既卒・フリーターのお悩み相談所

契約社員から正社員になれる可能性はどのくらいあるの?

Hisashi Ura

契約社員から正社員になれる可能性はどのくらいあるの?

一定の雇用期間が定められている契約社員。働いている側はいつ契約が終了するかわかりません。契約期間が近づいてくるとハラハラ、ドキドキという不安の中で仕事をしている人もいると思います。

そんな不安定な状況から脱却するためにも正社員になりたいと思う人も多いでしょう。では、契約社員として働いている人が正社員になれる可能性はどのくらいあるのでしょうか?

契約社員の特徴

shutterstock_412207066
雇用の期限が定められているのが契約社員の特徴。その期間が終われば退職するというケースもありますし、再契約を行い同じように働き続けるということもあります。

会社側と本人に異存が無ければ自動更新で契約していくというようなところもあり、そうなると正社員とあまり変わらない感じがします。しかし、労働条件の様々なレベルで正社員とは差がつけられているケースが目につきます。

もちろん、正社員のほうがいろんな面で雇用条件が良く、将来的にも身分が保証されていると言えます。常に契約終了の可能性がある契約社員とは雲泥の差と言えるでしょう。

実際契約社員から正社員になれる可能性は?

shutterstock_354117521
こうした不安定な雇用形態、雇用条件の悪さなどから正社員への登用を希望するのは当然のことかもしれません。現に契約社員から正社員になったという人もたくさんいると思います。

では契約社員は、望めば正社員になれる可能性はあるのでしょうか?これは、それぞれの会社ごとに違うため、一概には何とも言えません。最初に正社員になるのが難しいケースを、次に正社員へのコースが存在しているケースについて述べてみます。

例えば、正社員は新卒採用のみとか、本社採用のみなどと会社の規定で決まっている場合があります。その場合、契約社員からのステップアップで正社員になることは難しいと言えるでしょう。

仕事面でそれなりの成果を出すことが求められると思いますが、それ以外に年齢や学歴面で正社員になれないこともあるかもしれません。こうした社内の規定がネックとなり、優秀な人であっても契約社員から正社員にはなれないこともあります。

一方、半年後や1年後には正社員になれるという前提になっている契約社員制度もあります。この場合は、契約社員の期間は試用期間という位置づけになるでしょう。

また、一定の成果を上げた人を積極的に正社員に登用している企業も多くあります。これらの企業は契約社員から正社員へというコースが社内に設定されているのです。

契約社員として働く、あるいは働いている企業で正社員になれるかどうかは過去にそうした正社員採用がどれぐらいあったかを見るのが一番手っ取り早い方法です。そうやって見ていけば、その企業において契約社員からの登用というスタイルが制度化されているかどうかがわかります。

そうした制度がなく、過去に正社員登用された人がいなかったとしても、余程優秀であれば、最初の正社員登用例となれることもあるかもしれませんが、相当厳しいと考えて間違いないでしょう。

契約社員から正社員になれる人の特徴

shutterstock_367225823
上記のように契約社員から正社員になれるかどうかは、本人の能力だけではなく社内にそうした制度があるかどうかが一番のポイントになります。

ただし、そうした制度があれば、必ずしも正社員になれるかというとそうではありません。では、契約社員から正社員になれる人はどんな特徴があるのでしょうか?

基本的には年数が経てば正社員になれるというケースを除き、一定のレベルの人しか正社員に抜擢されないときには、仕事面で同じ契約社員よりも頭一つ飛び出している必要があります。それを誰もが認めるぐらいの能力、頑張りを示さないといけません。

能力に差が無いのに特定の人を抜擢すると他の契約社員から不満が出るでしょう。逆に能力・実績が評価されての抜擢であれば、「次は自分が…」と別の契約社員の奮起につながる可能性も高くなります。そうすれば社内のモチベーションが全体として向上します。

では、だれもが認める能力としてはどんなものがあるでしょうか?営業であれば売り上げ、成約件数が数字で出てくるのでわかりやすいと言えます。しかし、それ以外の業務は数字で表せないことも多いと思います。

その場合、やはりコミュニケーション能力が高いほうが評価は高まるでしょう。また、一見派手さはなくても地道にコツコツと頑張ってきた人を評価することもあります。誰が見ても、あの人なら正社員に抜擢される価値があると思われることが重要です。

契約社員として働き続けるかどうか悩んでいる人へ

shutterstock_204827800
契約社員として、現在、働いている人で正社員になりたいと思っている方もいるでしょう。その場合、このまま契約社員として働き続けることに悩んでいるかもしれません。

もし、正社員になりたいのであれば、社内の状況を見渡してください。そうすれば、契約社員から正社員になれる制度が存在しているかどうかわかると思います。

そうした制度があるなら、どうすれば自分が正社員になれるかじっくりと考えてみてください。今までと同じように働いていれば、いずれは正社員になれるのか、それとも自分自身が変化しないと難しいのか?変化が必要なら、どう自分を変えるべきなのかも考えましょう。

他の人よりも頑張りが足りないと自覚するのであれば、仕事に対する積極性をより高めることも必要でしょう。

もし、正社員登用という制度が無いのであれば、契約終了後いつ首を切られるかわかりません。そんな中で契約社員のまま働き続けるのは人生において大きなリスクとなります。

自分の人生は自分で切り開かないといけません。思い切って正社員になるための転職活動を始めても良いでしょう。

まとめ

ここでは契約社員から正社員になれる可能性について考えてきました。認められて正社員になるにしろ、転職して正社員を目指すにしろ、今以上に頑張って実力をつけていく必要があります。

仕事ができ、誰もが認めるようになれば、自然と正社員への道は開けてくるものです。そのためには仕事に対して、ポジティブに取り組んでいく姿勢を忘れずにいましょう。

Hisashi Ura

広くビジネス系のライターとして活動しています。ハローワーク勤務経験を生かし、広く就職活動に役立つノウハウを提供できればと考えています。

相談する