創業90年の蕎麦屋を継ぐために!大手リクルートの営業に転身

創業90年の蕎麦屋を継ぐために!大手リクルートの営業に転身

内定者プロフィール

shutterstock_281200472 のコピー

■名前:Y.Hさん
■生年月日:1990年生まれ
■卒業年度:2011年音楽系専門学校卒業
■出身地:東京都

Y.Hさんの経歴

2011年 専門学校を卒業
2011年 フリーの音楽療法の演奏家として活動
2015年 実家の蕎麦屋の手伝い

学生時代と卒業後について

shutterstock_177758363

Hさんは音楽の専門学校に通われていた方です。Hさんは高校時代より音楽に興味があり専門学校に進学する事を決めました。中でも「音楽療法」と呼ばれる「音楽の力で体の不自由な方や病を抱えている方の治療をする」分野を学ばれており、病院などで演奏もされておりました。専門学校時代はフリーで活動していたため、就職活動はせずに卒業後もフリーで活動をされておりました。

しかし、フリーでの活動も「顧客のためでなく自分たちのやりたい音楽しかやっていない」「全員がこれだけで食べていこうと考えていない」ことから、元々将来継ぐ気であった「創業90年の実家の蕎麦屋」に手伝いとして入りました。将来継ぐことも決めておりましたが、Hさんはなんと「蕎麦アレルギー」だったのです。アレルギーを持っていては蕎麦屋の業態のまま継ぐことはできません。

蕎麦屋から業態変更して実家を継ぐのか、はたまた就職かHさんは悩んでしまいました。そこで、「継ぐか就職か」というのを考える為にUZUZキャリアセンターに登録してくださいました。

進路選択で悩んだ事、困った事

shutterstock_250744180 のコピー

実際、面談でHさんは「将来継ぐ」決断をしました。しかし「今何をやれば良いのか」というのがHさんには明確にありませんでした。当然「飲食店」などの選択肢が直ぐでますが、私もHさんも「飲食で働くのは違うな」と思っていました。理由は「既に実家で蕎麦以外の調理も接客も行っており同じ経験踏むだけ無駄」と考えた為です。

そこから「業態変更するなら今までのお客さんも引き継げない可能性が高い」ということから、「集客のノウハウや様々な業態の飲食店にアプローチ出来るHotpepperの営業」を目指し就職活動をされていく事に決めました。

就職活動について

shutterstock_399952537

就職活動はHotpepperを運営しているリクルートライフスタイル様1本で進めて行くことになりました。選考に進めたのですが、結果は「書類選考」でお見送りになってしまいました。「未就業期間が長く営業未経験」という理由でした。

私も個人的にHさんが「リクルートライフタイルで成果も出すしマッチした人だろう」という自信があったので先方に掛け合い「書類選考通過」としてもらいました。そして最終面接までいったのですが、なんと最終面接でまた不合格となってしまいました。

以外すぎる結果だったので直ぐに先方に問い合わせると、「ストレス耐性への不安がある」との理由でお見送りでした。どうしても納得出来なかった為、ダメもとで「もう一度最終面接してください」と問い合わせたところ、「一次面接からなら再度面接を行います」とのことだったので、Hさんにも連絡し再度一次面接からチャレンジしました。

その結果、無事に内定を獲得することが出来ました。Hさんが粘り強い努力により得ることができた結果でした。

担当より一言

shutterstock_248922901 のコピー

Hさん本当に就職活動お疲れ様でした。2回落ちた方がその企業から内定を頂くケースは初めてだったので、私も驚きました。自分が頑張りぬいた結果掴んだ成功です!

Topとれる様に頑張ってください!!今度実家の蕎麦屋にも伺わせていただきますね!本当におめでとうございます!

Naofumi Hieda

和歌山で18年間を過ごし、大学進学を機に上京。元第二新卒。新卒で営業代行会社に入社し、ベンチャー企業向けに新規開拓営業を担当。2013年にUZUZ入社し、現在は営業部長として主に営業チームの統括を担当。自身の転職活動経験を活かし、キャリアカウンセリングも担当。