未経験者必見!不動産業界に就職する前に知りたい業界知識 Vol.1

未経験者必見!不動産業界に就職する前に知りたい業界知識 Vol.1

未経験から不動産業界への就職を検討している方に向けて、持っておくべき知識や、業界の中身、展望、全てを教えます。ここでは未経験の方でも、不動産業界にどのような仕事があるのかを理解できるようにお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

知らずに働けない!不動産業界の基礎知識

shutterstock_439214011
一般的に不動産業界は新卒でも中途採用でも、他業種に比べて未経験者を広く受け入れている業界です。しかし、一口に不動産業界と言っても、さまざまな種類の不動産業があり、それぞれの分野でどのような働き方をするのかはイメージがしづらいかもしれません。詳しく見ていきましょう。

数字から抑えよう!不動産業界ってどういうところ?

国土交通省が平成21年に発表した数字によると、不動産業界の売上は年間約56兆円に上り、資産総額は約2,200兆円です。非常に大きな規模ですよね。この数字は、日本経済全体の約3%を占めています。(※業界規模の数値は国土交通省不動産業課の発行した数値を元に、本記事内で試算しております。)

では、法人の数はどうでしょう?不動産業界に関わっている法人は、実に日本国内だけで30万社以上あります。この数字は、国内の法人数の約10%です。つまり、10社に1社は不動産業だと考えてください。これだけ多くの不動産会社があるのですから、誰もが不動産業界に関わる機会も当然多くなります。

また、国内の銀行が不動産業界に融資した金額は、1990年代後半からほぼ横ばいになっています。これは何を表しているのかと言いますと、安定した業界だということです。銀行は回収の見込みがない法人には、融資をしません。約60兆円が1990年代後半から変わらずに融資されている事実は、見逃せないことです。

なぜなら、他の業種は軒並み融資額が下がっているからです。結果的には、国内銀行の融資先の不動産業界が占める割合は大きくなっています。実に、全融資額の14%を不動産業界が占めているのです。

参考元:国土交通省 不動産業課「不動産業の動向と施策」

今はどうなの?不動産業界の現在の動向

不動産業界は、人の『衣食住』の『住』に関わる業界です。当然、世間の目はシビアになり、不祥事があるとニュースで取りあげられることも少なくありません。

例えば、最近では2015年10月に、三井不動産レジデンシャルが販売した横浜のマンションが傾いたことが、大きな話題になりました。。建設時に必要なマンションを支える杭を打つのを怠ったことと、杭に関するデータを改ざんしたことが、この事件の発端です。

この事件を販売側の三井不動産レジデンシャルは素直に認め、謝罪し、マンションの住民に1人あたり300万円の慰謝料を払うことを決めました。また、マンションを出て行く人に向けては、建て替えた際に想定される分譲マンションの新築価格で、買い取る方針も打ち出しています。

つまり、「住人が納得できるだろう」と予測される金額と方針を、企業側から先に提示している、ということです。もちろん、この事件の後始末にかかる金額は莫大です。それでも、企業がこの決断をしたことには大きな意味があります。そう、『信用』を得るために一時的な損失を選んだのです。

大手の企業がこの判断をしたことには、大きな意味があります。「大手の判断」は、これからの業界のスタンダードになっていきます。業界全体の意向として、不動産業が「信用第一」で動いているのです。

参考元:日テレニュース24「一律300万円 販売会社側が慰謝料を提示」

これからどうなる不動産業!業界全体の今後の展望

2008年のリーマンショック以降、地価の下落が続いていましたがそれも収まり、現在では横ばい状態が続いています。地価の底は脱したと考えていいでしょう。また、2020年に東京オリンピックが開催されることで、東京という地、ならびに日本という国が世界から注目されています。不動産業界は良い意味で、影響を受けるのは間違いありません。

ただし、新築住宅着工数は数年前から100万戸割れが続いています。郊外の建売住宅の販売も苦戦が続いています。なぜなら一戸建てを買うのではなく、マンション購入や賃貸で済ませる人が増加しているからです。今後もこの流れは止まらない、と予想されています。

ですから、同じ不動産業でも賃貸と一戸建ての販売とでは、明暗が分かれます。また、大手ハウスメーカーが取り組んでいる、古い住宅をリフォームして安く販売するという手法が、既に注目されています。リフォーム販売に関しては、今後もさらに注目されていくと予想できます。

次回は専門分野をチェック!

shutterstock_519924262
一言で不動産業界と言っても、専門分野が数多くあります。大きく分けても売買と賃貸では、業務内容は大きく異なるからです。では次回から、不動産業にはどのような専門分野があるのか見ていきましょう。

未経験者必見!不動産業界に就職する前に知りたい業界知識 Vol.2

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Takahiro Takimizu

埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。