既卒・フリーターのための業界解説

「広告業界で働きたい!」既卒でも「広告」業界に就職できる?

Hisashi Ura

「広告業界で働きたい!」既卒でも「広告」業界に就職できる?

いろんな業界がある中でも人気業界の1つである広告業界。特に大手広告会社は新卒者にとっても大人気です。しかし、広告業界で働きたいと思っているのは新卒者だけではないでしょう。既卒者の中にも「広告業界で働きたい」という思いを持っている人はいると思います。

では既卒の場合、広告業界で働くことは可能なのでしょうか?ここでは既卒でも広告業界に就職できるのか考えてみたいと思います。

なぜ広告業界は人気なのか?

shutterstock_182116028

さて、業界はたくさんありますが、その中でも広告業界は人気があることで知られています。多くの業界を横断して存在感を示しているのが広告業界。クライアントである各企業の問題を広告という媒体を使って解決へと導いていく、やりがいのある仕事です。

広告業界の特徴は、クライアントとクリエイターとの接点にあるため、多くの関係者との付き合いが必要になることです。そうした、ある意味、派手さを持つ業界はそれほど多くはありません。また、マスコミや芸能界とも接点があり、華やかなイメージがあります。そこが広告業界の魅力と言えるでしょう。

ですが、それ以前に大手広告代理店に伴っている「カッコいい」イメージが存在しているのは事実です。実際、「大手広告代理店の社員が参加する合コンは女性に引っ張りだこ」…なんて話も聞きます。

既卒で広告業界に就職することは可能?

shutterstock_390194944

では、そんな人気のある広告業界。そこに既卒で就職することは可能なのでしょうか?ズバリ言ってしまうと、かなり難しいのが現状です。特に大手広告代理店の採用市場は、レベルの高い学歴を持つ新卒者の独壇場。それを差し置いて既卒が採用されるのはかなり困難だと言えるでしょう。

大手ではなく中堅の広告代理店でも同様で、既卒はかなり苦戦すると思います。そもそも既卒は対象外としているところもあるでしょうから、応募出来ないケースもあるかもしれません。

実務経験が無いという意味では、企業から見ると既卒も新卒も同じです。しかし、採用担当者の中には「既卒者=就活に失敗した人」という見方をしているもいるため、敢えて既卒を取る意味はあまり見当たりません。

では、既卒が広告業界に就職することは100%不可能なのでしょうか?いいえ、頑張れば不可能ではありません。為せば成るの精神で活動してみましょう。そのためには、新卒市場とはぶつからないような戦略を取るべきです。

例えば、大手以外の中小の広告会社を狙うというのも一つの方法です。ベンチャー企業のような、これから伸びそうな企業に入って頑張ってみる方法も良いでしょう。

また、経験を積むことを重視して、正社員にこだわらないという戦略もあります。契約社員などで採用されるのであれば、ある程度、そこで経験を積んで実力をつけたところで転職を考えるということです。

既卒でも広告業界に入社できる人の特徴

shutterstock_409299109

実際、既卒の中にも広告業界に入社した人はいます。もし、本当に広告業界に入りたいのであれば行動する前に諦めるのではなく、成功者の行動を参考にしてみると良いでしょう。

既卒から就職に成功した人にはどんな特徴があるのでしょうか?ここでは、その特徴について具体例をあげながら検討してみたいと思います。

既卒から広告業界への入社を果たしたSさんの成功例

既卒の就活体験談Vol.17|13年卒の既卒から広告代理店で内定獲得

このSさんの成功例からわかるのは、CAという夢が破れても、落ち込まずに気持ちを切り替えて懸命に頑張れば成功につながるということです。

元々、笑顔を絶やさない好かれキャラだったということですが、ポジティブさが勝因だったと言えます。

また狙いを大手のH社やD社ではなく、レベルの高い仕事をしている小規模の事業所にしたという点も見逃せません。名を捨て実を取るという戦略だと言えます。

小さな事業所だといろんな仕事を一人でこなさなければいけません。そのため、頑張れば実力が発揮できる世界なのです。

同じように就活に失敗し、既卒になってしまった人も多いでしょうが、Sさんを見習って前向きに活動をするべきだと思います。いつまでも大手会社のブランド名に憧れて、無理な就活を続けていても意味がありません。

今、自分ができる最適な方法を見つけ、それを実行していくことが大切なのです。

職歴なしから広告代理店への転職を考えている女性の例

もう一つ、今度は既卒で広告業界で働きたいと考えている人の例がありますので、こちらを見てみましょう。

既卒・フリーターのお悩み相談所|既卒(職歴なし)という状況で広告業界を志望していていいのか?

先ほどのSさんとは対照的に、在学中はあまり就活を行ってこなかった女性の相談です。こちらの記事のアンサーに書かれている通り、やはり大手や中堅ではなく、ベンチャーなど入れる可能性のある企業への就活を勧めている点が印象的です。

既卒で就職が決まらないという状態はいたずらに無職期間が延びるだけで、ますます不利になります。ですから、このアドバイスにある通り、自分の理想を追求する期間を決め、それを超えるようなら方向転換をして、まず社会人になることを優先させた方がいいかもしれません。

ズルズルと無職期間が延び、そのまま無職、ニート、フリーターにならないようにするためには、こうした折り合いをつけることも必要になるでしょう。

まとめ

shutterstock_186067877

「既卒でも広告業界で働きたい」

そう考えている方にとって、参考になったのではないでしょうか?

新卒者の就職先ランキングの常連でもある大手広告代理店に入りたいという気持ちはよくわかります。しかし、就職をするというのは、ブランドもののバッグを買うのとは訳が違います。

働くというのは生活の糧である収入を得る活動ですが、同時に仕事を通じて、自己実現をするとともに、社会に貢献することです。そうした仕事の意味を今一度じっくりと考えてみれば、既卒から就活をする場合、ブランド志向に踊らされずに地に足のついた就活を行うことが重要だと理解できるはずです。

広告業界で自分の力を発揮したいのであれば、ベンチャー、中小を含めて考えていくことも大事です。理想と現実の中で、理想を追いすぎて取り返しのつかない状態になることは避けたいですよね。

的確な就職先を見つけることで自分のキャリアを積み上げていくことを考えましょう。

Hisashi Ura

広くビジネス系のライターとして活動しています。ハローワーク勤務経験を生かし、広く就職活動に役立つノウハウを提供できればと考えています。

相談する