既卒・フリーターのための業界解説既卒・フリーターのための職種解説

未経験者必見!不動産業界に就職する前に知りたい業界知識 Vol.3

Takahiro Takimizu

未経験者必見!不動産業界に就職する前に知りたい業界知識 Vol.3

業種によって仕事は変わる!不動産業界にはどのような種類があるの?

では、前回に続いて不動産業界の種類について解説していきます。

【ディベロッパー】用地取得から販売まで!

規模の大きい土地開発をする企業をディベロッパーと呼びます。ディベロッパー(developer)とは、開発業者という意味です。系列の子会社に不動産販売会社を持っています。

ディベロッパーの市場規模

ディベロッパーの国に与える影響は非常に大きいです。1企業の枠を超えている、と言って良いです。大手ディベロッパーの場合、1社で1兆円以上の売り上げがあります。500億円以上の売り上げがある企業だけでも、15社前後あります。市場規模全体では約40兆円です。

ディベロッパーの現状

現在生き残っているディベロッパーは、2008年のリーマンショックを乗り越えてきた企業です。そのため、あの時の経験を活かした戦略を打っている企業がほとんどです。簡単に言ってしまうと、慎重になっています。強引な開発をするのではなく、1つ1つ地道に開発していくスタイルになります。

また、マンションの分野では、高級賃貸マンションに力を入れています。高級マンションを売るのではなく、高級マンションを貸すのです。簡単には売れない高級マンションも、貸すことなら比較的楽です。このように、慎重な戦略をとる企業が増えています。

ディベロッパーの課題

ディベロッパーの仕事は、大きく分けて3つです。用地取得をし、開発をして、販売をします。利益を生み出すのは、当然、販売の部分です。つまり、どれだけ販売できるかで、企業の運命は大きく変わります。今まで通りの販売の仕方では、当然先が見えています。すると、買い取りや開発に回すお金はありません。新しい販売の仕方、これこそが今後の課題です。

ディベロッパーの展望

2007年から2008年にかけて、プチバブルが起こり、その後リーマンショックになりました。この時に受けたダメージが原因で、中小のディベロッパーの倒産は多く見られます。

今後も新しい活路を見出だせなかった企業や体力のない企業から、順に倒産していくのは目に見えています。大手でさえ博打が打てない現状です。中小のディベロッパーは相当、厳しいと言わざるをえません。

主な企業名(売り上げベスト3)

1位:三井不動産
2位:飯田グループホールディング
3位:三菱地所

聞いたことがある名前が並んでいます。4位以下も有名な会社ばかりです。つまり、大手のディベロッパー=有名企業です。もちろん、中小のディベロッパーもあります。

実際に行う業務とは?

入社当初に配属されるのは、販売・営業です。分譲マンションの営業、建売住宅の営業、商業ビルの空きテナントを埋める営業などです。ディベロッパーと聞くと、なにやら特別なことをやるように聞こえますが、実際に用地取得や開発に携わるのは、ごく一部の人間だけです。ほとんどの人は、一般的な営業です。

この営業の仕事で大きな成果を残した人だけが、他の大きな仕事をするチャンスをもらえます。ただし、上を目指せるだけあって、ディベロッパーの営業は激務です。それでも他の不動産業界に比べると、社会的な地位もありますので人気がある職業です。

【マンション分譲販売】新築マンションの企画から管理まで!

新築マンションを企画し、設計、試工、販売、管理まで行います。販売は子会社に委託するケースも多いです。この場合、親会社はゼネコンと呼ばれます。

マンション分譲販売の市場規模

不動産経済研究所が発表した数字によると、2014年の分譲マンション販売数は、年間約83,000万戸です。また、一戸あたりの価格は約4,300万円ですので、単純計算で売り上げ全体は3兆5,700万円になります。この数字が、分譲マンション販売の市場規模と考えて良いです。それなりにパイがあるように感じられる数字ですが、大手だけが市場を占領している傾向が、ここ数年加速しています。中小企業は苦戦している業界です。

マンション分譲販売の現状

2014年4月に消費税が8%に増税されてから、マンションの売れ行きは雲行きが怪しくなってしまいました。駆け込み需要があった2014年3月以降は、業界全体が苦戦をしています。

また、大手企業が手がけた手抜き工事の問題が、大きく世間に報道されたこともあり、『分譲マンションは不安』という気持ちを、多くの人の心に植え付けてしまいました。これによって大きな痛手を受けました。

マンション分譲販売の課題

非常に多くの課題を抱えている業界です。まずは、信用回復です。手抜き工事をして自分達の利益を優先させたイメージは、簡単には覆りません。当然ながら、手抜き工事をした企業だけの問題ではなく業界全体の問題です。

「あの大手がやっているのだから、他もやっているだろう」と考えるのは当たり前です。つまり、業界全体が不信感を抱かれています。手抜き工事をされているかもしれないマンションを、大金出して買いたい人はいません。

強く植え付けられてしまった、人々への不信感……これをどのように拭っていくのか、これが最大の課題です。

マンション分譲販売の展望

これから先に、再び増税が予定されています。消費税が10%に上がった直後は、相当大きな打撃を受けるのは予測されています。もちろん、増税の直前には、駆け込み需要がありますが、それは一時のしのぎにしかなりえないのもわかりきっています。大きな苦戦が予測されている業界です。信用問題と景気の問題、この2つに打ち勝っていかないかぎり、淘汰されていく企業も少なくありません。

主な企業名(売り上げベスト3)

1位:三井不動産レジデンシャル
2位:野村不動産
3位:住友不動産

上位20社で、全国シェアの半数以上を占めています。大手企業程数字を伸ばし、中小企業の売り上げが減っています。ここ数年は、上位寡占が進展しています。

実際に行う業務とは?

モデルルームを設けて、そこでお客さんを案内するのが主な仕事です。この仕事はグループで行います。大体、4人から8人の間で行うことが多いです。ほとんどの仕事が、チームプレイになります。

もちろん、黙っていてモデルルームにお客さんが来るわけがありません。営業活動も行います。電話での営業や、チラシのポスティング、駅前でティッシュ配りなども行います。

大きく分けると、接客と集客です。集客の部分は、あなたの想像以上に地味な仕事です。平日は地味な仕事を黙々と続け、土日にモデルルームでお客さんを案内すると考えてください。

次の記事

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Takahiro Takimizu

埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。

相談する