就活体験談を読む

【UZUZの評判】専門職からキャリアチェンジ!既卒・男性が上場企業のグループ会社に就職できた理由とは!?

Yota Sannomiya

【UZUZの評判】専門職からキャリアチェンジ!既卒・男性が上場企業のグループ会社に就職できた理由とは!?

Mさんは大学で柔道整復師の勉強しており、卒業後は柔道整復師を目指すために接骨院でアルバイト勤務をしておりました。ただMさんは柔道整復師を諦めて、就職活動を再度スタートさせます。今回はMさんがなぜ柔道整復師を諦めたのか、そして就職活動でどんな課題を抱えていたかをお伝えします。

内定者プロフィール

名前:D.Mさん
年齢:23歳
最終学齢:2016年大学卒業
出身:神奈川県

既卒のMさんの経歴

幼少期から野球をしていたMさんは、高校3年時の大会前腰に怪我を負ってしまいます。その際柔道整復師の先生にサポートしてもらったことでスポーツ選手を支える仕事に興味を持つようになり、大学では柔道整復師になるための学科を選択しました。

ただ必要単位が取得出来ずに1年間留年され、国家資格の受験資格を得ることが出来ないなど大きな挫折をした状態で卒業を迎えられました。卒業後は、接骨院でアルバイトをしながら柔道整復師を目指しておりました。

柔道整復師を諦めることに

患者様とコミュニケーションを取れることにはやりがいを感じておりましたが、柔道整復師の仕事はMさんの想像以上に過酷でした。

Mさんの勤めていた接骨院は少人数の環境だったので、患者様の対応が終わる20時過ぎから医療事務業務に取り組む必要があり、帰宅時間が深夜2時を超えることも珍しくない環境でした。夢のためと思い、必死に頑張っておりましたが、Mさんは次第に柔道整復師という仕事の今後に不安を感じるようになります。

柔道整復師という仕事を甘く捉えてしまっていた部分もありますが、長時間労働や今後の業界の不透明さも感じられており、「自身の長期的なキャリア形成は難しい」と考えるようになりました。

そこで柔道整復師のアルバイトを退職し就職活動を再度スタートしますが、ここからがMさんの本当の苦悩の始まりでした。

「何をすればいいのか分からない」既卒・Mさんが悩んだ就職活動

shutterstock_519305143
Mさんは専門職の道を進まれていたのでそもそも就職活動をしたことがありませんでした。また、柔道整復師を高校時代から目指していたこともあり、業界・職種の知識もほとんどない状態でした。

退職からUZUZに登録して頂くまでの3ヶ月間はご自身で就職活動を行っておりましたが、エントリーしたのはわずか1社だけ。ほとんど動き出すことも出来ていない状態でした。

Mさんが初めて面談に来られた際に言われていた「自分のやりたいことが分からない」という言葉は今でも印象に残っています。

「やりたいこと」は大事なのか?

Mさんと同様にやりたいことがない、分からないという方は非常に多いと思います。小学生の時は「プロ野球選手」「お花屋さん」など明確だった方も多いと思いますが、年齢が上がっていくたびに不透明になっていきます。

ですが、そうは言っても生きるためには働かなければなりません。やはりお金がないと生活出来ないですし、好きなものも買えません。では仕事に対してどう考えるべきでしょうか。

私自身が候補者にお伝えしていることは「どう働きたいか」ということです。「何をしたいか」というよりかは「どう働いていきたいのか」を何より重要視してもらっています。「世の中のために働きたいのか」「安定している環境で働きたいのか」「20代で1,000万円稼ぎたいのか」など、自身が仕事に対して大事にしている部分をヒアリングを通じて明確にしていきます。

やりたいことももちろん大事ですが、自身の状況や経験によって変わることが非常に多いです。例えば、結婚したら自身のやりがいより休日や給与面を重視するようになりますし、仕事を通じて自身の価値観が変わることは珍しくありません。

今の自分のやりたいことを重要視するよりかは、「働き方」に目を向けた方が選択肢の数も広がります。その中で様々な経験を通じて自身の大事にしたいことをさらに明確にして頂ければと思います。

Mさんを担当した既卒カウンセラーより

shutterstock_544673779
Mさん改めまして内定おめでとうございます。初めて面談でお会いした時は今後に大きな不安を感じていたようですが、会うたびに顔つきが変わっていくのが本当に印象的でした。

片道1時間半以上掛かるUZUZまで毎日のように来て頂き、面接対策を行ったのも今ではいい思い出ですね。色んなパターンの模擬面接を行うことができ、私自身もとても勉強になりました。これからがスタートなので、頑張ってくださいね!

既卒・Mさんに直接聞いた!UZUZの評判・感想

私は柔道整復師の大学を1年留年してしまい2016年に卒業しました。国家資格が取得出来なかったので、接骨院でアルバイトとして勤務しながら国家資格の勉強を行っておりました。

ただ接骨院は事務作業等で帰宅時間が深夜2時〜3時になることも多く、今後の法規制での業界見通しが不透明だと感じるようになり、退社することを決めました。今思えば、高校時代の憧れだけで進路先を選んでしまい、甘い考えだったと思います。

それから正社員として働くために様々な求人サイトを見ましたが、自分が何をやりたいのかが明確ではなく、4ヶ月で1社エントリーしたのみで1人では就職活動は進みませんでした。そんな時インターネットで既卒にお薦めの就活支援サイトを調べていた際、評判が良いと投稿されていたUZUZキャリアセンターさんを見つけて登録させて頂きました。

担当してくれた三宮さんは非常に話しやすく、自分の話を丁寧に聞いて頂きました。自分の経歴から紹介のキャリアプランを一緒に考えて頂いて、それにマッチした求人を紹介して頂きました。その中には、他の求人サイトには掲載されていない企業もあり正直不安もあったのですが、調べてみると安定した企業であったり、東証一部上場の企業も多く、良い求人しか扱っていないので驚きました。

企業の説明をメリット・デメリットを含めて丁寧にして頂いて、エントリーから選考日程までは本当にスムーズに進みました。ただ私は緊張しやすく、模擬面接でもガチガチに緊張してしまう程で絶望的でした(笑)

そこで、三宮さんから面接で聞かれるポイントや自分の経歴の説明についてのアドバイスを頂き、自分の言葉で伝えられるようにしました。面接対策を何度も行って頂き、その後もLINEを通じて回答のチェックを行ってもらえましたので、自信を持って面接に臨むことが出来るようになりました。

1次面接通過後にも最終面接対策ではより深く対策を行って頂き、不安な点などもLINEですぐに対応してもらい、徹底的にサポートして頂きました。そのおかげで、三宮さんとの面談から1ヶ月で内定を頂くことが出来ました。

自分のやりたいことや適正・現状に応じてしっかりキャリアプランを考えてもらい、面接対策もとことんサポートしてくれるUZUZさんをお薦めします!本当にありがとうございました!

(※掲載するにあたり、一部文章を改変しています)

Yota Sannomiya
Yota Sannomiya

広島県出身で高校卒業後、愛媛大学に進学。元第二新卒。大学時代はNPO法人の理事に就任するなど四国活性化に尽力する。卒業後は人材総合サービス会社に就職し、人材派遣のRA/CAを約3年間経験し、2014年UZUZに入社。UZUZではRA/CA/人事/マネジメントと幅広い業務を担当する。

相談する