既卒の就活体験談Vol.59|福岡出身14卒の留学生がメーカーに就職

既卒の就活体験談Vol.59|福岡出身14卒の留学生がメーカーに就職

既卒の留学生で関東のメーカーに就職をした方の内定者の声を記載します。

内定者プロフィール

shutterstock_139999093
Bさんは福岡県在住の23歳女性。福岡県の西南学院高校を卒業後、イギリスの大学に進学。短期留学ではなく、高校卒業後すぐにイギリスのカレッジに進学し、そのまま現地の4年制大学(University)に進学。

ヨーロッパの大学生活を満喫していた矢先に、諸事情で急遽帰国を命じられる。まさかの大学中退となり、2014年10月に帰国。語学を活かしたキャリアを身につけたいと思い、第二新卒ナビに登録。

留学中退→6ヶ月ブランクという背景

shutterstock_568003384

高校卒業後、留学という経歴は華やかな経歴に見られがちです。書類選考においても、「チャレンジ精神のある若者だ」という風に判断される傾向があるからです。しかしBさんの場合は、ちょっと異例。

途中で中退しているため、事実上の経歴が短大卒になっているからです。また、実家の諸事情での中退であったため福岡(彼女の実家)に滞在する必要があり就職活動が出来ない期間が続きました。「動きたいけど動けない』」そんな悶々とした期間があったそうです。

希望条件としては
■希望勤務地:全国どこでも可
■職務:特に縛りはないが、可能であれば英語を用いたい
■待遇:特に無し

上記3つのポイントが転職活動の条件となりました。

海外営業で内定をとるためのレポート作成

shutterstock_614913320

今回内定を頂いた企業は関東にある企業様。しかも選考期間(1回目の選考と2回目の選考の間)が長かったため、飛行機で2度上京する必要がありました。関東に住んでいる方は電車で面接を受けれるため、落ちても交通費はたかがしれていますが、Bさんの場合は違います。LCCで予約をしても往復2〜3万円はかかってしまうからです。

「1回の面接ごとに集中して絶対外さないように」という信念をもって就職活動に臨んでいました。

最終面接前にBさんが私に提案したのは『業界レポート』です。航空分野という変わった分野であったため

  • 今後の業界展望
  • 競合分析
  • 職務内容

の3点を中心にレポートを作成しました。

第一希望の会社で内定を獲得し、転職活動を終了

shutterstock_251381827

初回カウンセリング時に複数社の求人をご紹介しましたが、選考希望は2社のみ。『福岡に住んでいる』『大学中退』の2つの理由から、時間・お金の両面で複数の企業を受けるというよりも自分の行きたい条件を絞ってピンポイントで受験する手法にシフトしたBさん。

結果的には1分の1で内定を獲得する事ができ満足する就職活動を行う事ができたそうです。研修終了後は、アシスタントを経験し将来的には海外出張もあり、将来的には会社の営業幹部として活躍を期待されております。

福岡にいらっしゃった為、求人紹介や面接対策はSkypeで行っていました。オフィスでの直接面談と比較するとコミュニケーションが若干取りにくいなどの問題もありましたが、時間に遅れず毎回与えられた課題をこなす事で無事内定を勝ち取りました。

特に最後のレポートに関しては合計10枚以上のレポートを作成したのです。努力が成果に結びつかない事も多い就職問題で、結果を出したBさん、第二新卒ナビとしても感無量でした。福岡→栃木と知らない土地での仕事ですが頑張って下さいね!

Kuniyuki Imamura

株式会社UZUZ代表取締役社長。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にてマーケティングを専攻。新卒で入社した会社を短期離職した経験から、日本の就活市場を変えるべくUZUZを設立。得意分野は、営業/コンサル/海外/会計分野。