既卒・フリーターのお悩み相談所|理系で成績が悪いと就活は不利になるから、大学院進学した方がいいの?

既卒・フリーターのお悩み相談所|理系で成績が悪いと就活は不利になるから、大学院進学した方がいいの?

Q.理系で成績が悪くても就職できるんでしょうか?それとも大学院に進学した方がいいんでしょうか?

今年就職活動をしようと思っているのですが、とても成績が悪いです。常にクラスの最下位です。

現在、工学部の応用物理科に通っています。就職の際に成績は関係ないとよく聞きますが、工学部の応用物理科、しかも可ばかりでは考慮されてしまう気がするのです。大学は旧帝大なのですが、私は全くそのレベルではなく、推測ですが全国の物理科と比べても最下位レベルであると思われます。高校まで物理をとっていない状態で入学し、分属の際に興味本位で全くやったことのない物理を専門にしてしまいました・・。

ここで質問です。

1.就職試験の際に、専門の知識はどの程度問われるのでしょうか?
2.私の成績の悪さは合否の判断材料になりますか?(その際大学名は考慮していただけますか)
3.大学院にいってしまえば、学部の成績は関係なくなりますか?
4.応用物理科出身の方は会社でどういう事をしていますか?

どれか一つでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

A.成績は考慮されないことはないですが、成績だけが評価対象ではありません。気持ちを入れ替えて頑張るのであれば、大学院ではなく仕事で挽回しましょう。

1への回答|だいたい面接の半分くらいが専門知識に関する質問です

理系人材のほとんどは技術職を目指しているので、ここでは技術職での面接を想定してお話します。技術職の面接では、だいたい半分は卒業研究に関する質問となります。ちなみに、残りの半分はあなたの大学時代の経験や性格(長所、短所など)に関する質問となります。

卒業研究にそこまで力を入れていなかった方であれば、できるだけ自分の卒業研究を面接でしっかりと説明できるように研究が不足している点を中心に他の論文やインターネットを活用して情報収集しておきましょう。卒業研究は実際に研究でやったことではなくとも、調べたことで説明しても特に問題はありません。

2への回答|成績証明書を提出するので、合否に影響はします

特に技術職では、大学時代の成績を全く見ないということはありません。私も理系だったのですが、成績が悪く、就職活動では自分の成績に自信が持てませんでした。なので、成績によりマイナス評価されてしまうことは仕方がありません。

なので、成績が悪いのであれば、面接の場で挽回するしかありません。例えば、1の回答でも書きましたが、事前に卒業研究で不足している部分を情報収集して補填しておくとか、大学時代に頑張ったことのエピソードなどを効果的にアピールできるよう練習しておくとか、やれることはたくさんあります。

つまり、成績は今さらどうしようもないので、何とか改善できるところを探して本番で取り繕えるようにしておきましょう。

3への回答|大学院に行っても学部時代の成績はしっかりと見られます

確かに大学院での成績は頑張れば何とか挽回できます。でも、選考では大学院の成績だけでなく、学部時代の成績も加味されてしまいます。

しかも、肝心の大学院への進学の方が学部時代の成績がもろに影響します。面接ではせいぜい30〜40%くらいしか学部の成績は影響しませんが、大学院進学ともなると、院試自体も学部の専攻分野から出題されるので、実質90%くらいは影響があります。

なので、どっちみち大変な思いをするのであれば、大学院に進学して最下位近くからリスタートするよりも就職して新しい環境で心機一転頑張っていった方がチャンスがあるように思います。

4への回答|応用物理を専攻していると機械分野での就業がおすすめです

応用物理という分野はそのまま仕事にすることは結構難しいと思います。物理学をそのまま使うというよりは、物理学の知識を生かしてより採用ニーズの高い機械系エンジニア(製品の設計開発、評価、品質管理などを行うエンジニア)になることをおすすめします。

ほとんどのものづくりの業界では、機械エンジニアの活躍のフィールドがあることからエンジニアの中でも「最も食い扶持に困らないエンジニア」と言われています。応用物理学科では材料分野の知識を学んでいることが多く、機械エンジニアでもこの知識が求められているため、選考で有利に働くのです。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Shotaro Kawabata

株式会社UZUZ専務取締役。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、九州大学にて機械航空工学を専攻。大学院へは進学せず、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社。高校の同級生である今村からの誘いと自身のキャリアチェンジのため、UZUZ立ち上げに参画する。