誰にも聞けない面接対策!こうして就活の成功をつかみ取ろう

誰にも聞けない面接対策!こうして就活の成功をつかみ取ろう

就職活動のメインとなるものは、何といってもやはり面接。面接対策を怠っては、望むような就職ができることがほとんど無いと言って良いくらいです。

企業によって面接の仕方は異なってきます。しかし、ある程度の決まり事があるのでそれを抑えておけば十分に対策になるでしょう。

ここでは面接対策の仕方を解説していきますので是非、就職活動にお役立てください。

面接で聞かれやすいこととその理由

shutterstock_264349064

まずは、面接時にどのような質問をされることが多いのかを解説していきましょう。

過去のこと

面接をされる側にとって、もっとも答えやすいのは「過去に対する質問」です。何故ならば、実際にあったことをそのまま話すだけだからです。

  • 学生時代に何を頑張ったこと
  • アルバイト経験
  • サークルやゼミで身につけたこと

主に最終学歴となる学生時代にやってきたことについて聞かれるでしょう。この時の答えに嘘が混じっていてはいけません。本当のことだけを答え、なおかつ魅力的に響く伝え方をすることが課題です。

過去は変えられません。面接官は応募者の過去を聞くことで、その人の実績や本質部分を見極めようとしています。

現在のこと

現在進行形の質問をされることも多いです。応募者が現在進行形で取り組んでいるのは「就職活動」にほかありません。

  • 他にどのような企業を受けているのか
  • 何故、この会社に応募をしてきたのか
  • 就職活動は順調なのか

このように、就職活動の状況について聞かれることも予測しておいてください。なお、この現在の質問に対しては、どんなことを伝えるべきなのか自分自身で把握し、話す内容の整理をしておくと良いでしょう。「これは無理に言わなくても良いな」という情報もあると思うので、適宜判断しながら面接官に伝えることをおすすめします。

現在の就職活動について質問をすることで、面接官は応募者の意欲を見ています。

将来のこと

面接官がもっとも聞きたいのは、過去や現在ではなく将来のことです。

  • 当社に入ったら何をしたいのか
  • 取り組んでみたいテーマは何か
  • どの部署で働きたいのか

ここでは、実際に入社した後のビジョンが見えているのかが問われます。将来のことについてきちんと答えるためには、その企業について詳しく知らなければなりません。

将来に対する質問をすることで、応募者がどこまで企業を理解しているのかを面接官は見ています。

その他のこと

仕事とはあまり関係のない質問をされることもあります。

  • 最近読んだ本
  • 尊敬する人
  • 最近のニュースについて

このような質問をする意図は、応募者の性格や人となりを見たいからです。そのため、これらの質問をされた時には、なるべくありのままを答えるようにした方が良いでしょう。

まとめるとこうなります。ありのままを答えるべきなのは「過去への質問」と「その他の質問」です。「現在への質問」と「未来への質問」に関しては、企業がどんな人物を求めているのかを考えながら答える必要があります。

面接に成功するためには

shutterstock_265853306

どのような質問をされるのかはおわかりいただけたでしょうか。では、面接で成功するために、どのように答えるべきなのかを解説していきましょう。

質問者の意図を読み取る

もっとも大切なのは「何故、その質問をするのか」と相手の意図を把握することです。面接官は理由もなく応募者に質問することはありません。何らかの意図が必ずあります。

そのため、どのような質問であっても、質問者の意図を汲むように心がけてください。質問の表面だけ見ていては、意図が掴めないことも多いでしょう。

瞬時に質問の意図を掴むためには、「このような質問をされたらこう答える」とシミュレーションをしておくことです。シミュレーションをする際に、答えと同時に「この質問の意図は何だろう?」と考える癖をつけておくと良いでしょう。繰り返すことで、確実に質問の意図を素早く探ることができるようになっていきます。

相手が望む答えを知ること

質問の意図を知れば、面接官がどのような答えを望んでいるのかを知ることができます。
順番としては、

  • 質問を聞く
  • その質問をする意図を把握する
  • 面接官がどのような答えを望んでいるのか知る

この順番になります。

教科書通りの答えが満点とはかぎらない

さて、面接官がどのような答えを望んでいるのかがわかれば、望み通りの答えを口にするのも一つの手です。しかし、この場合及第点はもらえますが、満点の受け答えになるとはかぎりません。何故ならば、多くの人がここまでは辿り着けるからです。

つまり面接官にとって、想定内の答えに過ぎず「面白い答えだ」とは思ってもらえません。もちろん不合格にする理由にはならないので、安全な作戦ではありますが、職種によっては、安全策を積み重ねるだけでは内定が取れないことも多いのです。

ここで企業が求めている人物像を想像してみてください。

企業が「安心して仕事を任せたい」のであれば、安全策を重ねることです。

しかし、企業が「大きな可能性が欲しい」のであれば、安全策を重ねるのではなく、面接官の想定している答えから少しズラすことを意識していきましょう。面接官に「おや?」と思わせることが重要になってくるからです。

この二つのどちらが正解なのかは、企業や職種によりますので、よく考えてどのような答えをするべきか、判断していきましょう。

面接で失敗しがちなこととその対策

shutterstock_261861617

続いては、面接で失敗しがちなことと、そのための対策について解説しましょう。

もっとも多い失敗理由は準備不足

先輩達の多くが、面接を甘く見てしまい「失敗した」と感じています。

企業について調べることを怠ったり、業界について無知であったりすると、面接官が呆れてしまうケースも少なくありません。

極度の緊張で全てを忘れる

面接を甘くみるのも問題ですが、緊張し過ぎるもの良くありません。どれだけ念入りに準備をしても、本番で結果を出せないのは「緊張のし過ぎ」が原因です。

面接慣れするために、本命企業の前に他の企業の面接を体験しておくと良いですね。

自分の言葉で伝えよう

どれだけいろいろと考えても、面接官に自分の気持ちが伝わらなければ意味がありません。本当に伝えたいことは、難しい表現などは避け、ストレートに伝える方が好ましいです。失礼にならない範囲で自分の言葉で伝えることが重要な場面もあります。

面接前日までに準備するべき7つのこと

shutterstock_357339065

最後に、面接に挑む前に準備すべき7つのことを挙げておきます。面接前日までに、全てにチェックを入れられるよう準備することで、安心して面接に挑むことができます。

□ 面接会場までのアクセス方法
□ 当日着ていくものの準備
□ 当日持っていくものの準備
□ 企業調査
□ 業界調査
□ 面接シミュレーション
□ 体調管理

この7つが全て準備できていれば、自信を持って面接に挑むことができます。

まとめ:面接に慣れることを意識していこう!

shutterstock_164670929

面接は一度で終ることは稀です。中には集団面接から始まり、二次面接、三次面接と複数回面接を重ねるところもあります。どの面接であっても気が抜ける場面はありませんが、緊張のし過ぎも良くありません。適度な緊張を持って挑みたいものです。

そのために必要なことは、慣れです。本文でも触れましたが、本命企業の面接で実力を出し切れるように、なるべく多くの面接を経験するように、心がけていきましょう。

面接が好きな人はあまりいないでしょう。そのため、どうしても少ない数の面接で内定を取りたがる人がほとんどです。しかし、本当に入社したい企業があるのならば、目的のために練習を重ねた方がより良い結果に繋がりやすいです。

労を惜しまず努力を重ねた人が、本命企業に入社することができるのです。現在就活中の方で「面接が苦手!」「就職活動がうまくいっていない」と感じている方は、是非一度UZUZにご相談くださいね。

Takahiro Sasahara
Takahiro Sasahara

ビジネスライターとして各業界の表裏をより多くの人に届けるために活動中。フリーランスとして働いていることからも仕事関連の記事執筆に定評がある。