就活体験談を読む

既卒あるある「やりたいことがない」を抱えた23歳女性がITエンジニアに内定!

Yuki Yanagida

既卒あるある「やりたいことがない」を抱えた23歳女性がITエンジニアに内定!

Tさんは有名大学を卒業後、既卒として就職活動を行っておりました。Tさんが就職活動していた期間は約3ヶ月!一体、どんな就職活動を行っていたのでしょうか?

既卒Tさんのプロフィール

shutterstock_174543110
Tさんは大学時代、漢字文化圏について学んでいたそうです。漢字文化とは中国や韓国、日本など指します。漢字を使う国でも文化や文明の違いがあり、その違いについて考察をすることを学んでいました。もともと日本史が好きで勉強していたTさんにとっては、とても身近に感じられるテーマだったので、かなり力を入れて勉強していたそうです。

また、勉強以外ではオーケストラ部に所属していました。何万人もの観客が入るホールでコンサートを行ったり、大学内でもかなり有名なサークルだったそうです。オーケストラ部ではホルンを担当しており、元々吹奏楽部に所属していたTさんはパートリーダーとして練習を引っ張っていました。

逃げてしまった新卒の就職活動

Tさんは新卒の時からやりたいことや進みたい道がなく、周りとの就職活動に対する温度差にモヤモヤしていたそうです。特にTさんの大学は有名大学だったため、周りが目指すのは一流企業や大手企業ばかり。次第に、友人たちのように高い目標を持っていない自分を恥ずかしく思うようになりました。

そんなこともあり、就職活動に力を入れていた友人とは距離を置くようになりました。そして、自分にとって居心地のいいサークルに通い詰めるようになってしまったそうです。

大学を卒業後既卒に…急に感じた焦り

そのまま就職活動をあまりせずに迎えた卒業式。やっと自分が「大学を卒業してしまった」という実感が湧いたそうです。サークルの後輩たちの就職先も徐々に決まり始め、後輩にも先を越されてしまった現状を見て焦りを感じるようになりました。

それからTさんはUZUZに来て就職活動を始めました。しかし、就活をほとんどしていなかったTさんは、どんな仕事なら自分にできるのか、そもそもどんな仕事があるのかも曖昧だったそうです。

そこで、チームとして動いていた経験を活かすことができ、努力次第でキャリアアップができるインフラエンジニアの話をたところ、Tさんはその方向で頑張っていく覚悟を決め、就職活動が始まりました。

その後はインターンなども通じて約3ヶ月後に内定を獲得!現在はインフラエンジニアとして新しいスタートを歩み始めています。必死にコツコツ頑張ったTさんならきっと活躍できます。新しい環境でも頑張ってくださいね。

Yuki Yanagida

上海生まれの日本育ち。元既卒。中国語を学ぶために国際教養学部に進学し、在学時には上海に1年間語学留学に行く。しかし、留学生活から現実に戻れずにそのまま卒業。現在は自身の既卒時代の就活経験を活かし、UZUZにてキャリアカウンセリングを担当。

相談する