既卒・フリーターのお悩み相談所

既卒・フリーター必見!仕事がデキる人が意識する4つのこと

Miyuki Michihata

既卒・フリーター必見!仕事がデキる人が意識する4つのこと

社会人になったら求められること

ポイント
正社員として働くにあたって求められることは、どのようなことがあるのでしょうか。いくつかあると思いますが、面接や企業選びでも、まず企業目線であることが求められます。企業目線とは、利益を上げて企業が成り立っているということを意識した上で、利益の為の働き方を考えられることですが、なかなか学生やフリーターとして生活するのでは、身につかない部分でもあります。このような、正社員の意識として必要だけど、気付かない部分を身に着けることで、人事の方のアピールも一味変わりますよ!一緒に身に着けていきましょう!

①何よりも仕事は優先するべき事項である

残業だろうが、仕事のお持ち帰りだろうが、そこに仕事が発生して達成しなければならないなら、やるべき!という意識ですね。アルバイト時代とはこの点が大きく違うと思います。アルバイトは時間で雇われているので、その時間内に発生した仕事のみを時間内で出来る限り行えばよいという考えでいいというわけですが、正社員はそうはいきません。時間内だろうが外だろうが、発生した仕事が自分のこなすべき仕事であれば、処理するのは自分ですし、時間外だろうが、休日だろうがその必要があれば処理することが求められます。大変ですね。

②一番重要なのは結果である

結果が大事だと分かってはいるけど、その過程だって大事。それは当然です。ですが、プロセスにいくら重点を置いたところで、結果を出した人以上に評価をつけられるはずありません。その結果こそが、会社に利益をもたらし、給料となっていくわけなので、当然ですよね。

③プライベートを割いて差をつける他ない

これは、学生時代から分かり切っていることではありますが、学校で習う勉強以外で塾や家で予習、復習をしている子が、それをしていない子より当然成績は良くなります。それと同じように、日々の業務時間外でどのように勉強をするかによって、仕事でも成長スピードや結果の出方も異なります。しかも、学生だった期間と仕事をする期間だと、ほぼ2倍くらい仕事をする期間の方が長いですので、業務時間外の過ごし方で圧倒的な差をつけられることもあるでしょう。世の中そう出来てますよね。

④文句を言うのはやるべきことをやってから

よく残業が長い、上司が厳しい、仕事がうまくいかない、辛い、などと耳にします。(勿論、私も良く口にします!)これは、果たして自分が出来ること、やるべきことを行ってからの発言でしょうか。仕事ができないなら、夜遅くなって当然できないことが多いなら、上司が厳しく言って当然努力してないから、仕事がうまくいかなくて当然以上のことが重なれば、辛くて当然

ぐだぐだ現状に文句を言う前に、それを改善しようと努力をしろ!行動しろ!それでも、変わらないなら、その時にも堂々と文句を言え!そういうことなんです。しんどいものですね…

プロ意識とはなんたるか

切ない後姿
さあ、さて以上の4点のような考え方、仕事へのプロ意識を持った方はきっとプライベートにある程度は時間を割いて、仕事が今よりもできるようになるために励んでいらっしゃるのでしょうし、それが特別嫌だ!とか辛い!とかは思わないのだと思います。だって、正社員として給料をもらう側として当然の行動だし、仕事ができるようになるためには必要なことだと、認識しているからです。

みなさんも働く前に一度自分に投げかけてみてください。自分自身はこのような気持ちで働いていけるでしょうか。
また、もし正社員として働くことになって、辛いな~辞めたいな~と思ったら一度自分に問い直してください。今の職場だけではありません。他の職場だっておんなじもんです。(勿論、違う場合も大いにありますが)

自分にとって何が叶えたいことなのか、重要なことなのかを考えて、今と未来を考えて選択しなければいけないですよね。お互いに頑張りましょうね!

既卒のための就活ノウハウ|正社員は働きすぎ!?残業は平均41.5時間!
既卒のための就活ノウハウ|契約社員、派遣社員、アルバイトと正社員は何が違うのか?
既卒・フリーターのお悩み相談所(番外編)|仕事と給料の関係を問い直す?

Miyuki Michihata
Miyuki Michihata

埼玉県出身。元既卒。海外に憧れ大学卒業後は世界一周の旅へ。帰国後、UZUZを利用したことをきっかけに入社し、現在はカスタマーサポートを担当。自分と同じような悩みを抱えた求職者の窓口として、日々登録者の方の相談を受けている。

相談する