未経験既卒者が難関のWEBマーケティング担当で内定獲得!

未経験既卒者が難関のWEBマーケティング担当で内定獲得!

16卒の既卒者が未経験からWEBマーケティング担当者として内定を獲得しました!未経験で、且つ就業経験のない方がWEBマーケティングのポジションで内定を頂くことは非常に珍しいです。どのようにして難関職種のマーケティング職で内定を勝ち取ったかをご説明いたします。

コンサル会社で内定を獲得した新卒での就活

Wさん(23才・女性)は新卒の就職活動では、地元東北を活性化させる仕事がしたい、自分自身がより早く成長していける環境で働きたい、という2つの軸を持って就職活動を行っておりました。その結果、東北に根ざした企業のコンサルティングを行う会社で内定を獲得し、入社を決めました。

内定辞退をして既卒になった理由

shutterstock_158522150
内定獲得後は内定先のコンサル会社にて、ほぼフルタイムの内定者インターンに参加して、アシスタントとして勤務しておりました。

業務としては、クライアントへの調査レポートの作成や資料に必要な情報の収集・分析などを担当しており、業務内容としては非常に面白みを持って取り組まれていました。しかし一方で、働いていくうちに入社することに不安を覚えるようになりました。

内定先の会社の離職率は3年間で80%を超えるような環境だったのです。

コンサル会社のため、ハードワークな環境で泊まりこみで仕事をする人も多く、長く働ける環境ではないと退職する方が非常に多い状態でした。「このままここに就職するか。それともリスクをとって既卒となってもう一度就職するか」と悩んだ結果、しっかりと腰を据えて力をつけていきたいと考えていたWさんは内定を辞退する決断をしました。

既卒としての就職活動

shutterstock_387274792
既卒になったWさんですが、新卒の時とは違い、東京に就職活動の場を広げて行っておりました。理由としては地元に貢献する、という目標は自分が力を身に付ければ将来的に実現することはできるので、まずは一番会社や人が集まっている東京で働くことを決意しました。

また、方向性としてはWEBマーケティングや人材業界の2つに絞って行っておりました。マーケティグのスキルは商材や場所が変わっても活かせるという点と、多くの問題は「人」に関するものなので、そういった問題を解決できるようなスキルを身に着けたい、といった理由でした。

職歴なし・既卒からWEBマーケティング職で内定獲得

マーケティング職というと、多くの方は「なんとなくカッコいい」「キラキラした仕事」というイメージを持っている方が多いですが、実際は全然違います。私はUZUZのWEBマーケティングを担当しているのですが、日々行う業務は数字とにらめっこして、地道な改善を繰り返す本当に地味〜〜〜〜〜〜〜な仕事です。また、成果を出すためには勉強が必須な仕事です。

また、未経験から目指すには非常に難易度が高い仕事です。地頭や論理的思考、地味な作業を継続できる忍耐力、PDCAを高速で回す能力などが求められるためです。

そんな難関な求人に対してWさんは独学で勉強を進め、業務理解を深めることで無事選考を通過し、最終選考まで駒を進める事ができました。

しかし、最終選考の結果は「保留」でした。理由としては「ポテンシャルは感じるがまだまだ未知数で採用してパフォーマンスを上げるかはわからない、課題を出すので、その取り組み次第で内定を出します」といった内容でした。

その課題は選考を受けていた会社の「新規事業の売上を3年で5億に増やすための事業計画を作成する」といった内容でした。就業経験のないWさんにとって非常に難易度の高い課題でしたが、書籍を読み漁り、ビジネスモデルを組み立てて、売上を高めるロジックを組み上げる作業を毎晩遅くまで取り組みました。

その結果無事内定を獲得し、未経験からWEBマーケティング職として内定を獲得する事ができました!

Wさんおめでとうございます!!!

Hiroki Okamoto

株式会社UZUZ取締役副社長。元第二新卒。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。卒業後はベンチャー企業に入社し1年間勤務。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく今村とともにUZUZを設立する。