【面接が苦手な理系限定】たったの1ヶ月で内定を獲得できる!就活・面接の裏ノウハウ暴露大会!

【面接が苦手な理系限定】たったの1ヶ月で内定を獲得できる!就活・面接の裏ノウハウ暴露大会!

「就活って何からやっていいかわからない!」「面接が苦手すぎる!」そんなあなたに朗報です!

私も理系だったので気持ちはわかるのですが、理系の場合、文系の人たちと違い、就活を何もわからない状態で始める人が多いように感じています。文系には就活にアンテナを張っている友達がいたり、お互いに面接対策し合ったりと、ベストな就活環境が整っています。「就活やりやすくて文系はいいよな…」と私も学生時代に思っていました。

しかも、理系には卒業研究や修士論文があり、研究結果や論文をまとめるのに時間が取られてしまい、就活まで手が回らなかったという人も多いのではないでしょうか?そんな理系の方に話を聞くと、大きく次の2つの就活の悩みがありました。

それは「就活って何からやっていいかわからない!」「面接が苦手すぎる!」という悩みです。今回のセミナーではこの2つの悩みを解消するべく、現役のキャリアカウンセラー(理系就活のプロ)採用担当者(理系採用のプロ)の視点で採用市場の裏話を大暴露したいと思います。

自分たちも就活をしていた時に感じていた、「就活のやり方をもっと知ってれば…」という悩みを解消するためにも知っていることは全て暴露していきたいと思います。面接が苦手なだけで就活に躓いている理系の方々が、内定を獲得して少しでも早く社会人としてスタートを切れるようサポートします!

こんな裏ノウハウを暴露します!

imasia_5498541_M

「就活って何からやっていいかわからない!」「面接が苦手すぎる!」という就活の悩みを解決するために、こんな裏ノウハウを暴露します。裏ノウハウを知って就活をもっと有利に進めていきましょう!

まずは簡単に講師のご紹介

まずは講師から簡単に自己紹介をします。元理系の講師なので、自分たちの就活の話も含めてお話します。

裏ノウハウその1|たったの1ヶ月で内定を獲得する就活スケジュール術

面接が苦手な20代の就活をサポートしているキャリアカウンセラーだからわかる、たったの1ヶ月で内定を獲得できる就活スケジュール術をご紹介します。何からやっていいのかわからない人はまずはスケジュールを立てることからはじめましょう!

裏ノウハウその2|たったの30分でできる「やりたくないこと」から探す自己分析法

自分がどんな仕事をしたいのかわからなくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか?でも、安心してください。内定を獲得するほとんどの人が「やりたいこと」なんて持っていません。「やりたいこと」がないのなら「やりたくないこと」から探してみると自分の仕事選びの条件がはっきりするはずです!

裏ノウハウその3|たったの20分でできる志望動機の作り方

面接が苦手な人にとって志望動機は最大の天敵だと思います。「何をアピールすればいいのかわからない」「他の会社にも当てはまる志望動機になってしまう」とお困りの志望動機をたったの20分で作る方法を教えます!

裏ノウハウその4|たったの10分でできる面接官の第一印象を良くする7つのポイント

面接官は実は質問の回答だけで面接の合否を決めていません。それどころかほとんどの面接官が第一印象で面接の合否を決めてしまっています。たったの10分でできる第一印象を良くするためにできる裏ノウハウを教えます!

就活のお悩み何でも座談会

2班に分かれて座談会形式で就活のお悩みを講師にぶつけてもらいます。理系として就活を経験し、現在はキャリアカウンセラー、採用担当者として活躍する講師ができる限りの質問に回答します。

  • A班:キャリアカウンセラーとの座談会
  • B班:採用担当者との座談会

採用担当者からの会社説明

採用担当者からエンジニアとして未経験者を採用している会社を説明します。実際に未経験者をエンジニアとして採用している企業の採用基準を考慮した面接でのアドバイスを実施します。

就活のお悩み個別相談会

座談会では質問できなかった個人的な就活の悩みを個別にお聞きします。キャリアカウンセラー、採用担当者が就活の裏ノウハウを踏まえて個別にお悩みに応えます。

ざっくばらんに酒飲みながら懇親会

昼間の堅い雰囲気では相談できなかったことを料理を囲みながら話しましょう。酒を飲み、飯を食べながら、ざっくばらんに話せばどんな悩みでも解決できるかもしれません。誰かと腹を割って悩みを話してみると、一人で悩んでいるよりもスッキリしますよ!

bottom_entry

裏ノウハウ暴露大会のメリットまとめ

imasia_13528880_M

  • 「就活って何からやっていいかわからない!」の解決策が知ることができる
  • 「面接が苦手すぎる!」の解決策が知ることができる
  • エンジニアを志望しているが、目指すことができるかを判断できる
  • どのような仕事があるのかイメージを掴むことができる

事前に講師の素性をちょっとだけご紹介

川畑 翔太郎(理系就活のプロ)

photo_shotaro-kawabata

出身:鹿児島県
大学時代の専攻:工学部/機械航空工学科
略歴:高校まで鹿児島県ですくすく育つ。大学は九州大学へ進学し、福岡で4年間過ごす。大学時代は勉強が好きではなく、大学院への進学は諦める。マスコミを中心に就活するも我流で面接を受け、連戦連敗する。面接では「言わなくていいことは言わない」というスタンスに変えたことにより、大手住宅設備メーカーで内定を獲得する。入社後3年間で商品開発、生産技術、製造を経験する。現在はエンジニアの経験を生かし、既卒・第二新卒・フリーター向けに就活サポートを行っている。

藤井 洋平(理系面接のプロ)

photo_yohei-fujii

出身:千葉県
大学時代の専攻:理工学部/機械工学科
略歴:1浪1留で東京理科大学を卒業する。卒業研究は「納豆の流体力学」という一風変わったテーマを研究する。大学卒業後は「自己分析」「職種研究」を充分行わず、大手メーカーというだけで大手製紙メーカーに就職してしまう。しかし、入社後のギャップに苦しみ、半年で退職してしまう。技術系アウトソーシングという「”エンジニア”として活躍できる業界」に出会い、8年にわたり20代から50代までの採用面接を担当している。

bottom_entry

裏ノウハウ暴露大会の概要

開催日時

6/13(土)14:00〜17:00
6/14(日)14:00〜17:00
※懇親会に参加する場合は20:00終了

開催場所

株式会社VSN(福岡オフィス)
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目19番24号 大博センタービル 9F

料金

完全無料(懇親会も含めて何から何まで)

参加条件

  • 年齢は20〜26歳
  • 最終学歴は高専卒、大学卒、大学院卒
  • 専攻分野は機械工学、電気電子工学、情報工学を専攻していた方
  • 希望職種は何かしらの分野でエンジニアを目指している方

bottom_entry

今までの利用者たちの感想

利用者その1|生命化学専攻(学部卒)から工作機器用軸受けユニットの設計開発としてキャリアスタート

imasia_11668865_M

【就活・面接の悩み】
大学時代に学んだ生命化学分野での求人が少なく、数少ない求人を受けても内定を獲得できなかった。所属していた研究室で研究員として勤務して3年が経過してしまい、26歳となってしまい、受けられる求人がさらに減ってしまっていた。

【内定獲得までにやったこと】
まずは選考分野を広げることを考えました。確かに大学では生命化学を学んでいましたが、元々大学に入る際に「ものづくりに携わりたい」というぼんやりとした想いから進学したことを思い出し、ものづくり全般に関わる分野まで視野を広げました。面接に特に苦手意識を持っていなかったので、方針転換したことにより約3週間で機械設計エンジニアとして内定を獲得する。

【現在の仕事内容】
大手自動車部品メーカーにて工作機器用軸受ユニットの設計開発を担当している。

利用者その2|機能ロボティクス専攻(学部卒)からトランスミッション部品の開発としてキャリアスタート

imasia_10731161_L

【就活・面接の悩み】
大学時代から一貫してロボット開発を目指していた。しかし、新卒の就活では面接が苦手すぎたこともあり、アピールがうまくできず内定を獲得できなかった。誰でも言えるような志望動機しか考えられず、面接に行くと自信のなさから緊張してしまい、頭が真っ白になってしまっていた。

【内定獲得までにやったこと】
まずは自信を持って面接に臨むために自分なりの志望動機を作るところから始める。ロボットに対する想いをアピールできるエピソードを探し、志望動機以外にもアピール材料を増やしていった。あとは模擬面接対策で何度も何度も反復練習することで、自信を持って面接に臨むことができるようになる。結果として1ヶ月で3社の面接を受け、1社で内定を獲得する。

【現在の仕事内容】
大手自動車部品メーカーにて自動車向けトランスミッション部品 (ギヤ、バルブボディ、クラッチブレーキ、ケース等の構成部品)の開発・設計を担当している。

利用者その3|応用化学専攻(院卒)からステアリング装置の設計としてキャリアスタート

imasia_10427293_M

【就活・面接の悩み】
応用化学分野で大学院まで進み、研究者としての就職を目指し、就活を行う。しかし、研究者として就職できるのはある程度の学歴がないと難しいことに途中で気づく。今まで研究者一本で考えていたので、方向性を見失ってしまい、フリーターとして1年を過ごす。

【内定獲得までにやったこと】
まず研究者にこだわっている理由を自己分析した。結果として、研究職を目指した理由が「新しいものを作り出し、それが世の中で役立っている光景を見たい」だったこともあり、設計・開発業務でも同じことができることに気づき、自動車製品の設計・開発業務に志望分野を変更する。地方在住だったこともあり、選考スケジュールを固めて上京し、1ヶ月で2社の内定を獲得する。

【現在の仕事内容】
大手自動車部品メーカーにてCATIA V5を用いたステアリング装置(インタミシャフト)の設計を担当している。

裏ノウハウ暴露大会に申し込む

名前必須項目
(例)渦々 四太郎
ふりがな必須項目
(例)うずうず したろう
生年月日必須項目
(例)1992年10月31日
メールアドレス(PC)必須項目
電話番号必須項目
(例)090-0000-0000
参加希望日程必須項目
ご不明点はこちら

Shotaro Kawabata

株式会社UZUZ専務取締役。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、九州大学にて機械航空工学を専攻。大学院へは進学せず、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社。高校の同級生である今村からの誘いと自身のキャリアチェンジのため、UZUZ立ち上げに参画する。