離職理由にもなる!?新卒が気をつけたい五月病の原因と対策

離職理由にもなる!?新卒が気をつけたい五月病の原因と対策

新卒社員の中には、社会人になってすぐに五月病にかかってしまう人もいます。ニュースなどにも取りあげられるように、社会的な問題の一つにもなっていますね。しかし、医学的には五月病という病気は存在しません。

では何故多くの人が五月病にかかってしまい、ときには会社を辞めてしまうのでしょうか?ここでは五月病の理由、そしてかかってしまった時の対策について説明していきます。

五月病とは?

shutterstock_353503058

最初に、五月病の症状について説明しましょう。五月病の症状はうつ病に似ている、と言われています。五月のゴールデンウィーク明け頃に発症することが多く、五月病と名付けられました。

症状は、不安や焦りの気持ちが増したり、無気力な状態が続いたりします。環境が大きく変わった人が五月病になることが多く、新卒の社会人は特にかかりやすい傾向にあるようです。

五月病になってしまう理由

shutterstock_336553691

日本は四月に年度が始まりますので、四月から新しい環境になる人が大勢います。環境の変化に適応していくのは、誰もが大変でしょう。それでも四月中は気が張りつめていますし、新しい仕事に対して意欲がある人が多いので、環境の変化があっても気持ちで乗り切ることができることが多いのです。

しかし、ゴールデンウィークという長い休日を挟むことで、多くの人の気持ちが一度緩みます。そして一度休んでしまうことで、まだ慣れきってはいない新しい環境に戻っていくのが辛く感じてしまいます。一度「辛い」と考えてしまうと、新しい環境のあまり良くない面ばかりが目につき、マイナス面の感情だけが膨れ上がりやすくなります。これが五月病です。

海外には「五月病」という名前も症状もありません。ですから、五月病は日本のカレンダーが作り出したものと言えるでしょう。誰にでもなってしまう可能性がありますので、けっして他人事にはできませんね。

五月病は一体誰に相談すれば良いの?

shutterstock_376892029

一番の相談相手は自分と同じ環境の人

同期入社の同僚や、学制時代の友人で同じタイミングで新卒になった人は、あなたの良き相談相手になってくれることが多いです。五月病に関しても同じ悩みを抱いているかもしれません。悩み事はなるべく自分と同じような環境にいる人に相談すると良いですね。

一つ上の先輩が良き理解者になってくれることも

同じ会社の一つ上の先輩方は、ちょうど一年前にあなたと同じ環境にいました。そのため、五月病への理解を持っている人も少なくありません。気心の知れた先輩が身近にいれば相談に乗ってもらうのも良いでしょう。ちょうど一年前に、あなたと同じ悩みを抱いていたかもしれません。

ただし、現実的には入社から一ヶ月で先輩と仲良くなれる人は少数でしょう。その場合、学生時代に仲の良かった先輩に連絡してみてはいかがでしょうか。今は環境が離れてしまい、なかなか会うのも難しいかもしれません。だからこそ素直に相談ができることも多いですよ。

身近に相談相手がいない時は医者に行こう

適当な相談相手が身近にいない場合は大げさに感じるかもしれませんが、医者にかかることをお勧めします。五月病は季節的なうつ病のようなものです。「長く続いてしまうとそのままうつ病になってしまうこともある」と言われることもあります。

五月病も周囲に相談相手がいないとなかなか改善されづらいので、心療内科や精神科でカウンセリングを受けると良いですよ。

一人で抱えないように注意!

五月病にかかってしまった人は自分でも「五月病かも」と認識していることが多いです。そのため、周囲の人に相談しないケースも少なくありません。気持ちは辛くても心のどこかで「五月病を人に相談するなんて」と甘く見てしまう傾向があるからです。

しかし実際は五月病を理由に、会社を辞めてしまう人も大勢いるくらいです。決して馬鹿にできるものではありませんよ。辛い時には相談できる人に相談してくださいね。

続ける?辞める?最終的な判断にするべき三つのこと

shutterstock_320190440

辞めたい気持ちは一時的なものではないか?

苦労して入った会社を勢いで辞めてしまうのは、とてももったいなく思います。とくに五月病の時期は気分が落ち込むことが多く、「辞めたい」という感情が芽生えやすいのですが、あくまで一時の感情であることも少なくありません。

五月病が発症する時期は、普段よりはるかに衝動的な行動を起こしやすくなっていますので、しばらく様子を見ることをお勧めしたいですね。「辞めてはいけない」とは言いませんが、少しだけ様子を見てください。一ヶ月後には元気に楽しく働けるようになっているかもしれませんよ。

今の環境に満足できている部分はないか?

職場環境や労働条件、人間関係など、今あなたが勤めている会社の全てを思い返してみてください。その中に一つでも満足できている面はありませんか?

たとえば「職場環境はあまり良くないけれど、人間関係は恵まれている」のようなケースです。一つでも満足できる箇所が今の職場にあるのなら、頑張って働き続ける価値は見出だせるでしょう。

気分が落ち込んでいる時は不満箇所ばかりに目が行きがちですが、満足できる箇所にも目を向けて見ましょう。そうすることで、辞めたい気持ちを思い直すことも少なくありませんよ。

辞めた後のプランを明確に描けるか?

今の環境に満足できる面もなく、辞めたい気持ちは今後も続きそうならば、いよいよ離職を考える場面です。しかし、その場合も辞めた後のプランをきちんと立ててから離職をしましょう。

辞めた後のことを考えずに辞めてしまい、後悔した先輩方はとても多くいます。衝動的な判断ではなく、きちんと先のことを考えて離職を決意するようにしてくださいね。

五月病になってしまった後の対策

shutterstock_374109754

美味しいものを食べる

単純に聞こえるかもしれませんが、食生活の改善で気持ちが落ち着くことは少なくありません。栄養バランスも意識するべきですが、それ以上に好きなものを食べると良いです。美味しいものを食べることでストレスが発散され、心身共に健康になる効果があります。

質の良い睡眠を心がける

睡眠時間だけでなく睡眠の質を心がけると、健康的な精神になりやすいと言われています。毎日、同じ時間に寝て同じ時間に起きることを意識していきましょう。

休日も同じ睡眠サイクルにするのは抵抗があるかもしれません。しかし、毎日同じ睡眠時間を取ることで目覚めが良くなり、活動的な気持ちになれる効果があります。

気心のしれた相手との時間を大切に

自分がもっともリラックスできる相手との時間を大切にしてください。もっともリラックスできる相手は、人によって異なります。家族かもしれませんし友人かもしれません。そして一緒に楽しい時間を過ごせると、気持ちが回復することも多いです。

まとめ:五月病は馬鹿にできない!なるべく早い対策を!

shutterstock_399712402

自分でできる対策と頼れる人への相談、この二つで解決できることも多いです。せっかく入った企業なのですから一時の感情で「辞める」と考えるのではなく、五月病を克服して活躍することを目指してください。企業側でもあなたの活躍を期待していますよ。

Takahiro Sasahara
Takahiro Sasahara

ビジネスライターとして各業界の表裏をより多くの人に届けるために活動中。フリーランスとして働いていることからも仕事関連の記事執筆に定評がある。