既卒のための業界研究|これから伸びる業界はどこ?vol.2

既卒のための業界研究|これから伸びる業界はどこ?vol.2

今後伸びていく業界を見極めるために必要な情報を、簡単にご説明していきましょう。前回の基礎知識は覚えていますか?詳しくは、既卒のための業界研究|これから伸びる業界はどこ?vol.1を参照してください。

今回解説していくのは、メーカー・観光・農林水産の3つです。

メーカー:単純作業は流出。圧倒的な技術力が必要。

th_2
大手家電メーカーの経営不振は続いているものの、部品メーカーは揺るぎないというのが現状です。なかでも、日本電産、村田製作所、TDKなど。圧倒的な技術力で世界のスマートフォンや自動車市場を制しました。自動車における課題は、次世代自動車への移行がうまく出来るかが焦点になってきます。今注目を集めている水素自動車への移行がうまく行けば日本企業の保有するエンジン技術の付加価値が活きてきます。

そして、エンジニアは世界で戦える高度な技術を持った人材が生き残るようになります。単純作業の繰り返しのような仕事は今後ドンドン海外に流出していきます。また、日本市場に特化しながら日本ならではの住宅次事情にあった製品に特化する事で活路を見出す事も不可能では無いでしょう。電子マネーなどはその中でも実際に有益な技術といえます。

観光:外国人旅行者を取り込めるかが焦点

th_3
日本の観光業は明るい未来があるとされています。日本政府観光局(JNTO)の推計によると、昨年1年間に日本を訪れた外国人は1341万人と過去最高を記録したそうです。前年の2013年に初めて1000万人の大台に乗せたばかりで、1年で300万人、率にして29%という驚異的な伸びとなりました。

観光スポットとして東京がシンガポール、大阪がパリ、北海道・東北がスイスに代わる名所として扱われるという未来も夢物語ではありません。

「南に住む人は北に行きたがる」観光業の鉄則もあり、東南アジアの観光客は北日本に視線を向けています。ただ、全ての観光地がこの恩恵を享受出来る訳ではなく、自治体・金融機関・地元企業が一体化して誘致に取り組んでいかなければいけません。

近年、日本人が気にもかけなかった地域が観光名所となっています。東京・山谷の宿泊施設が観光名所になったりして、今欧米人観光客から非常に人気になっています。今後外国人受けする旅館再生ビジネスが活性化していくでしょう。英語サイトを作ったり、ガイドブックに掲載してもらうような、自分達のサービスを売り込む営業力も必要になってきます。

農林水産:規制緩和が実現すれば、超成長産業に

th_4
世界で中間所得層が増加するということもあり、付加価値の高い日本の農畜産物や海産物などの輸出が加速していきます。

実際に農林水産省は2015年3月10日、2014年の農林水産物・食品の輸出額が6117億円となり、1955年に統計を取り始めて以来初めて6000億円を突破したと発表しました。前年比11%の増加で、2年連続で過去最高を記録した模様です。

世界的な和食ブームが続いていることや、海外政府に農産物などの輸入規制の緩和を働きかけていることが背景となっている様子。このようにアベノミクスの農業改革を契機に健全な競争が生まれれば、生産品目はアジアや欧米で売れる高付加価値品に集中していく事が予測されます。

他業種からの農業参入も増加し、個人経営の農家もスーパーに売り込んだり、海外に輸出したりしやすくなる環境が作られます。ただ、ネックは、後継者不足。

次回は、Part-3です。運輸インフラ、小売・サービス・流通、ネットを見てきましょう。
既卒のための業界研究|これから伸びる業界はどこ?vol.3
既卒のための業界研究|これから伸びる業界はどこ?vol.4

未経験から営業や技術職を目指すための無料就活スクール開校

UZUZでは未経験から営業や技術職を目指す方々の為に、無料スクールのウズウズカレッジを開校しています。

  • 未経験から手に職を付けたい方
  • 営業がどんな仕事をするのか知りたい方
  • 仲間と一緒に就職活動を進めたい方
  • 20代の既卒・フリーター・第二新卒の方

は以下のリンクから無料WEB登録を進めてみてください。
『ウズウズカレッジ』

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Takahiro Takimizu

埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。