諦めるには早すぎる!高校を中退したその後は?おすすめの選択肢をご紹介

諦めるには早すぎる!高校を中退したその後は?おすすめの選択肢をご紹介

事情があって高校を中退し、その後の進路に迷っている…そう悩んでいる人はいるのではないでしょうか。高校の中退者は少数派のため、居心地が悪く感じてしまうかもしれません。

しかし就ける仕事はたくさんあり、進学という選択肢も残っています。自分で新しい道を作っていくことは、まだまだできるのです。これからの生き方に迷っている方に向けて、いくつかの道を提案したいと思います。

年間で5万人以上が高校を中退

shutterstock_227470285
高校を中退してしまう人には、様々な理由があります。主には学校の生活になじめなかった、勉強についていけなかった、などが挙げられます。現在、全国で5万人以上が「中退」という選択肢を選んでいるのが現状です。

中退した人の中で、建設業での現場や夜の接客業で働く場合は少なくありません。しかしこれらの仕事は不安定で、若さや体力がある今だからこそ続けられる仕事です。将来的に考えると、今のように働き続けるのはあまり現実的ではないでしょう。

「このままでいいのか?」と迷っている方は、以下に挙げる選択肢を参考にしてみてください。

参考:文部科学省 『平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について』

もう一度高校に通ってみる

shutterstock_143909077
高校を中退した後、もう一度高校に通うという選択肢があります。

自分の状況に応じて、学校をもう一度検討してみる

「退学したけど、もう一度学校生活を送りたい」と思う方は、自分の学力レベルに合わせて高校を選び、再度受験してみてはいかがでしょうか。

金銭面の事情で中退した方は、「働いて学費を稼ぎながら定時制高校で学ぶ」という選択肢もあります。幅広い年齢の方が入学している定時制高校は、全日制の高校とはまた違う交流ができるでしょう。

通信制の高校に通ってみよう

中退後、通信制の高校であれば学校に通わずに卒業することができます。通信制高校に編入する際、中退した高校で履修した単位の引き継ぎか可能です。高校二年生の5月に中退した場合は、高校一年生の一年間分の単位を引き継ぐことができます。

二年生になる前に中退した場合、単位を取得していたとしても「履修済み」とはみなされません。そのため、編入ではなく「新入学」という扱いになります。

また、通信制の高校は学年ではなく「単位制」で教えている場合が多く、自分のペースに合わせて授業を受けることが可能です。中には3年以上の時間をかけて卒業する人もいます。

高卒認定試験を受けて大学・専門学校に行く

shutterstock_268440563
再び高校には通いたくないけど、大学や専門学校へは進学したい…。そう思う方は「高卒認定試験」を受験することをおすすめします。この試験に合格すれば、高校を卒業した人と同じ学力を持っていると認められ、大学や専門学校の受験資格を得ることができるのです。

加えて、国家試験を受験することも可能になります。中退でつまずいたとしても、高卒認定試験に受かれば将来の可能性は大きく広がります。シニアの方や主婦の方も受験している、広く知られた試験です。

高卒認定試験には8-10科目に合格することが必須ですが、一度の受験ですべての科目に受かる必要はありません。受かった科目に有効期限はないので、複数に分けて残りの科目を受験することが可能です。

資格を取得して社会で活躍する

shutterstock_562875187
進学ではなく、資格を取得して安定した収入を得たい。そう考えている人は、高校中退でも受験可能な資格を確認しておきましょう。

資格を取得し、実力で収入を上げていく

中卒という学歴でも、受けられる資格は複数あります。資格を取得後、様々な業界で活躍することが可能です。

たとえば「宅地建物取引士」は、不動産業界で人気の資格で、取得すると、不動産会社で仲介営業として採用されやすくなります。成約が多ければ周囲からの評価が上がり、学歴に関係なく給料も上がっていくでしょう。

また飲食店で2年以上の実務経験があれば、調理師免許の取得試験も中卒で受験が可能です。独立して自分のお店を持ち、繁盛すれば企業に勤めるよりも稼げる可能性があります。料理が好きな方は、調理師としての人生も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

高卒ではないと取れない資格は?

「保育士」という職業は、女性に人気ですよね。この資格を取得するには、高卒であることが必須条件になります。通常は大学や短期大学に通えば自動的に資格が手に入ります。

高卒の方は、通信講座で学んだ後で試験を受け、合格すれば保育園で働くことが可能です。

疲れた人の体と心を癒す「セラピスト」も、高卒で取得できる資格のひとつです。香りを使った「アロマセラピー」や光や色で癒す「カラーセラピー」など、色々な療法があります。セラピストはサロンで経験を積んだ後、開業して独立することも可能です。

中卒・高卒の方限定で企業を紹介してもらえる!

uzuz_shutterstock_428064904
「すぐに就職して経験を積みたい!」

そう思う方に、中卒・高卒の方向けに仕事を紹介する「ハッシャダイ」という会社をご紹介します。

住居費や食費がタダ!

ハッシャダイは、16-22歳の若者向けに「ヤンキーインターンシップ」という制度を設けています。東京をのぞく46道府県に住んでおり、中卒・高卒であることが参加条件です。この制度は東京で働く間、なんと住居費や食費がタダになるというとてもお得なインターンです。

かつては流されるままに生きていた先輩も…

ハッシャダイでのインターンを経験し、今では企業で立派に働く若者も、かつては自分の将来を描けずにいました。厳しいフィールドセールスを経て、就職活動の後に無事に就職。ハッシャダイの卒業生達は、続々と社会で活躍しています。

ハッシャダイでは中卒・高卒の方を「第0新卒」と定義し、大きな可能性を秘めた彼ら、彼女らの支援をしています。「自分の実力を試したい」「大都会の東京で働いてみたい」…そう思う方は、ハッシャダイへ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

中卒・高卒・中退者集まれ!ハッシャダイが提供する『職・食・住』が全て無料の『ヤンキーインターンシップ』ってなに!?

おわりに

高卒を中退し、その現実に焦りを感じている人は少なくないかもしれません。しかしまだまだ、あなたが進む道はたくさん残っています。企業で現場を経験するチャンスも、名のある資格を取って活躍することもできるのです。

自分は何がしたいのか、自分に合う道は何なのか。情報収集をしながらじっくり考えて、次の一歩を踏み出してください。

Taeko Hiraga
Taeko Hiraga

広告代理店での営業を経て、2016年にライターへ転職。現在はビジネス、カルチャー系の記事を執筆しています。