仮置き既卒・フリーターのための職種解説既卒就活に役立つ資格

高視聴率を叩き出した大ヒットドラマ『逃げ恥』津崎 平匡の所持する資格ってどのくらい凄いの?沼田さんの『インフラエンジニア』ってどんな仕事?

Arisa Kusano

高視聴率を叩き出した大ヒットドラマ『逃げ恥』津崎 平匡の所持する資格ってどのくらい凄いの?沼田さんの『インフラエンジニア』ってどんな仕事?

世間を賑わせたTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』、通称『逃げ恥』。最終回前の視聴率は17%超え、最終回の視聴率はなんと20.8%を超えるなど、世間は逃げ恥ブームとなりました。初回放送から一度も視聴率を落とすことなく、名実ともに『大ヒットドラマ』になりましたね!

そんな逃げ恥ですが、ネットでは登場人物「津崎 平匡」の所有資格が話題になっています。さて、今回の記事では平匡さんが所持する資格がどのようなものなのか、それはどのくらい凄いのかをまとめています。また、ドラマの重要人物・沼田さんの仕事『インフラエンジニア』についても詳しく説明していますので、是非チェックしてみてください!

登場人物「津崎 平匡」のハイスペックぶりがすごい。

shutterstock_322541723

みくりの雇用主である津崎 平匡。京大出身の超高学歴エンジニアですが、35歳独身、彼女いない歴=年齢であり、恋愛に関して超奥手な『プロの独身』です。そんな平匡さんが取得している資格を見た視聴者から「とんでもないハイスペック人材だ」という声が上がっています。

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • データベーススペシャリスト

上記三つの資格を保有していることが明らかとなった平匡さん。果たしてこれらはどのような資格なのでしょうか?次から詳しく見ていきましょう。

基本情報技術者(FE)

『基本情報技術者試験』は、経済産業省が行っている国家試験『情報処理技術者試験』のうちの一つ。情報処理技術者試験にはいくつか種類があり、それぞれスキルレベルが1から4に分けられています。この『基本情報技術者試験』はスキルレベル2に該当します。余談ですがスキルレベル1の試験は『ITパスポート』です。

この試験を受ける対象者を試験を管轄する法人では以下のように位置づけています。

高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者

引用元:情報処理推進機構

試験にはプログラミングやアルゴリズムに関する問題が出題されるため、『プログラマーの登竜門』とも呼べる資格です。情報処理推進機構のデータによると、基本情報技術者試験の合格者平均年齢は24〜26歳。

社会人であれば1〜4年目の間に取得していることになるので、もしかしたら平匡さんも大学を卒業した後新卒で入社した会社で取得したのかもしれませんね。(京大出身なので大学在学中に取得した可能性も高そうですが)

平成28年度には136,376人が応募したこの試験。合格率は26.6%でした。ITパスポートの合格率は例年40〜60%なので、そちらに比べれば難易度が上がっていることは間違いないのですが、基本情報技術者試験はITパスポートと試験内容が似通っている部分もあるので、しっかり勉強すれば十分合格が目指せる試験です。

応用情報技術者(AP)

『情報処理技術者試験』のうちの一つである『応用情報技術者試験』。スキルレベルは3にあたり、レベル2である『基本情報技術者』の一つ上の資格です。受験対象者は以下のように位置付けられています。

高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者

引用元:情報処理推進機構

「方向性を確立した者」という言葉が示すように、技術者として一定の知識・経験を有している人が取得を目指す資格です。事実、平成28年度応用情報技術者の合格者平均年齢は28.8歳であり、応募者の平均年齢になると少し上がって31歳。技術者として、5〜6年は経験があるような中堅エンジニアが主な受験者となっています。

応用情報技術者試験の平成28年度合格率は20.5%であり、基本情報技術者に比べ少し合格率が下がる結果でした。この試験では、基本情報技術者試験の時には必須だったプログラミングやアルゴリズムに関する問題が必須ではないので、中には「解きやすい!」と感じる人もいるかもしれません。

ですが、基本情報技術者試験にはなかった記述式試験が新たに加わっているので、難易度は間違いなく上がっています。それに受験者年齢が比較的若く、新人プログラマーや学生が主な受験者層だった基本情報技術者試験とは異なり、ある程度経験を積んだ中堅エンジニアがメインの受験者層です。

知識も経験もレベルアップした受験者の合格率が20.5%なので、これは結構難しい試験だと言えそうです。平匡さんがいつこの資格を取得したかは分かりませんが、自宅にも仕事関連の本がたくさんあり休日も自主的に学習に励んでいるくらいなので、恐らくしっかり勉強した上で難なく合格できたのではないでしょうか。

データベーススペシャリスト

『情報処理技術者試験』のうち『高度情報処理技術者試験』に区分され、スキルレベルは最高位の4である『データベーススペシャリスト試験』。受験者対象者の位置付けは以下の通りです。

高度IT人材として確立した専門分野をもち、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者

引用元:情報処理推進機構

今までよりも格段に文章が長くなりましたね(笑)それもそのはず、この資格は極めて難易度の高い国家資格であり、そう簡単に受かるものではありません。ネットでも「データベーススペシャリストを持っているなんて平匡さん有能すぎる」と言った声も多く飛び交っているようです。

データベーススペシャリストの平成28年度の合格率は17.5%。基本情報技術者や応用情報技術者に比べると合格率は低く、20%を切っています。合格者の平均年齢は32.4歳であり、応募者の平均年齢だとさらに上がって34.6歳。業務経験も知識も豊富なエンジニアがメインの受験者層ですね。

企業やメーカーが独自に定めているベンダー資格(民間資格)とは異なり、国家資格であるデータベーススペシャリストには製品に依存しない幅広い知識が求められます。ビックデータ時代と言われる昨今、データベースは企業のビジネスにも深く関わっているので、その名の通り「スペシャリスト」でないと取得できない資格なのです。

ちなみにこの試験は選択式と記述式で行う試験ですが、記述式の中には問題文の読解すら困難なものもあり、受かった平匡さんはお見事としか言いようがありません。さすが京大出身のエンジニアです!

参考元:情報処理推進機構『情報処理技術者試験統計資料(平成28年度)』

最終話では、リストラされた平匡さんがその後どのようになったのか詳しく描かれてはいませんでしたが、転職する会社をみくりに相談しているシーンはありましたね。「自分が挑戦してみたいこと」と「給料等の諸条件」の折り合いがつかず悩んでいるようでしたが、さほど焦っている様子はありませんでした。

やはり平匡さんほどの資格と経験を持っているエンジニアであれば、「是非採用したい!」と考えている会社は多いはず。転職にはそこまで困らないのかもしれませんね。(※最終回後追記)

キーマン「沼田さん」の仕事、『インフラエンジニア』ってどんな仕事!?

shutterstock_529310533

さて、平匡さんやみくりの仲をいち早く疑ったり、リストラ騒動の中心人物だったりと、ドラマのキーマンである沼田さん。その個性的なキャラクターは一度見たら忘れられない存在感を放っていますが、そんな彼の仕事は『インフラエンジニア』です。

恐らく、ドラマを見て初めてインフラエンジニアという仕事を知った人も多いのではないでしょうか?会社の経営危機を聞きつけた沼田さんは、「サーバーを全部落とす」「サーバーを破壊する」と営業や社長に脅しをふっかけていましたが、実際はどのような仕事をしているのでしょうか?

『インフラエンジニア』は縁の下の力持ち

インフラエンジニアは、私たちが普段使っているネットワーク環境を作り、安全・快適に使えるよう整備しているエンジニアのことを指します。

平匡さんはプログラマーですので、プログラミング言語を用いてシステムを作り上げる仕事をしていますが、沼田さんはそこで作られたシステムが問題なく使えるよう、ネットワーク環境を整えたり、トラブルが起こらないか監視するのが仕事です。

なかなか聞き馴染みのない仕事かもしれませんが、せっかく作ったシステムもネットワーク環境が整っていなければ使うことができませんから、沼田さんがやっているインフラエンジニアは、欠かすことができない『縁の下の力持ち』的な仕事といえるのです。

『インフラエンジニア』の仕事内容

インフラエンジニアは、ネットワークを管理する『ネットワークエンジニア』、サーバーを管理する『サーバーエンジニア』の二つを合わせた総称です。

これらの仕事内容は街に例えると分かりやすいです。ネットワークを街の中を張り巡らされた道路、サーバーを目的地と考えましょう。道路がなければ目的地には行けないので、目的地に行くための道路を作ったり、作った道路で事故が起こらないように監視をする必要があります。これらを行うのがネットワークエンジニアです。

目的地を遊園地と仮定すると、来てくれたお客さんにきちんと対応することはもちろんアトラクションで何か不具合が起こらないか点検したり、起こってしまった場合即座に修理したりと、しっかり監視しないと遊園地は運営できません。これらを行っているのがサーバーエンジニアです。

サーバーとネットワーク、双方の知識を合わせ持ったエンジニアがインフラエンジニアですが、沼田さんのメインの業務はサーバー寄りなのかもしれません。ですが上記にも記載した通り、インフラエンジニアは縁の下の力持ちであり全ての基盤を支えるエンジニアです。

そんな沼田さんに「サーバーを落とす」「サーバーを破壊する」と言われたら、会社としてもたまったもんじゃありません。沼田さんは物語としてのキーマンであることはもちろんですが、社内の業務内容においてもキーマンであることは間違いなさそうです(笑)

インフラエンジニアの詳しい業務内容はこちらの記事をご覧ください。
既卒のための業界解説|今キてる!インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)の業務内容とは?

『データベーススペシャリスト』『インフラエンジニア』になりたい!

shutterstock_460717630

試験の難易度を見てもらったのでお分かりいただけたかと思いますが、データベーススペシャリストはとんでもなく難易度の高い資格が必要になるので、いささか現実的ではありません。

未経験からエンジニアを目指すならインフラエンジニアがおすすめです。インフラエンジニアであれば、文系の方でも挑戦することは大いに可能ですし、業務経験がない既卒・第二新卒の方でも受け入れてくれる企業は数多くあります。

ちなみにインフラエンジニアには以下のようなメリットがあります。

手に職をつけて働くことが可能

インフラエンジニアはその専門性の高さや資格を武器にして働ける点などから、手に職をつけられる仕事だと言えます。ドラマ内でも、藤井隆さん演じる日野さんが沼田さんに対して「インフラエンジニアはいなきゃ困る」という発言をしていました。

もちろん「絶対食いっぱぐれない!」とは言い切れませんが、需要が高い仕事であることは間違いありません。

男性だけじゃない!女性も活躍できる

未だに『男性が就く仕事』というイメージが根強いエンジニア。実際男性の方が多いのは事実ですし、平匡さんが務める会社もエンジニアは男性がメインのようです。ですがここ最近では、女性が働きやすい環境になるよう整備する企業が増えています。

24時間安定したネットワークを提供するためシフト制になることが多いインフラエンジニア。場合によっては夜勤が発生することもあります。ですが、UZUZがご紹介している企業の中には、「女性は日勤案件のみ」「小さい子どもがいる女性社員は夕方で勤務が終わる案件に配属する」など、女性に配慮した取り組みを行っている企業もあります。

『エンジニア=孤独』は間違い!チーム制で働くことが可能

インフラエンジニアは基本的にチーム制で仕事を行います。客先に常駐して働くことが多いのですが、自分一人だけではなく何人かのチームとなり客先に出向くので、協力して業務にあたることが必要不可欠です。(沼田さんは自社内勤務なので少し状況が違うかと思いますが)

「エンジニアは一人で黙々と仕事をする」というイメージを持っている方はいい意味で期待を裏切られるかもしれません。

未経験者でも安心な研修がある

インフラエンジニアの場合、入社前もしくは入社後に研修が用意されていることが多いです。企業によって期間は変わりますが、2週間〜1ヶ月、長いところでは約3ヶ月間みっちり研修を受けてから業務に入ることができます。未経験者を多く受け入れている仕事なので、その分きっちりした研修が用意されているのですね。

学ぶ意欲は必要ですが、IT業界が盛り上がりを見せ需要が高まっている昨今、売り手市場であるインフラエンジニアは「アツい」職種だと言えます。

UZUZでは、未経験からインフラエンジニアを目指す方のために研修型教育サービス『ウズウズカレッジ』を無料で提供しています。「文系の方」「インフラエンジニアがどんな仕事なのか詳しく知らない方」「ちょっと話を聞いてみたい方」「手に職をつけたいけれど何をやったらいいのか分からない方」等々、どんな方でも大歓迎です。

まずはウズウズカレッジに遊びに来てみてはいかがでしょうか?詳しい内容は以下をご覧ください!
『ウズウズカレッジ』

研修型サービスである『ウズウズカレッジ』の他にも、マンツーマンの個別サポートでインフラエンジニアを目指すことも可能です。どちらも登録・利用料金は全て無料ですので、自分に合った方を利用してみてください。

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Arisa Kusano

茨城県出身。元既卒。大学を卒業した後、縁あってUZUZに入社。キャリアカウンセラーを経て、現在は「UZUZ編集部」にてディレクター業務を担当。会社史上初の「どこでも社員」として、オウンドメディアの運営や外部ライターのディクレション、記事作成業務、取材業務と幅広い業務を担当。

相談する