既卒の採用市場

目指せ正社員!フリーターの上手な転職エージェント利用方法

Takahiro Sasahara

目指せ正社員!フリーターの上手な転職エージェント利用方法

フリーターが正社員になる方法はいくつかありますが、その1つに「転職エージェントを使う」という手段があります。ここでは転職エージェントの使い方を説明していきましょう。

選択肢が広げれば可能性も広がりますので、少しでも早く正社員になれるように頑張っていきましょう。

フリーターでも転職エージェントを使える?

shutterstock_366899399
「転職エージェント」には「転職」という言葉が入っているため、どうしても「正社員から正社員への転職」を連想してしまいがちですが、実際はフリーターでも使えます。

むしろフリーターやニートに特化したエージェントもあるくらいです。あなたの就職を応援してくれるサイトはたくさんありますので、どんどん利用すると良いでしょう。

フリーターとしてのエージェントの利用方法

shutterstock_439214011
では、フリーターとしてのエージェントの利用方法を紹介しましょう。

フリーター専門に扱っているエージェントが好ましい

通常の転職を主に扱っているエージェントにも、フリーターが登録することは可能です。しかし、やはり専門的にフリーターやニートを支援しているエージェントの方が好ましいですね。社会経験がないことから生まれるデメリットからサポートしてくれますので、より頼れるからです。

具体的には履歴書の書き方や面接の受け方まで指導してくれるエージェントもあります。このような就職活動の第一歩の部分は、通常のエージェントでは扱っていないことも多いので、まずはフリーターやニートの就職に特化したエージェントを選ぶと良いでしょう。

素直であることが一番

いざ就職活動を始めようとすると「就職に関して何も知らない」ことに気付かされる人も多いでしょう。しかし「何も知らない」ことを隠してしまうと、エージェント側も困ってしまいます。

素直にわからないことをわからないと伝える勇気を持つと良いです。そうすれば、あなたに合ったところから就職活動の支援をしてくれます。背伸びをする必要はありませんよ。

転職エージェントに関する疑問、解決します!

shutterstock_313786025
何故このようなサービスがあるのか、本当に自分の味方なのかと、転職エージェントに関して疑問を抱いている人もいるかもしれません。安心してエージェントを利用するために、よくある疑問をいくつか説明していきます。

どうして転職エージェントは無料で使えるの?

「入会金がかかったり就職が決まった時にお金が必要なのでは」と考えている人もいるかもしれませんが、基本的に転職エージェントの使用は完全無料です。

転職エージェントがビジネスとして成り立っているのは、企業側にお金をもらっているからです。募集広告の掲載料をもらうパターンと、就職が決った時に成約料が発生するパターンがありますが、いずれにしても企業がエージェントに料金を払います。

このようなシステムなので、エージェントを利用する人にはお金がかかりません。

また親身になって相談に乗ってくれるのも同じ理由です。エージェント経由であなたの就職が決まれば、あなたは正社員になれますしエージェントにはお金が入ります。目的が一緒なのですから、彼らとは一蓮托生です。なので、安心して利用できます。

非公開求人とは?

転職エージェントには大きく分けて2種類の求人情報があります。「公開求人」と「非公開求人」です。そして多くが非公開求人の部類になります。

非公開求人とは、会社名など肝心な部分が隠されている求人のことを指します。おおまかな仕事内容と待遇などだけが公開されており、肝の部分は会員にのみ知らされます。

一方、公開求人とは全てが明るみになっている求人です。そのため応募する側は公開求人の方が安心して応募できるかもしれません。

しかし、エージェントに登録されている求人情報の大半は非公開求人ですので、やはり会員になる必要性が出てきます。

非公開求人はどうして「非公開」なの?

当然「何故、非公開にするの?」と疑問が浮かぶ人は多いでしょう。「応募者に知られたくない隠し事があるのでは?」と怪しんでしまう人もいるかもしれませんね。

しかし、非公開であるのはきちんとした理由があります。それはエージェントを挟まないで勝手に応募してしまう人を防ぐためです。「この企業が募集をしている」と知れば、エージェントを挟まずとも応募することが可能になってしまいます。

もしも、勝手に応募した人を企業が気に入ればエージェントには本来入るべきはずだった成約料が入りません。するとエージェントとしてはビジネスにならないのです。つまり自分達の利益を確保するために非公開求人としています。何も裏があるわけではないので、心配する必要はありません。

応募者の立場では、エージェントを挟んでも自分で勝手に応募をしても企業からの待遇は何も変わりません。エージェント経由で応募をしても損をすることは何もないのですから、素直にエージェントのサポートを受けて応募した方が良いです。

ここに注意!転職エージェントの使い方

shutterstock_387613528
最後に転職エージェントを使う時の注意点をお伝えします。

登録しただけでは何も決まらない

転職エージェントに登録することは、就職活動の第一歩であるのは間違いありません。しかし「登録しただけで就職した気になってしまう人も多い」と聞きます。登録した時点ではモチベーションが高まっているはずですから、そのモチベーションを保ちながら活動を続けていくことが何よりも大切です。

相性の合う担当を見つけよう!

転職エージェントはたくさんあります。そのため最初に登録したエージェントが「何か合わないな」と感じたのならば、他の転職エージェントにも登録してみましょう。

とくに担当者との相性は大事です。あなたをよく理解してくれる担当者に出会うまでは、いくつかのエージェントを渡り歩いても良いかもしれません。気が合わない人の話はなかなか素直に聞けないものです。人間同士に相性はどうしてもありますので、妥協せずに良き担当を探していきましょう。

まとめ:上手に利用すれば内定が必ず近づく

shutterstock_250958242
転職エージェントはボランティアではなく、れっきとしたビジネスです。あなたと担当者でタッグを組み、共通の目的である「就職」に向かいます。お互いの利害が一致しているのですから、上手に使えばここまで頼れるパートナーはなかなかいません。あなたが正社員になれるように丁寧に指導をしてくれますので、積極的に頼ると良いでしょう。

転職エージェントでは、通常では見つけることが困難な大手企業の募集を扱っていることも多いです。もちろん非公開求人であることがほとんどですので、まずはエージェントに登録をしてどのような求人があるのか見てみることをお勧めします。

手前味噌になってしまいますが、UZUZでもフリーターやニートの方に向けた就職支援を行っています。「就活未経験だから不安」という方でも安心してサポートを受けられますので、正社員として就業を目指す方はこの機会に登録してみはいかがでしょうか?

また、現在4週間で正社員になれる「UZUZカレッジ」という就活スクールも開校しています。弊社カウンセラーが徹底サポートするのはもちろん、フリーターの方も多数参加していますので、興味のある方は是非こちらのUZUZカレッジ紹介サイトをご覧ください。

Takahiro Sasahara
Takahiro Sasahara

ビジネスライターとして各業界の表裏をより多くの人に届けるために活動中。フリーランスとして働いていることからも仕事関連の記事執筆に定評がある。

相談する