにも自分を見つめ直す作業は、早い段階でしっかり行っておくことをおすすめします。

自分一人では難しいと感じたら…

自分自身を見つめ直す作業は、自分にしかできないことではありますが人の手を借りることも可能です。人材紹介会社のUZUZでは、キャリアカウンセラーが利用者ひとりひとりに合わせた就活サポートを行っているので、さまざまなアドバイスをもらいながら就活を進めていくことが可能です。

UZUZに関する詳細はこちらをご覧ください。
既卒・フリーターの就活にオススメ!手厚いサポートで内定率は80%以上『ウズウズキャリアセンター』

また、株式会社ハッシャダイでは、インターンシップも含めたユニークな就活サポートを行っており、中卒・高卒・中退者におすすめのサービスとなっています。

ハッシャダイのサービスについてはこちらをご覧ください。
中卒・高卒・中退者集まれ!ハッシャダイが提供する『職・食・住』が全て無料の『ヤンキーインターンシップ』ってなに!?

それぞれ対象者が異なるため、自分に合ったサービスを選んで就活にいかしていきましょう!

好き=合うとは限らない

shutterstock_399933130
「天職と適職は違う」と言われることがありますが、天職がそのまま適職になることもあります。しかし、多くの人は天職と思えるような“大好きな仕事”が自分に合っているとは限らないのが現実です。

「好きを仕事にしたほうがよい」「好きなことは仕事にしないほうがよい」とさまざまな意見がありますが、どちらが「正しい・間違っている」ではなく「自分には好きなことを仕事にしたほうが合っているかどうか」を判断することがポイントとなります。

「好きだから絶対合うだろう」と盲目的に適職を判断せず、「どうして好きなのか」「どう仕事として取り組んでいきたいのか」「ライフプランを考えたときにその仕事で本当にいいのか」もしっかり考えたうえで、進むべき道を探していくようにしましょう。

まとめ

適職診断は、想いもしなかった自分の一面を見つけることもできる便利なツールです。しかし、自分に合う本当の適職は、自分自身を見つめ直し「ライフプランも含めて、どうなっていきたいのか」を考えることで見えてくるものです。

さまざまな情報があふれる現代において、自分なりに考えて適職を見つけ出していくのはカンタンなことではありません。必要なときにはプロの手を借りながら、自分の心の声にもしっかり耳を澄ませて、納得のいく適職を見つけられるといいですね!

Nana Tsuchiya
Nana Tsuchiya

東京在住のフリーライター。2011・13年生まれの2男児を育てながら活動中。幼稚園教諭免許・保育士資格保有・ベンチャー企業勤め経験あり。「働き方を考える」をベースに、いろいろご紹介していきます。