27歳フリーターが上京して2週間で内定を獲得できた理由とは!

27歳フリーターが上京して2週間で内定を獲得できた理由とは!

今回は大阪から上京して、【たったの2週間】で内定を獲得したAさんの就職活動についてお届けします。このAさんは、大学を卒業してから27歳までずっとアルバイトを続けていて、就職活動はほとんどやったことがありませんでした。そんな崖っぷちのAさんが一発逆転を狙って大阪から上京してから、人生を大きく変えるまでの秘訣をお伝えします!

Aさんの経歴

案内
まずはAさんの簡単なご経歴から説明しましょう。

名前: 有栖川 小春(仮名)
年齢: 27歳
性別: 女性
職歴: なし
出身: 神戸
特技: スマイル

1988年 神戸で産声を上げる。
2007年 大学へ進学。ここまでは順調。
2011年 就職活動に失敗。学生時代から続けていたレストランの接客でアルバイトを継続。
2013年 正社員での就職を目指し活動を再開。正社員前提のアルバイト採用でインテリアの接客業を始める。
2014年 どうもなかなか正社員になれないぞということに気づく。
2015年 全然なれないじゃないかという不安が確信に変わる。
2016年 もういい加減耐えられへん!と退職。上京を決意。

27歳フリーターが抱える就職活動の悩み

Aさんの場合、コミュ○/見た目○という、人柄的には全然すぐに就職決まるぜ!という方だったのですが、やはり大きなネックとなるのが就業経験がないことでした。27歳という年齢を考えると、やはり面接での内容の多くは仕事の成果や意識していたこと、キャリアビジョンなどが中心になります。

しかしこのAさんの場合は、今までにアルバイトの経験しかないため、新卒での就職活動と比較的近い内容しか話すことができません。面接でアピールできる内容が少なくなってしまうため、なかなか面接でもうまく話ができませんでした。

2週間で内定を獲得するための策略

そこでAさんは、アルバイトの経験が活きてくる接客業を中心に就職活動を行うことにしました。もともと接客業の仕事は好きだったため、自分の言葉でもアピールすることができましたし、仕事の内容も理解していることから就職活動も有利に進めることができました。その中でも、キャリアアップが期待できる企業を数社エントリーして進めることにしました。

またAさんの場合、大阪から上京して選考を受けるため、2週間に選考を集中して入れる必要があります。そこで各企業にお願いをして、うまくスケジュールをたてて就職活動を進めました。

面接対策では、しっかりとアルバイトの内容をアピールできるよう、話を整理するお手伝いをしました。Aさんは、自分の経験の中でも、どのような内容が企業から評価されるかがわからなかったのです。そこでいろんなお話を伺いながら、面接でアピールすべき内容をピックアップして、準備を進めました。

27歳フリーターでも評価されたポイント

結果的にAさん、たったの2週間で内定を獲得することができました。そこにはもちろん面接の内容をしっかりと準備したことも挙げられますが、それだけではありません。いち早く就職するために仕事内容をイメージするための行動を取っていたんです。具体的には、実際に働く場所を視察して、店員がどのような対応をしているか、どのように接客するかを理解してから臨んだのです。

そのような行動が先方に大きく評価され、一次面接の時から既に「是非うちに来てほしい」と言われていました。27歳フリーターでも、しっかりと準備をすれば2週間で希望の会社から内定を貰えるということをきちんと証明してくれました。東京でのリスタート、これからの期待に活躍ですね!