既卒・フリーターのための職種解説既卒就活に役立つ資格

既卒から事務職に就職できる?内定に必要な知識と資格とは

Takahiro Sasahara

既卒から事務職に就職できる?内定に必要な知識と資格とは

事務職への就職を希望している既卒の方も多いでしょう。事務職は業界を問わず、多くの男女に人気があるので、競争率は決して低くはありません。そのため既卒から事務職を目指すためには、ポイントを抑える必要があります。

事務職にはいくつかの種類があり、業務内容も異なります。どのような事務職があり、どのような対策を立てれば就職が近づくのかをここで紹介していきますので、是非参考にしてくださいね。

事務職の種類

shutterstock_339994325

それではまず、事務職の種類から説明していきましょう。

一般事務

企業全体のサポート役と考えるとわかりやすい職種です。「電話やメール、来客への対応」「書類やデータの作成」……主な仕事はこの2つです。

お客様と直接対応することもありますので、電話や対面時のマナーも求められます。また、縁の下の力持ちのようなポジションになることが多く、なかなか脚光を浴びない職種ですが、有能な事務員がいると企業や部署全体の成果が上がりやすくなることが多いです。

人が頑張れるような体制を作る仕事なので、やりがいを感じる人も多いのではないでしょうか。

経理・財務・会計

主に金銭について扱う職です。伝票の整理や書類作成を行い、日常的な出入金の管理を行います。簿記を扱うことも多いので、これらの職種を目指す場合は簿記検定を持っていると就職に有利になることが多いようです。

総務・法務

オフィスやビル全体の備品や機器を管理する仕事です。福利厚生や社内イベントを企画することも多く、幅広い仕事が求められます。

社員へのコンプライアンス教育、トラブルの解決を扱うこともあります。とくにコンプライアンス教育に力を入れている企業は増えましたね。

総務を扱った『総務部総務課山口六平太』という漫画があるので、総務に興味がある人は実際に読んでみると良いかもしれません。あくまでフィクションですが、総務の仕事がわかりやすく描かれています。

営業事務

聞き慣れない言葉かもしれませんが「営業事務」という事務職もあります。主に外回りの営業職をサポートする役割です。具体的には、営業のための資料作りや商品の受発注などを担当します。一人で何人もの営業マンをサポートすることもあり、なかなか大変ですがその分頼られることも多くやりがいのある仕事です。

既卒からの事務職に求められるもの

shutterstock_334921481 (1)

続いては事務職に求められるものを紹介します。面接の際に上手に自己PRに盛り込むと、内定が近づく可能性が高まるので、どのような要素が求められているのかチェックしていきましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力が高い人や周囲への気遣いが出来る人は、事務の仕事に向いているでしょう。

事務職は、電話やメールでお客様と対応することも多いので、コミュニケーション能力が問われることは多いようです。また、同じ社内の人達と関わる頻度も多い職種です。コミュニケーション能力と周囲への気遣いは必須と言って良いかもしれません。

堅実な仕事が出来る人

事務の仕事では、堅実な仕事が求められるため「ミスが少ないこと」も重要です。数字を扱うことも多いですね。「自分の仕事が間違っていないか」と見直す必要も他の業種以上に出てきます。「事務職には早さよりも堅実さを求める」という企業も少なくありません。

持っていると有利?事務職に有利な資格

shutterstock_376879801

事務職は人気があるため、何かしらの「採用に結びつく+α」が必要なことも多いです。どのようなスキルや資格を持っていれば、内定に近づくのでしょうか。

PCスキル

事務職にPCは欠かせません。そのためPCの基本的な操作はもちろん、WordとExel、PowerPointまでは使えた方が印象は良いです。

企業によってどの程度のPCスキルが求められるのかは大きく異なります。就職を希望する企業の募集要項に記載されていることも多いので、一度確認すると良いですね。

PCスキルがあるということは「選択肢の幅が広がる」ということですので、最低限のスキルは身につけておきましょう。。

語学力

事務職の中でも「英文事務」や「貿易事務」を企業側に求められている場合は、一定以上の語学力が必要となります。英語はもちろん、最近では中国語や韓国語のスキルを求める企業も少なくありません。

英文事務や貿易事務を希望する時には、どの程度の語学力が必要なのかチェックしておいた方が良いでしょう。たとえば「TOEIC◯◯点以上」とわかりやすく記載してくれている企業も多いです。

簿記

事務職といえば簿記を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。経理や会計の職を求める際にはもちろん、一般事務を希望する時でも簿記の資格を取得している方が有利です。そのため、多くの人が簿記検定を取得しているのが現状ですね。

目安としては、経理や会計職を目指すなら簿記検定2級以上、一般事務を目指すのならば簿記検定3級以上を持っていると、採用されやすい傾向があります。

ただし「資格を持っていなくても良い」という企業もたくさんありますので、あくまで目安としておくと良いでしょう。

秘書検定

秘書検定は、秘書を目指す人でなくてもアピールできる機会が多い資格ですので、事務職の就職にも有利になることがあります。その理由は、秘書になるための資格というよりも一般常識を問われる検定だからです。

秘書検定を取得し就職に活かすのであれば、2級以上が良いでしょう。2級までは筆記問題だけですので、比較的簡単に取得することが可能です。

まとめ:ズバリ!既卒でも事務職への就職は可能?

shutterstock_56296516

人気のある職種なので、未経験既卒からの事務職は正直難易度が高いと言えます。ですが、絶対に無理ということはありません。企業の中には、スキルや資格、人柄を重視する企業もあるからです。ですから、あなたが事務職への就職を志すのであれば「既卒だから」という理由で諦める必要はありません。

それよりも「採用されるためには、これからどうしていけば良いのか」を考えていきましょう。今から資格を取得しても良いですし、PCのスキルを磨いても良いです。また、資格やスキルが求められない企業を中心に採用試験を受けるのも1つの手です。

事務職に何が求められているのかは、企業によって大きく異なります。諦めずに、自分を受け入れてくれる企業を幅広く探していきましょう。あなたを事務職として受け入れてくれる企業は、意外と近くにあるかもしれませんよ。

Takahiro Sasahara
Takahiro Sasahara

ビジネスライターとして各業界の表裏をより多くの人に届けるために活動中。フリーランスとして働いていることからも仕事関連の記事執筆に定評がある。

相談する