16卒既卒者が悩んだ末出した結論は「エンジニア」への道でした。

16卒既卒者が悩んだ末出した結論は「エンジニア」への道でした。

内定者を獲得した16卒・既卒者のプロフィール

名前:T.Oさん
年齢:22歳
性別:男性
卒業年:2016年大学卒業
出身:神奈川県

16卒・既卒となった理由

shutterstock_427299637
警察官を目指し公務員試験の勉強などを中心に行っていたOさん。しかし、何となくの憧れで警察官を目指していたため合格をもらうことはできず、そのまま既卒になりました。既卒となってからも警察官になるべく公務員試験の勉強を継続して行いましたが、既卒となった後の最初に試験でも合格することはできませんでした。

そんなOさんが内定をもらうまでの経緯を記載できればと思います。

警察官?orITエンジニア?迷った末に下した決断は……

タイトルにもある通り、Oさんが見事内定を獲得したのはエンジニアです。ですが、すんなりエンジニアを目指した訳ではありませんでした。

今まで警察官一本でやってきたOさんですから、エンジニアという畑違いの職種での就業を考えた時、戸惑いは大きかったようでした。もともと弊社にお越し頂いた時には警察官は諦めようという思いはありながらも、自分にはどんな職種がいいのかわからない状況でした。

未経験・既卒の方のスタートラインはある程度は限られてきます。その中でOさんは当初「未経験だし営業かな?」と漠然と考えていたのですが、警察官をめざした時のように、また漠然とした気持ちで進路を決めていいのか悩んでいるようでした。そんなOさんの話を聞いていくと、アルバイトで回線の販売をしていたことがあり、ITやネットワークに興味があることが判明。

自分が将来活躍できるフィールドを考えた時に、IT業界でエンジニアとして働くことが良いという決断をされました。

既卒から内定を獲得するまで

Oさんは自分が納得するまで準備を行いたいタイプでしたので、実際に面接を受け始めたのはお会いをしてから2か月後でした。2か月後お会いした時にはエンジニアとしての勉強を始めていて、すでにエンジニアとしての最低限の知識を有している状態でした。

本当に努力家で真面目なOさんは、面接練習でわからないことがあるとすぐに質問をしてきたり、改善点をまとめる等、熱心に就活に取り組んでいました。その結果、紹介した全ての企業から内定を頂くことにも成功しました。

既卒担当カウンセラーより一言

Oさん、内定おめでとうございます!今回の結果はOさんの努力の賜物です!内定を獲得した企業からの評価も高く、Oさんが将来活躍する姿が目に浮かびます。社会人は大変なことが多いですが、努力の精神を忘れず頑張ってくださいね。応援しています。

Seigo Shirakawa
Seigo Shirakawa

埼玉出身の元第二新卒。いち早く成長できるという理由からヘッドハンティング兼コンサルティングを行うベンチャー企業に入社。起業を志し、ハードな環境下で3年間猛烈に働く。知識や経験を積むためにUZUZに入社し、現在は営業兼キャリアカウンセラーとして第二新卒・既卒の方の就活を支援。