既卒・フリーターのお悩み相談所既卒・フリーターのための面接ノウハウ

就活するなら既卒でもマストの知識!正しい内定辞退の方法

Takahiro Sasahara

就活するなら既卒でもマストの知識!正しい内定辞退の方法

既卒でも就職活動をしていると、内定辞退をしたくなる場面に出くわすことがあります。たとえば、同じ時期に複数の企業から内定をもらえた場合や、内定後に自分の考えが変わってしまいその企業への就職を望まなくなる場合です。内定辞退をするのは新卒だけではありません。

ここでは、相手企業に失礼のないような内定辞退の方法を説明していきます。いざという時のために、今のうちに正しい内定辞退の方法を知っておきましょう。

内定辞退の方法は?

shutterstock_134407094

これと決まったルールはありませんが、相手企業に失礼がないように内定を辞退するように心がけていきましょう。ここで紹介するやり方を実践すれば、企業とのトラブルの可能性を減らすことができます。

辞退の連絡は電話で!

相手企業との連絡はメールでもできますが、内定辞退をメールで告げるのは失礼にあたることがあります。内定辞退の連絡は電話の方が良いとされていますので、仮に今まで担当者とメールでやり取りをしていたとしても、断りの連絡は電話で行いましょう。

せっかく内定をいただいた企業の期待に背くことになるのです。せめて断る時くらいは、精一杯の誠意を見せるようにしましょう。

メールよりも電話の方が良いもう1つの理由

もう1つ、電話連絡の方が良い理由があります。それは、電話の方が企業に早く連絡ができるからです。メールで連絡をした場合、どうしても企業がメールを読むまでにタイムラグが生じてしまうことが多いです。

企業は内定を決めた後、入社のための準備を着々と進めてくれます。もしも内定の連絡が遅れてしまい後になって辞退だと知れば、入社のために企業がしてくれた準備は全て無駄になってしまうでしょう。

入社準備にはお金がかかっていることもあります。無用なトラブルを防ぐためにも、一刻も早く企業に連絡するようにしましょう。

辞退理由を聞かれた時の対処法

shutterstock_189652394

内定を辞退する旨を企業に報告すると、辞退の理由を聞かれることがあります。その時は、どのように対処すれば良いのか説明しましょう。

正直に答える方が良いケースが多い

複数の企業から内定をもらえた場合、どうしても断る企業には本当の理由を言いづらいものです。本当の理由を伝えれば「うちの会社よりも他社を選んだ」と思われてしまうからです。

しかし、それでも多くの場合、正直に言う方が良いとされています。言いづらいとは思いますが「他社からも内定をいただき、熟考した上でそちらを選ぶことにしました」と告げると良いでしょう。ここでも誠意を見せるように意識するべきですね。

他社の企業名を伝える必要は無い

「他社からも内定をもらっている」と言うと、相手企業がどこなのかを知りたがる企業もあります。しかし、答える義務はありませんので答えなくてもかまいません。

全体的には「誠意はなるべく見せるけれど、質問にはあまり答えない」という姿勢で良いでしょう。

内定誓約書について

shutterstock_176615030

企業から内定をいただくと、内定誓約書という書類を書くことがあります。内定誓約書は企業側に記入を促されるものですが、一体どういう書類なのか説明しましょう。

内定誓約書とは?

内定誓約書は全ての企業で使われているわけではありません。あくまで一部の企業でのみ使用されています。内定が決定した人に対して「この会社で働きます」と誓約してもらうものです。誓約とは文字通り「誓ってもらう」もの……つまり「この会社で働くことを誓います」という書類です。

法的な効力はまったくない

内定誓約書と聞くと固い書類を想像してしまいがちですが、法的な効力はまったくありません。企業側が独自に作り内定が決まった人に書いてもらう書類にすぎないのです。

そのため内定誓約書を書いた後に内定を辞退したとしても、法的に罰せられるようなことはありませんので、その点は安心してください。

内定誓約書を出した企業には注意

内定誓約書を用意しているということは「なるべくハッキリと内定者を確定させたい」という企業の意思の表れです。そのため、内定誓約書を書いた企業の内定を辞退する時には、他の企業以上に早急な辞退の連絡をするように心がけていきましょう。

なるべく内定辞退しない就職活動方法

shutterstock_325899824

さいごに、なるべく内定辞退をしなくてすむような就職活動の方法もお伝えしましょう。

希望する企業をよく調べる

内定辞退の理由はいくつかありますが「企業を調べているうちに行きたくなくなった」という理由は、相手企業に対しても失礼にあたってしまいます。自分が受ける企業に関しては、入社の意思を示す前によく調べるべきでしょう。企業調査をすることで、極力この理由での内定辞退は防ぐことができます。

複数の内定は仕方がない

複数の内定をもらえれば、必ず内定辞退をすることになります。しかし、それを防ぐために自分の就職活動のスケジュールを調節する必要はあまりありません。

内定辞退の心配は、複数の企業から内定をいただいた時に初めてすれば良いです。

まとめ:誠意を見せればトラブルにはなりにくい

shutterstock_254166760

内定をいただいた企業を辞退するのは、心苦しいものです。しかしあなたの体は1つ、複数の企業に受かった場合はどうしても内定の辞退をする必要が出てきてしまいますね。辞退する企業を「もう関わりを持たない企業」とは考えずに、最後まで誠意を持って対応するようにしたいものです。

相手企業になるべく迷惑をかけないように、速やかな連絡を心がけましょう。あなたの「迷惑をかけたくない」という気持ちが相手企業に伝われば、トラブルに巻き込まれる可能性を減らすことができます。転機の時期ですから、なるべく気持ちの良い再出発が出来るように意識していきましょう。

Takahiro Sasahara
Takahiro Sasahara

ビジネスライターとして各業界の表裏をより多くの人に届けるために活動中。フリーランスとして働いていることからも仕事関連の記事執筆に定評がある。

相談する