「教育」業界徹底分析!躍進を続ける企業ランキングTOP10

「教育」業界徹底分析!躍進を続ける企業ランキングTOP10

教育業界には、色々な企業があります。どのような企業があり、それぞれどういう特徴があるのかを知っていてこそ、教育業界に就職できる可能性が高くなります。

そこで今回は教育業界の企業分析を徹底的に行っていきますので、是非皆さんも参考にしてみてくださいね。

「教育」業界の規模について

shutterstock_301853975

教育業界の業界規模は9,237億円です。そして経常利益については656億円で過去からの伸び率は+5.0%と伸びてきています。労働者の規模としては8,777人と言われています。

教育業界の平均年収は514万円で、一般的な企業と比べると、比較的高い年収だと言えるでしょう。業界規模を見ていても、安定していることが分かりますので、教育業界への就職を考えている人にとって、現状は就職をしても問題ない業界であり、今後も伸びていくことが予想されるでしょう。

「教育」業界売上シェアトップ10

shutterstock_291004433

教育に関する多くの企業がある中で、売上はどのようになっているのでしょうか。教育業界売上トップ10とそれらの特徴についてご紹介していきましょう。

10位:JPホールディングス

英称が同じJP HOLDINGSで、日本郵政グループの持株会社である日本郵政とは関係なかったのですが、模郵便局の大きな空きスペースに、保育所を運営することで、事業を共に行うことになりました。

2015年4月から、さいたま中央郵便局の敷地の中に認可保育園を始めています。アスクの名称で、保育所が160近くあります。保育所以外にも学童クラブや児童館も存在しています。

9位:市進ホールディングス

首都圏で学習塾である市進学院や市進予備校を展開するグループです。市進教育グループは、小中学生向け学習塾の市進学院や現役高校生向けの市進予備校以外にも、様々な教育事業を行っています。

幼児から社会人までを対象にして年齢層を拡大しています。日本語学校や海外事業そして高齢者向けサービス事業などの業態の拡大を行うことを積極的に行っている教育サービス企業です。

8位:早稲田アカデミー

早稲田アカデミーは小中高生を対象とする進学塾の経営をしている企業です。1975年7月には東京都杉並区にて小中学生対象の学習サークルを開始しました。

その後1976年の3月には名称を早稲田大学院生塾と変えて、本格的な学習塾として発足。そこから発展を遂げて2015年の8月には茨城県内で小中学生対象の進学塾水戸アカデミーを運営する株式会社アカデミーの株式を取得して、完全子会社化を行いました。

7位:リソー教育

株式会社リソー教育は、首都圏では有名な学習塾トーマスを運営している企業です。2000年 7月には、インターネットを使い完全個別指導を目指し始めました。その後株式会社スクールツアーシップを設立しています。それからも事業拡張や、株式分割が多く行われています。

6位:TAC

TACは、資格取得の専門予備校です。運営会社は1980年に開設されたTAC株式会社です。多種の国家試験の合格を目指す勉強をする学校で、いくつもの講座が開かれています。

2010年3月期については公務員分野の売上は前の年の90%の伸びになりました。現在では、財務・会計分野や経営・財務分野に次ぐ売上があります。

5位:ナガセ

東進ハイスクールや東進衛星予備校そして四谷大塚や早稲田塾にイトマンスイミングスクールなどの教育事業を行っています。1971年3月に東京都三鷹市でナガセ進学教室を始めました。2011年の3月にはアメリカEleutian社と提携して、オンラインでアメリカ在住の講師と、双方向トレーニングを可能なUSAスカイプ英会話講座を開講しています。

4位:栄光ホールディングス

栄光ホールディングス株式会社は株式会社ZEホールディングスの前身です。静岡県三島市に本社を置いて、株式会社栄光に代表される栄光ゼミナール等のブランドによる、学習塾事業・家庭教師派遣事業を傘下としている企業です。

3位:ヒューマンホールディングス

ヒューマンホールディングス株式会社は教育事業のヒューマンアカデミー、人材事業のヒューマンリソシア、介護事業のヒューマンライフケアなどを傘下に持っている会社です。

2位:学研ホールディングス

学研ホールディングスの親会社は日本の教育事業や出版社を統括しています。2009年10月に学習研究社から組織改編や社名変更を実施しています。

1位:ベネッセホールディングス

株式会社ベネッセコーポレーションは、通信教育、出版などの事業を行なう、岡山県に本社を置く日本の企業です。このベネッセコーポレーションの親会社がベネッセホールディングスです。

躍進的で変わった取り組みを行っている企業

shutterstock_334043420

カーン・アカデミー」では世界中の誰でも、小学校から大学教育レベルまでの講義を無料のオンライン動画で学ぶことができます。今まで教室という場所や決められた時間の元にあった教育をオンライン上に持ってくることで、支持を得ることができました。

実際このサイトをきっかけにして、いくつかの教育現場はより良い方向へ変わり始めています。例えばこれまでの教室で講義を聴いて、家で課題をするという学び方を逆転して、自宅にてカーン・アカデミーの講義を受けて、教室で仲間や先生と共に課題を受けるというやり方をとっている学校も存在しているのです。

「教育」業界の企業改革はどうなる?

shutterstock_242859997

今後生き残りをかけて、教育業界での企業では改革が進められていくことが予想されます。様々な企業がある中で、収益だけを重視するのではなく、その企業がどのような取り組みを行っているかに着眼することも、とても大切なことなのです。

躍進を続ける教育業界の動向から今後も目が離せませんね。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Miho

職業系の記事を書くことがとても好きです。自分の経験を元にして少しでもお役に立てる情報をお届けしていきたいです。どうぞ宜しくお願い致します。