就活体験談を読む

【UZUZの評判】就活経験ゼロの23歳・フリーターが業界最大手級の企業に内定を獲得できたワケとは?

Yuki Yanagida

【UZUZの評判】就活経験ゼロの23歳・フリーターが業界最大手級の企業に内定を獲得できたワケとは?

新卒時、自分から就職することを選ばず、フリーターとして働いていくことを選んだOさん。卒業から約1年経った今、なぜOさんは新卒時に選ばなかった“就職”という道を選んだのでしょうか?

なぜフリーターを選んだ?・Oさんのプロフィール

shutterstock_411876775
東京都出身のOさん。中学校の頃からテニスを始め、チームワークの大切さや試合に勝つ楽しさを感じ、高校進学後もテニスを続けていたそうです。高校卒業後は、社会で働くための基礎知識が学べると思い、経済学部に進学されました。

『就活よりアルバイト』だった新卒時代

大学ではサークルには入らず、コンビニでのアルバイトに力を入れていたそうです。アルバイト先ではリーダーとして複数の店舗を行き来し、マネジメント業務なども行っていました。責任が大きい仕事を任されていたこともあり、大学生にとってはかなり高額なお給料を稼いでいたと言います。

進路を決める時期になっても、Oさんはアルバイトに明け暮れていました。アルバイトにやりがいを感じていたのは事実ですが、周りの友人達にも就職活動をする人が少なく、自然と「このままアルバイトでもいいか」と思うようになったそうです。

アルバイトに精を出し続けたフリーター時代だったが……

結局就職活動は全く行わず、卒業後は友人が紹介してくれた飲食店でアルバイトを行うようになりました。ほぼ毎日シフトに入り、売上の管理や新人教育、新メニューの開発などにも取り組む日々。Oさんの努力はリピーターの増加、店の売り上げ増加として数字に現れるようになり、結果的に店長不在時の責任者を任されるまでになりました。

そんなアルバイト生活を2年続けていたOさんですが、弟が就職活動を行う時期になり、「果たして自分は本当にこのままでいいのか」と急に将来に不安を覚えるようになりました。さらに追い討ちをかけるように、アルバイトを紹介してくれた友人も就職することになり、自分だけが取り残されている感覚になったそうです。

アルバイトではそれなりの成果を上げているつもりでしたが、言ってしまえばそれはただのアルバイト。「今まで一体何をしていたんだ」と焦りを感じたOさんは、UZUZに登録し就職活動を始める決心をしました。

就活経験ゼロ!既卒・Oさんの初めての就職活動

shutterstock_295382927
上記にも記載した通り、Oさんは卒業してから今まで就職活動と呼べるようなことは一切していませんでした。当初はどんな仕事があるかもイマイチ分かっていなかったそうですが、友人がエンジニアとして働き始めたことをきっかけに「自分もエンジニアに挑戦したい」と考えるようになり、UZUZではエンジニアを目指して就職活動を行うことになりました。

既卒・Oさんの就職活動での課題は?

Oさんの就職活動における課題はずばり面接。就職活動自体が初めてのOさんは、今までアルバイトの面接しか受けたことがなく、企業の面接を受ける際のマナーや自分の経歴の伝え方等々、すべてを一から覚えていく必要がありました。

1社目を受けた際には、緊張のあまり面接開始時間の40分以上前に会社に到着してしまい、少々顰蹙を買ってしまったこともありました。(面接に伺う際には5〜10分前に到着するようにしましょう。それより早くても遅くても企業に迷惑がかかってしまいます)

また、面接でも回答が一問一答になってしまい、うまく自分を表現することができず苦戦する日々が続きました。

既卒の就活を成功させるために繰り返し行った“面接練習”

苦手な面接を突破するために、Oさんにはとにかく繰り返し面接練習をしていただきました。

「卒業してからの空白の約2年間は何をしていたか」に答えるのが一番難しかったようで、ここに関しては何度も何度も対策しました。加えて「過去の自分の意思選択の大きなきっかけは何か?」「何を反省するべきなのか?」「今後はどうしていけばその反省を生かしていけるか?」などを一緒に考え、次第にOさんは自分の考えをまとめられるようになりました。

またOさんは、想定外の質問をされると動揺して体が大きく動いてしまう癖があり、面接官に“落ち着きがない印象”を与えがちでした。ここに関しては面接に慣れることに加え自分で気をつけていくしかないので、自ら家でも練習し、意識付けていくよう努力していただきました。

そんな努力が実を結び、Oさんは就活経験ゼロ&2年の空白期間をはねのけ、見事第一希望の企業から内定をいただくことができました。

既卒・Oさんはどんな企業に入社したのか?

Oさんが内定を獲得した企業には、業界最大級のトレーニングセンターがあり、そこでは約2ヶ月間みっちりと研修を受けることができます。また、自分の技術力が今どの段階なのかを把握できる『キャリアマップレインボー』というシステムがあり、これにより自身の成長の方向性を視覚的に判断することが可能です。

Oさんには就活に臨む上で「新卒で入社した同期との約2年間のブランクを早く埋める」という軸があったので、上記企業の“自分がどのくらい力をつけたのか明確に判断できる点”に魅力を感じたそうです。

既卒・Oさんの今後の目標は?

大学時代・フリーター時代でもアルバイトでリーダーという立場をやっていたので、やはりリーダーとして、周りからも頼りにされるような存在になりたいと思っているそうです。そのために、日々の勉強をかかさず様々な資格を取得し、自分を成長させていきたいとのこと。

その言葉通り、内定後はCCNAの勉強をどんどん進めていましたね!

そんな既卒・OさんからUZUZにメッセージをいただきました

shutterstock_177757391
私はUZUZさんのおかげでいい会社と巡り会え、無事就職することができました。面接練習でも、自分の我がままで何度か付き合っていただきましたが、嫌な顔せず真剣に向き合ってくれていたのがとても嬉しかったです。

UZUZさんの親切丁寧な指導のおかげでこうして就職をすることができるので感謝しています。現在就活を行う皆さんも、本当に自分が入りたいと思えるようないい会社に巡り会って、無事就職できますように祈っています。

(※記事に掲載するにあたり、一部文章を改変しています)

Yuki Yanagida

上海生まれの日本育ち。元既卒。中国語を学ぶために国際教養学部に進学し、在学時には上海に1年間語学留学に行く。しかし、留学生活から現実に戻れずにそのまま卒業。現在は自身の既卒時代の就活経験を活かし、UZUZにてキャリアカウンセリングを担当。

相談する