既卒・フリーターのお悩み相談所|なんとなく応募しちゃって、志望動機がうまく話せない

既卒・フリーターのお悩み相談所|なんとなく応募しちゃって、志望動機がうまく話せない

「なんとなく応募しちゃって、志望動機がうまく話せない…」というお悩みを持つ方から、相談をいただきました。

現在就職活動をしており、4月から既卒二年目に入ります。
特に希望する業界・職種がなく、「給料・通勤の条件がいいから」「知っている会社だから」など、なんとなくの理由で応募しています。
働きたいと思っているのですが、明確な志望動機がないため履歴書がなかなか書けません。
このような場合、どのように志望動機を書いたらよいでしょうか。

A.まずなによりも明確な軸を持とう

shutterstock_369386477
自分の軸を持つことを何よりもおススメします。というのも、この方のように、「働きたいけど、具体的ではない。」という方は選考で非常に不利になるからです。企業の人事からすると、「なにがやりたくて」「どうなっていきたいのか」を明確に持った人材のほうが採用した後の成長が明確に描けますよね。

たとえ困難があっても、強い気持ちを持って乗り越えていけるのではないかと感じられます。辛い時に乗り越えられるだけの強い気持ちを持った方を企業も採用したいでしょう。

では、軸がないという状況ではどうか。「なんとなく」「とりあえず」という気持ちの方を採用した際の懸念点としては、「思っていたことと違った」「こんなはずじゃなかった」と感じてしまい、早期離職に繋がってしまう可能性があるのです。もちろん全ての方がこの考えに当てはまる訳ではありませんが、企業側からすると、リスクになってしまいますよね。当然、就職した企業を早期離職してしまっては、貴方自身の経歴にも影響が出ます。

そんな事言っても「軸」なんて無いし、分かんないよ。ってお悩みのあなたへ。

そんな時はご友人でも構いませんし、ご家族でも良いです。相談してみてください。「どんな時にイキイキしてる?」とか、「どんな瞬間が楽しそう?」とか。何かしら考えるヒントを貰えるかも知れません。自分のことをよく知ってくれている方に真剣になって話をしてみれば、相手の方も真剣になって反応してくれるはずです。

また、私達のようなエージェントを利用するというのも手段の一つです。カウンセリングという時間を頂ければこれまでのご経歴とご経験を加味して、どんなことをやっていきたいのか。どんなキャリアを築くことが良いのかなどを、一緒に考えます。時にはアドバイスもさせて頂きますよ。とにかく、1人で考え過ぎずに、誰かと一緒に考えるという作業をしてほしいです

一生とは言わないまでも、今後数十年を時間を費やす会社を、「なんとなく」では選んで欲しくないというのが私個人の願いです。もう一度これまでを振り返って、改めて自分の進路を考えてみてください。きっと、見つかるはずです。

では、また次の悩みでお会いしましょう。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Takahiro Takimizu

埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。