院卒の25歳既卒でもUZUZカレッジで未経験から内定取得!

院卒の25歳既卒でもUZUZカレッジで未経験から内定取得!

内定者プロフィール

shutterstock_392429602
名前:Y.Hさん
年齢:25歳
性別:男性
卒業年:2016年大学卒業
出身:鹿児島県

ご経歴と既卒になった理由

文学に興味があったHさんは鹿児島の大学を卒業後、有名な教授がいる学校で学びたいという思いの元、特別学生という形で1年間勉強を続けていました。その教授が別の大学院に異動することになり、Hさんもその教授のいる大学院への進学を決めたそうです。

既卒になってしまったのは、卒業論文が忙しく就職活動ができなかったことと、文学のことは学べたけれどそれを仕事にしようとは考えられず、自分は何の仕事が向いているか悩んでいるうちに既卒になってしまったこと、これが原因でした。

そんなHさんの内定までの道のりをお伝えできればと思います。

面談時の印象

最初にお会いした時、Hさんはすでにエンジニアという仕事に興味を持っている状態でした。ご自身で仕事について調べた結果、間口が広く未経験からでも働きやすいのがエンジニアだと知り、自分でも挑戦できるかもしれないと思ったそうです。

エンジニアの仕事内容やキャリアパスなどを詳細にお話ししたところ、Hさんはさらに興味を持っているようでしたが、ご自身の年齢などをすごく気にされていて、未経験でも本当に就職ができるかとても不安を感じていました。

ですので、「UZUZカレッジエンジニアコース」という無料の研修カレッジをご紹介し、そちらに参加頂くことになりました。

このカレッジは、就業経験がない方、短期で退職された方が多く参加している研修スクールです。社会人として知っておくべき基礎知識講座(パソコン知識・マナー等)や、個別の面接対策などをみっちり行っています。また、既卒・第二新卒の就活は孤独になりがちですが、常に仲間と協力しあって臨むことができます。

エンジニアコース参加

面談の翌週からエンジニアコースに参加されたHさんは、初日からたくさん質問をするなど積極的に取り組み、同時期にカレッジに入校された方の中のリーダーを任されることにもなりました。毎朝早く来て勉強し、夜は一番遅くまで残り自主学習。分からないところは即座に質問したりするなど、就職するための努力を惜しまない方でした。

自分の思っていること、考えていることを表現するのが苦手なHさんでしたので面接ではなかなかうまく話すことができなかったのですが、持ち前の努力を惜しまない姿勢が評価され、見事この度の内定となりました。

Hさんへ一言

不安はたくさんあると思いますが、カレッジでの行動を忘れずにいれば、必ずいろんな技術やスキルを身につけて活躍できると思います。

社会人としての新たなスタート、是非かんばってくださいね!

Seigo Shirakawa
Seigo Shirakawa

埼玉出身の元第二新卒。いち早く成長できるという理由からヘッドハンティング兼コンサルティングを行うベンチャー企業に入社。起業を志し、ハードな環境下で3年間猛烈に働く。知識や経験を積むためにUZUZに入社し、現在は営業兼キャリアカウンセラーとして第二新卒・既卒の方の就活を支援。