既卒未経験が10万人規模の大手外資系企業に経理職で内定!

既卒未経験が10万人規模の大手外資系企業に経理職で内定!

職歴なしの既卒者の方が外資系企業で未経験経理職として内定を獲得しました!未経験者が経理職として就職することは非常に難易度が高いです。こちらの記事「未経験から経理職に就職するには~経理職についてPart2~」にその理由がまとめられていますので、是非ご覧ください。

それでは、今回内定者の方がどのようにして未経験経理の”壁”を乗り越えたのか、ご紹介いたします。

海外大を卒業後に公認会計士を受験

Nさん(24歳・女性)は高校を卒業後にオーストラリアの大学に進学しました。大学で会計分野を学んだ面白さから、より専門性を高めたいと感じ、大学卒業後は公認会計士を目指して日々10時間以上の勉強に取り組んでおりました。1年間という期限を定め全力で取り組んだのですが、残念ながら合格には至らずに就職活動をスタートしました。

既卒としての就職活動

shutterstock_96365069

Nさんの就職活動の軸は、「今まで勉強してきた会計の知識を伸ばしていける経理職」というものでした。既卒者の就職活動において、経理職は非常に難易度が高く、就活が長期化してしまうことが多いです。そのリスクをNさんにもお伝えした上で、まずは経理職を目指して就職活動を進めていくこととなりました。

上記にも記載したように、Nさんは新卒時公認会計士を目指していました。そのため就活を行ったことがなく、全てがゼロからのスタートとなりました。ですので、まずは就活の基礎を学ぶためにNさんには様々な課題を出しました。その1つ1つの課題に対して非常に丁寧且つ迅速に取り組んでくれたNさんは、メキメキ就活力を伸ばしていきました。

そんなNさんが選考を受けた企業は3社です。

1社は税理士向けのクラウド会計システムを提供しているベンチャー企業で、二桁億円の資金調達に成功している会社です。2社目は上場を目指しているWEBマーケティング支援の会社、3社目は食品業界の外資系企業で、グローバル全体で10万人以上の規模の会社になります。

元々会計分野の勉強をしていたというバックグラウンドと持ち前の人柄の良さで、難関企業の選考をどんどん通過していきました。

そんなNさんが最終的に入社を決めたのが、西洋フードコンパスという会社の経理職でした。入社の決めてとなった点は主に以下の3点です。

  • 大規模な会社だからこそ、経理としてのキャリアアップの幅が非常に広い
  • グローバルに活躍できるチャンスが多くあり、海外大を卒業したバックグラウンドを活かすことができる
  • 面接を通じて未経験者を育てて、若いうちに経験を積ませてくれる文化があると感じた

UZUZからの入社実績も豊富な企業様なので、Nさんのイメージしているキャリアが積める環境だと私も感じています。「非常に良い就職活動ができた」と言って頂けたことが一番うれしかったですね。

Nさんなら会計のプロフェッショナルとして活躍できると信じています!社会人として新たなスタートを切りますが、新しい環境でも頑張って下さいね!

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Hiroki Okamoto

株式会社UZUZ取締役副社長。元第二新卒。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。卒業後はベンチャー企業に入社し1年間勤務。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく今村とともにUZUZを設立する。