就活生必見!印象の良い履歴書の書き方をマスターせよ!

就活生必見!印象の良い履歴書の書き方をマスターせよ!

就職活動は履歴書を書くところから始まります。つまり、履歴書の印象があなたの第一印象になってしまうのです。日常でも第一印象が良ければその後の人間関係もスムーズにいくことが多いように、就職活動でも履歴書の印象が良ければ優位に立てます。

ここでは、良い印象を与える履歴書の書き方をお伝えしますので、是非参考にしてください。

履歴書は手書きorパソコン作成

shutterstock_197004578

履歴書を書く時に、最初に迷うのは「手書きにするべきかパソコンで作成するべきか」でしょう。どちらが正しいのか、答えはあるのでしょうか?

新卒は手書きで履歴書を書くのが基本!

新卒は手書きの履歴書で応募するべきです。新卒者の方は応募する企業も多く、履歴書を書くのが大変なのはわかります。しかし、企業側としては「この応募者は自分達の会社に入りたい」と考えて面接を行うのです。「何十社も受けているうちの一社」とは考えません。

そのため、応募者には会社に入る意気込みを見せて欲しいのです。当然意気込みがあるのならば、「履歴書を書くのが面倒」という思考にはなりません。応募するのであれば、どの企業に対しても「この企業が第一志望です」と意気込みを見せておくべきです。

既卒・第二新卒時の履歴書はパソコン作成でもかまわない

では、中途入社の場合はどうでしょうか。この場合はパソコン作成の履歴書でもかまいません。その会社でパソコンを扱う可能性が高いのであれば、パソコンのスキルを見てもらうためにパソコンで作成した方が良い場合もあります。間接的に自己PRをする形になりますね。

しかし、中には「履歴書は手書き」と指定してくる企業もありますので、その場合は、手書きで書いた方が良いでしょう。。

履歴書を書く時のポイント(住所から学歴まで)

shutterstock_86796391

続いて、具体的な履歴書の書き方を解説していきます。効率の良い書き方がありますので、しっかりチェックしていきましょう。

印鑑を最初に押そう!

履歴書を作成する際に、もっとも失敗する確率が高いのは印鑑を押す場面です。綺麗に印鑑を押せないと、全て書き直しになります。

印鑑を最後に押す人はいまだに多いようですが、書き直しのリスクを考えれば一番最初に押すのが正解です。

「ふりがな」と「フリガナ」の常識

名前の欄には必ず「ふりがな」もしくは「フリガナ」を書く必要があります。住所の欄にもあることが多いですね。

「ふりがな」にはひらがなで「フリガナ」にはカタカナで記入をするのが常識です。また、住所にカナをふる場合、数字を記入する必要はありません。

そのメールアドレス大丈夫?

メール経由で応募者に連絡をする企業も少なくありません。そのため、履歴書にメールアドレスを書く機会も多いでしょう。日常的に使っているメインアドレスの方が、連絡がとりやすいのはわかります。しかし、そのメインアドレス、就職活動にふさわしいアドレスでしょうか?

恋人の名前や好きなアーティストをアドレス名にしている人も少なくありません。しかし、そのようなアドレスで就職活動をしてしまうと「学生気分が抜けていない」という印象を与えてしまいます。就職活動用のアドレスを新たに作る方が良いですね。

学歴はどこから書くの?

最後に学歴です。基本的には、小学校と中学校は卒業時のみ記入してください。高校以降は入学時と卒業時の両方を記入します。

また、学校名を略す機会も多いと思いますが、履歴書には正式名称を書いてください。自分の出身校でも意外と正式名称を知らない人は多いので、きちんと調べてから記入しましょう

趣味や特技を書く時には

shutterstock_151047842

それでは、続いて「趣味」や「特技」の欄の書き方を解説していきます。

趣味なし・特技なしはNG

意外と自信を持って「これが趣味です」「これが特技です」と言える人は少ないです。そのため、趣味や特技の欄を「特になし」と記入してしまいがちですが、何かしら書くように心がけてください。

面接官の立場で考えると「趣味なし・特技なし」と言われてしまうとあまり印象が良くありません。何故ならば「必要最小限の情報しか教えたくない」と感じることもあるからです。

面接官にとって、応募者はこれから一緒に仕事をするかもしれない人です。その人から心を閉ざしている印象を受けたらどうでしょうか?採用しづらくなりますよね。趣味や特技の欄は、人間性や親しみやすさをアピールする場です。何も書かないということは、ノンアピールと取られてしまいます。

なるべく具体的なアピールを

趣味や特技は、人に自慢するための欄ではありません。応募者の人となりを示す場です。趣味や特技を知ることで、面接官は応募者がどのような人なのか想像することができます。そのため、なるべく具体的に書くように心がけていきましょう。

面接官に好まれそうなネタとは

shutterstock_72925627

面接官に好印象を与えることで、内定が近づくのであればやらない手はありません。面接官に好まれやすいネタをいくつか紹介します。

長くやっている趣味は好感度アップ

長くやっている趣味や特技があるのならば、必ず履歴書に書いた方が良いです。たとえば「ピアノを10年やっています」などです。たとえ趣味や遊びであったとしても、同じことを何年も続けられる人は一定の評価をされます。

仕事に繋がりそうなネタ

多少遠回りでも応募する企業に繋がりそうなネタは履歴書に書くべきです。たとえば不動産業界への就職を希望するのであれば「趣味がドライブ」はポイントが高いです。不動産業界では社員が運転する機会も多く、運転に慣れていると暗にアピールすれば内定に近づくかもしれません。。

まとめ:履歴書は企業に合わせたものを送ろう

shutterstock_164696309

基本的な履歴書の書き方はこれでわかったと思います。あとは、応募する企業に合わせて少しずつアレンジしていくのがポイントになってきます。

趣味や特技の欄は送る企業に合わせて変化させていくのが正解です。履歴書は就職活動の第一印象になるのですから、少しでも良い印象を与えられるように企業を研究しその企業に合わせた履歴書を作成できるようにしていきましょう。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Takahiro Sasahara
Takahiro Sasahara

ビジネスライターとして各業界の表裏をより多くの人に届けるために活動中。フリーランスとして働いていることからも仕事関連の記事執筆に定評がある。