既卒の採用市場

正社員になりたい!フリーター特化のおすすめ就職サイト5選

Takahiro Sasahara

正社員になりたい!フリーター特化のおすすめ就職サイト5選

フリーターが正社員になろうとした時、就職の仕方は何通りもあります。しかし、その中でももっとも現実的な就活方法はサイト経由でしょう。就職サイトを利用して脱フリーターできた先輩方はたくさんいます。

現在フリーターで正社員になりたい人に向けて「フリーターにこそ利用して欲しい就職サイト」を厳選して紹介しましょう。

フリーターから正社員を目指すために

shutterstock_393185326

まず、正社員を目指す前に、就職活動をする時の心構えを身につけましょう。最初に大きな覚悟を持って取り組むことが、なによりも大切です。

ある程度の期間と苦労は覚悟しておくべき

フリーターに寛容な企業が増えてきたとはいえ、やはり正社員になるのは大変です。1つ2つの企業面接を受けて、すぐに正社員になれることは稀でしょう。ある程度は就職活動が長引くことを、初めから覚悟しておくべきです。

この覚悟が最初にないと、複数の企業から不採用にされてしまった時点で気持ちが萎えてしまうこともあります。内定がもらえなくても正社員になるのを諦めない気持ち……これこそがもっとも必要なことです。

「とりあえず試す」フットワークの軽さ

就職のために利用できるツールは世の中にたくさんあります。少しでも気になるものは、どんどん試すようにしていきましょう。もちろん結果が出やすいツールも出にくいツールもあります。また、相性もあるでしょう。

どのツールが一番合っているのかは、実際に試してみないとわからないことも多いです。そのためフットワークを軽くして、どんどん試すことをお勧めします。幸い、就職関連のツールは利用者に料金がかかるものがほとんどありません。

「自分に合うかどうかわからないから止めておく」ではなく、「自分に合うかどうかわからないから試してみる」という姿勢が大切ですね。

フリーターを相手にしないサイトには執着しない

就職支援サイトの中にも、フリーターを相手にしてくれないところはあります。そのようなサイトに時間や手間をかけるのはもったいないです。フリーター歓迎のサイトも数多くあるのですから、歓迎されないサイトはスパっと忘れるべきですね。

フリーターを応援してくれる厳選サイト5つ

shutterstock_432734524

それではどのようなサイトが力になってくれるのでしょうか。脱フリーターをした先輩方から評判の良かったサイトを厳選して5つ紹介します。

はたらいく

リクナビが運営している転職支援サービスですが、未経験者可の求人が豊富なのが特徴です。働きたい都道府県から仕事を選べますので、住居付近にどのような仕事があるのかすぐに確認できます。

また他のサイトには掲載されない求人情報も数多く載っていますので、定期的にチェックしたいサイトです。

JAIC営業カレッジ

既卒フリーターや第二新卒を専門的に扱う就職支援サービスです。最大の売りは書類選考なしで面接が受けられることでしょう。20社同時に面接を受けることもできますので、就職活動に時間をかけたくない人にはとくにお勧めしたいサービスです。

広告業界やメーカーも多数参加しています。これらの業界に興味がある人も多いのではないでしょうか。

いい就職.com

社員募集を掲載すると共に、その企業に入社するためのアドバイスも受けられる支援サイトです。東京・名古屋・大阪・沖縄と全国4つの支店がありますので、お近くの方は是非、直接足を運んでみると良いでしょう。アドバイザーと直接会うことで、就職への気持ちもより高まるはずです。

女子カレッジ

20代女性で既卒フリーターというかなりターゲットを絞った就職支援サービスです。ターゲットが絞られている分、企業側とのマッチングもしやすく就職が決まる確率も高いです。利用者の80%以上が正社員になっている実績は心強いですね。

UZUZ

我がUZUZでは、既卒と第二新卒に特化したキャリアサポートを行っています。まったく正社員の経験がない人達でも20時間のキャリアサポートがありますので、是非ご利用ください。

履歴書の書き方や面接の仕方はもちろん、自分にどのような仕事が向いているのかわからない人も気軽に相談できますので「就職はしたいけれど何から始めて良いのかわからない」という人でも安心してくださいね。

転職サイト以外の就職方法

shutterstock_225874186

正社員になる手段はもちろん就職支援サービスだけではありません。他の有効な手段も紹介します。

コネクションを頼る

「コネ入社」と聞くとあまり良い印象を持たない人が多いかもしれません。しかし、正社員になれる確率が高いのも事実です。人づての紹介であったり、SNSを通じて人材募集をしていることもあります。

コネ入社と考えるのではなく「縁があった」と考えれば抵抗も少なくなるでしょう。家族はもちろん友人や知人に「職を探している」と告げれば、意外と紹介してもらえるかもしれませんよ。

どのような募集ならフリーターでも採用される?

shutterstock_302764841

最後にどのような募集要項ならば、フリーターでも採用されやすいのか説明します。

既卒・フリーター専門の支援サイト

就職支援サービスの中には既卒やフリーターを専門的に扱っているサービスもあります。それらのサービスに登録している企業は、元々既卒やフリーターに理解がある企業です。あらかじめそれがわかっているので、安心して応募ができますね。

「未経験者歓迎」の文字に注目!

募集要項に「未経験者歓迎」のフレーズがあれば、既卒やフリーターにもチャンスがあります。ただし未経験者歓迎とあっても「経験者優遇」と同時に書かれている時は注意が必要です。

この場合、企業が本当に欲しい人材は経験者であることが多いので、既卒やフリーターが採用される可能性はあまり高くありません。

まとめ:既卒フリーターに特化したサイトの利用を!

shutterstock_407177209

フリーターが正社員を目指す際に、もっとも大事なのはモチベーションを保つことです。通常の支援サイトでは、どうしてもフリーターには不利な募集が多いためモチベーションが保ちにくいのです。

ですから、既卒やフリーターを専門的に支援しているサイトを主に利用することをお勧めします。

また支援サイトは1つに絞らず複数を試してみてください。全ての企業の募集要項を把握している支援サービスは1つもありません。なるべく多くの企業からの募集要項を目にすることも大切ですので、広い視野で就職を考えていきましょう。そうすれば、より良い条件で正社員になれる可能性が高まります。

Takahiro Sasahara
Takahiro Sasahara

ビジネスライターとして各業界の表裏をより多くの人に届けるために活動中。フリーランスとして働いていることからも仕事関連の記事執筆に定評がある。

相談する