既卒・フリーターのお悩み相談所|英語を使った仕事がしたい。TOEICって有利なの?

既卒・フリーターのお悩み相談所|英語を使った仕事がしたい。TOEICって有利なの?

Q.英語を使った仕事がしたい。TOEICって有利なの?

既卒の就職活動生です。
私は大学時代に海外に留学に行っていた事もあり、英語力を活かした仕事がしたいと思っています。
実際、英語を使った仕事に就職する事は出来るのでしょうか。
今はTOEICは780点です。

A.英語が喋れる事よりも、仕事が出来るかが重要です。

正直言うと、英語が喋れるという事は手段の一つでしかありません。グローバル人材=「英語力」などと連想してしまいがちですが、今の社会ではそれだけでは通用しません。「語学力は単なる伝達手段です。極端な話、通訳がいれば事足ります。」と言うのは、ヘッドハンティングなどを行なっているサーチファームジャパンの武元さん。(THE21 4月号より引用)

英語を話すから、グローバル人材、という訳では決してありません。国が何処であれ、自分の力を十分に発揮して結果を残せる人材である事がグルーバル人材です。今、就職活動をしている皆さんに覚えておいて欲しいのは、企業が求めているのは、結果を残せる人材です。英語が喋れる人ではありません。

たとえば英語を使って仕事がしたいと言う方には、私はまずは国内企業で力を付ける事をおすすめしています。何より、まずは基本となる力を付けてから、海外へ挑戦していけばいい。仕事が出来ない人間が世界で通用するはずありません。まずは何処でも結果を残せる人材に成長してから世界で戦っていくのはキャリアとしてはダメですかね?急がば回れかも知れなけど、自分の今をしっかり見据えて、行動するのもありじゃないですか?

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Takahiro Takimizu

埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。