既卒・フリーターのための面接ノウハウ

就活面接で緊張しやすいあなたに!自分でできるリラックス法

Takahiro Sasahara

就活面接で緊張しやすいあなたに!自分でできるリラックス法

就職活動での面接は、最も緊張する場面です。特に本命企業の面接や最終面接では「自分の人生がこの面接で決まってしまう」と思い込んでしまう人も少なくないのではないでしょうか。

緊張のし過ぎで、本来の力を出せない人も多いでしょう。ここでは面接本番直前にリラックスする方法を解説していきます。自分の意思で緊張を緩和できるように、是非身につけてください。

リラックスをすることで生まれるメリット

shutterstock_298090187

面接時ではリラックスをすることで、大きなメリットが生まれます。どのようなメリットが生まれるのか挙げていきましょう。

面接官に好印象を与えることができる

面接会場では、応募者の緊張が面接官にも伝わり、空気が張りつめることが多いです。

場の雰囲気や空気に呑まれてしまうと、自分の実力を存分に発揮することはできません。

しかしリラックスして面接を臨むことができれば、回答にも余裕が生まれ、面接官にも良い印象をを残すことができます。

面接で失敗してしまう人の多くが「緊張で言葉が出てこなかった」と言います。その場で機転の利いた答えを出さなければならない質問は、リラックスしていないと頭が回らないものです。

また、極度の緊張状態にあると、用意していたはずの志望動機さえ頭から飛んでしまいます。そうならないために、適度にリラックスした状態で、面接に挑むのが理想です。

面接前日に出来るリラックス対策

shutterstock_320984666

本番当日に緊張してしまわないように、前日からリラックスできる環境を整えておくと良いでしょう。

持ち物に対する不安をシャットアウト!

前日に準備は済ませてください。服装や持っていくものなど、きちんとチェックすることで、忘れ物に対する不安を消すことができます。

時間に余裕を持ったスケジュ—ルを組む

面接会場へのアクセスを確認し、時間に余裕を持ったスケジュールを組みましょう。すると、遅刻に対する不安は消えます。当日はもちろん、時間に余裕を持った行動をしてくださいね。

不安要素をなるべく減らす!

一つの不安は別の不安を大きくしてしまうものです。今「面接が不安」という大きな不安要素を抱えているのですから、他の不安要素はなるべくゼロにできるよう、心がけていきましょう。

持ち物や時間などの不安をゼロにすれば、それらの不安が面接に対する不安を助長するようにはなりません。

面接直前で緊張をほぐすには

shutterstock_278832983

さて、面接会場には自分と同じように面接を受ける人で溢れています。彼らの緊張が伝わり、あなたの緊張が大きくなってしまうのが、控え室です。面接直前、ここで一度緊張をほぐしておきましょう。

リラックスできる呼吸方法

周囲の緊張が伝わってきたら、ゆっくりと呼吸することを意識してください。呼吸は意識すれば、早さも深さも変わります。とくに、しっかり息を吐くことを意識できれば、自然とあなたの気持ちはリラックスする方向に向かってくれるでしょう。

周囲を見渡す

周りには同じ境遇の応募者がたくさんいるでしょう。彼らは皆、あなたと同じように緊張しています。ここで、彼らの様子を観察してみてください。服装や持ち物をよく見ると良いです。

「あのカバン、この間買おうと思ったのに似ているな」「あの色のスーツ着ている人多いな」と他人に意識を向けることで、自分の緊張を抑える効果があります。

思い切って話しかけてみるのも!

時間に余裕があるのなら、近くにいる人に話しかけてみるのも手です。人と会話をすることで、落ち着きを取り戻してください。会話内容は何でも良いです。「緊張しますね」と一声かけるだけで、相手も救われた気持ちになれることが多いですよ。

もしかしたら、価値ある就活に関する情報交換ができる素敵な関係が築けるかもしれません。

リラックスし過ぎてもいけない理由

shutterstock_289809071

ここではリラックスできるように特集していますが、あまりにもリラックスし過ぎてしまうのは逆効果です。その理由を解説していきましょう。

面接官に本気度が伝わりにくい

緊張感がゼロの応募者は、面接官が「本当に入社したいのかな」と疑問を感じてしまうことも少なくありません。緊張のし過ぎはもちろん良くありませんが、リラックスのし過ぎもまた良くないのです。

失言しやすくなってしまう

日常でもそうですが、リラックスした状態だと本音が出やすくなります。「面接で話さなくていいことまでついついしゃべってしまった……」なんてことにならないように、適度な緊張はやはり必要なのです。

まとめ:程よい緊張感を持てるにように意識していこう

shutterstock_210347002

いかがでしたでしょうか。就職活動は緊張の連続です。緊張のせいで自分の力が発揮できないのでは、もったいないですよね。悔いが残らない就職活動になるように、緊張もリラックスも自分の意思でコントロールできるように心がけていきましょう。

「自分の意思でリラックスするのは難しい」と感じるかもしれません。しかし、100%ではなくとも、リラックスした気持ちに近づけることは可能です。面接は始まってしまったら止めることはできません。あまり深く考えずに、「今は緊張を楽しむくらいの気持ちでいこう」と考えてみるのも一つの手かもしれませんね。

Takahiro Sasahara
Takahiro Sasahara

ビジネスライターとして各業界の表裏をより多くの人に届けるために活動中。フリーランスとして働いていることからも仕事関連の記事執筆に定評がある。

相談する