既卒・フリーターのための業界解説

【業界研究】「教育」業界の特徴とは?4つのポイント解説!

Miho

【業界研究】「教育」業界の特徴とは?4つのポイント解説!

教育の業界の特徴を知ることにより、この業界で働いてみたい!という思いをさらに強く持つことができます。多くの業界の中で「」というジャンルを選ぶためにも、ポイントを知っておくことはとても重要なことです。ではそのポイントについてご紹介していきましょう。

「教育」業界のビジネスモデルについて

shutterstock_258656765

教育業界には塾や予備校、そして通信教育などの種類があります。これらの名前や内容について知らない人は少なく、多くの人は一度は名前を聞いたことがあるでしょう。

というのもテレビのコマーシャルだけではなく、新聞やチラシ、雑誌などにもそれらの広告や宣伝が載っていることが多いからです。これらは日常の生活の中でも目にとまりやすく、たくさんの人がこれらの企業名を知っているでしょう。

最近ではインターネット上で検索をする人が増えていますので、公式サイト以外でも口コミや体験談、評判などを知ることが出来ます。教育業界のビジネスモデルは、本来はこういったメディアを使ったものが増加しているのです。

メディアは人々の生活にかなり浸透しているので、生活をしていく中でも自然に知ることになるでしょう。その中でいかに人の目にとまるようにするか、それがこの業界の今後の課題でもあるのではないでしょうか。

「教育」業界の職業と業務内容とは

shutterstock_309289910

教育業界には多くの職業があります。ここでは代表的な職種・業務内容についてご紹介していきましょう。

講師

まず講師の場合は科目別に分かれていて、生徒に対し授業を通して学習指導を行います。対象とする生徒の学力や目的に合わせて授業をしたり、アドバイスをしたりします。

サポートスタッフ

サポートスタッフは対象となる試験問題の分析をして、授業で使う試験やテキストなどの教材を編集したり作ったりする仕事です。それ以外にも、新規生徒の募集するための活動をしたり、保護者懇談やイベントの運営、広報やマーケティングを行う場合もあります。

経営企画・人事

経営企画は、経営戦略や事業戦略の企画や立案、経営資源の最適な配分などをする仕事です。人事の仕事については、採用計画や人事制度の策定・実行、そしてスタッフの人事評価や人材の育成がメインとなります。

総務

総務では庶務や法務更には経営管理など一般事務を行うことになるでしょう。これらは他社での総務業務と同じことが多いです。経理財務は、企業の経理業務や資金調達や投資などの財務業務をしています。これについては、自社で行う場合もあれば専門の業者に依頼をすることもあります。

「教育」業界に必要なスキル・知識

教育業界で働く場合には、本来は「このスキルや知識が必ず必要」ということはありません。ただ前職が教育業界だったり、教育学部出身だった場合には、それが採用者を決める時に有利になることはあるでしょう。

教育業界というと、語学が堪能な方が良いということはあります。少なくとも英語はある程度話せるようになっておいた方が良いでしょう。職種にもよりますが英語で話す必要がある場面も多々あります。

そして講師という職業について、本来はスキルや知識は必要ないのですが、どのジャンルが自分自身の強みであるかということは、重要になってくるでしょう。自分の得意なジャンルがあれば、そのジャンルの講師になれる可能性も高いです。

自分でも自信のあるジャンルを教えたいという人は少なくないでしょうから、自分の強みとして、得意ジャンルは更に深く学んでおいた方が良いかもしれません。これも職種によりますが、コミュニケーション能力については、あった方が何かと自分を助けてくれることになるでしょう。

信頼できる講師になるためにも、子供たちの気持ちを理解してあげる努力が必要です。詰め込みで勉強を教えても子供たちの頭には入っていきません。それよりもその子供それぞれのペースを理解して把握しながら、教えていくというような柔軟性が必要になってきます。

「教育」業界ではどのようにしてキャリアを積んでいけば良いのか

教育業界でどのようなキャリアを積んでいけば良いのかというと、実績や経験を積むということが何より大切です。教育に関係するニュースには出来るだけ目を通し、セミナーや講習がある時には出来るだけ参加をするようにしましょう。

それにより、今持っている自分の考え方や見解に加えて更に多くのことを学べるようになるでしょう。キャリアを積むことにより、昇格や昇給を望むことももちろん可能です。

キャリアを積むための近道としては、仕事をしながら教育に関する本を読み、より教育というジャンルを知っていくことが重要です。
最近ではネットニュースなども簡単に読める時代になりました。教育に関するニュース以外にも、様々なニュースに触れることで、博学な人物になれるかもしれませんね。

「教育」業界の特徴を知れば今後の強みになる!

shutterstock_106223549

教育業界の特徴を知れば知るほど、今後就職しようとした時や就職してからかなりの強みになります。出来るだけ自分自身の武器や強みを得るためには、業界の特徴を知るようにしていきたいですね。

そして教育業界自体に常に興味や関心を持ち続けることが必要です。今後の教育業界の動向に関心を向け、探求していく気持ちを持ちながら仕事をしていくことが大切なことでしょう。

少子化とは言いながらも、ニーズが高まっている業界だからこそ、これからも目が離せませんね。

Miho

職業系の記事を書くことがとても好きです。自分の経験を元にして少しでもお役に立てる情報をお届けしていきたいです。どうぞ宜しくお願い致します。

相談する