仮置き既卒・フリーターのための息抜き記事

既卒・第二新卒の就活には必須!鬼のように役立つ鉄板アプリ10選!

Shotaro Kawabata

既卒・第二新卒の就活には必須!鬼のように役立つ鉄板アプリ10選!

鬼のように役立つアプリで既卒・第二新卒の就活をもっとスマートに

私は最近就活を終えた元就活生です。そんな私が就活中にこれでもかと言わんばかりに重宝したアプリをご紹介します。少しでも気になったものはダウンロード無料なのでぜひ使ってみてくださいね。

就活をしている人をターゲットにしたアプリは実のところ、かなりたくさんあります。例えば、WEBテストの勉強ができるもの、模擬面接の練習ができるもの、ニュースをまとめて読めるもの。その他にも履歴書のために自分の主要年号を検索してくれるものまで、本当に様々です。

ただ、数多くのアプリをダウンロードしたり、使おうとして、時間が余計に取られてしまったり、むしろ不便な状況になってしまっては本末転倒ですよね。「このアプリがあれば、後々便利だろう!」と思っていても、アプリを使うよりもWEBで検索する方が早かったりして、結局持っているだけ、というのも意味がありません。そのため、アプリも情報も自分で上手に取捨選択し、賢く使いこなすことが必須になってきます。

以上のことを踏まえ、今回は「鬼のように役立つ鉄板アプリ10選」ということで、様々な場面で役に立ち、本当に必要で、頻度多く使っていた、選りすぐりのアプリを取り上げていきたいと思います。

何だかんだでGoogleアプリはめっちゃ使える!

はじめに言っておきます。私はGoogleの回し者ではありません。しかし、やはり、Google系のアプリは、Gmailアカウントを中心として、パソコンとスマホを繋げ、様々なサービスが利用できるプラットフォームになっているので、とても便利です。それでは、そのアプリをご紹介していきます。

Gmail

oni-apri_01

まず、1個目がGmailです。

企業との連絡手段として最も活用されるのが、メールだからです。フリーメールのアプリは様々にあるかもしれませんが、Gmailを使うのがオススメです。なぜGmailなのかというのは、後述するGoogle driveとの互換性があるからです。

Gmailでは、各メールにラベルを付けることで、管理もしやすいため、その辺りも個人個人が使いやすいようにカスタマイズすると、更に便利になるでしょう。

Google drive

oni-apri_02

そして、2個目がGoogle driveです。

これは先述した通り、Gmailのアカウントを使って利用することができるものになります。では、Google driveの何をどう使うかについてですが、オススメするのはスプレッドシート作成機能です。スプレッドシートはOfficeでいうところのExcelと同じような仕様になっており、そこにエントリー中の企業を並べ、IDやパスワードなどの基本情報から、選考状況や気づいたことについてなどをまとめていました。パソコンでも編集できる上、スマホアプリからも編集や閲覧が簡単にできるので、情報管理はこれだけを利用していました。

まさに、鬼のように便利なアプリになります。(合わせて「スプレッドシート」というアプリもおすすめです。)

Google map

oni-apri_03

次に、3個目がGoogle mapです。

言わずと知れた、地図アプリの王様ですが、徒歩経路が調べられたり、ナビモードにできたりと使いやすいと思います。就活中は見知らぬ土地や初見の土地に行くことが増えるので、マップアプリは必須になります。

Googleではないけど役立つアプリ

就活というのは、それまでの生活ではやったことがないことをする機会が増えます。例えば、OB訪問に行ったり、オフィス街に足を運んだり、自分の思いを文章におこしたり…。そんな時に役立つアプリを紹介していきます。

乗換案内

oni-apri_04

4個目は、乗換案内です。

3つ目のGooglemapとも併用して、あらかじめ目的までの道のりを調べ、自宅からの合計時間を計算しておきましょう。とにかく、時間に余裕を持った行動をすることを心がけることをオススメいたします。このような電車の乗り換え検索アプリは、「乗換NAVITIME」というものを使っている人も多いので、自分で使いやすいものをダウンロードしておくと良いと思います。

Evernote

oni-apri_05

5個目は、Evernoteです。

就活中はとにかく文章を書くことが多くなると思います。ESや企業情報をまとめるのももちろんのこと、自分の考えを明確にするために文章化したいと言う人もいるでしょう。そのような人に便利なのがEvernoteです。

簡単に言えば、自分で作った様々なノートをパソコンやスマホで閲覧・編集ができるというもので、すき間時間に目を通したり、書き込んだりすることもできます。また、ノートはノートブックとして、いくつかにまとめることもできるので、体系的にも視覚的にも分かりやすく利用できます。

netprint

oni-apri_06

6個目は、netprintです。

これは、パソコンで作ったPDFファイルをコンビニ(セブンイレブン)で印刷できるようにすると言うもので、パソコンとスマホアプリ上で登録をすることで利用できます。就活中はESや参加証のプリントなど、印刷機を使う機会が多くなると思います。

もちろん、自宅や学校でできる方にはそんなにメリットはあまりありません。でも、遠方に出て来ていきなりプリンタが必要なとき、夜間にプリンタが使いたい時、はたまた、自宅のプリンタが故障だったりインク切れになってしまった場合には、鬼のように役立つアプリとなります。セブンイレブンに行けば利用することができるので、とても便利です。(他のコンビニしか近くにない方は、printsmashというアプリで対応できる場合もあるので、調べてみてください。)

情報収集をするためのアプリ

以降の7個目、8個目、9個目、10個目は情報収集アプリです。情報を得ることは、スマホやインターネットの普及で最も便利になった点と言っても過言ではないでしょう。そんな情報収集を手助けするアプリの紹介です。

Twitter・Facebook

oni-apri_07

まず、7個目、8個目は、TwitterFacebookです。

企業がアカウントを運営していたり、企業の新卒採用チームが情報を流している場合があるので、それをフォローして空き時間に眺めるだけでも、かなりの情報を得ることができます。また、企業から情報を収集するだけではなく、同じように就活中の友人や、就活を終えた先輩などからシェアされている記事などを見ることで、新たな発見や繋がりを見つけられる可能性があります。

NewsPicks

oni-apri_08

9個目は、NewsPicksというアプリです。

NewsPicksは経済情報に特化したソーシャルニュースメディアアプリで、60以上の経済誌をまとめて読むことができます。また、このアプリのオススメの部分は、興味のある業界著名人や友人をフォローすることによって、その人たちがオススメする記事で自分オリジナルの紙面を作ることができるという点です。

自分と近い立場の人や、自分が興味のある業界で働かれている方と同じ記事を読むことができれば、効率の良い情報収集がはかれるでしょう。さらに、このNewsPicksでは、記事に対する専門家のコメントを読むことが可能で、すでに社会人として働かれている方の考え方を読んだり、参考にできると言う点で、とても便利なアプリだと思います。

日本経済新聞(電子版)

oni-apri_09

最後の10個目は、日本経済新聞です。

自分の興味のある分野や、自分と近しい人からの情報を得るだけではなく、日本や世界で起こっていることを全体的に把握しておくことも重要です。そのためには、やはりビジネス界についてまとめられた新聞を読むのがベストだと思います。これは新聞紙で見られる方は必要ないですが、私の場合は、日本経済新聞電子版を購読し、見出しの記事を一通り眺めるということだけでも毎日していました。

それだけでも、世界全体で1日に何が起こったのかということが少しは分かりますし、視野や興味、さらには会話が広がるきっかけにもなったと思います。

最後に

以上、10個が私が選んだ「鬼のように役立つアプリ」になります。

そもそも有名なアプリや、「もう持っているよ!」というアプリが多いかと思いますが、それを駆使することが最も便利だと思います。あとの点に関しては、インターネットを使ってすぐに調べることも可能ですし、面接練習などのリアルな情報に関しては、足を運んで実際に現場で味わうのがベストだと思います。余分にアプリを取るだけとって、「就活をやっている気分」になって満足してしまわないように気をつけてくださいね!

未経験から営業や技術職を目指すための無料就活スクール開校

UZUZでは未経験から営業や技術職を目指す方々の為に、無料スクールのウズウズカレッジを開校しています。

・未経験から手に職を付けたい方
・営業がどんな仕事をするのか知りたい方
・仲間と一緒に就職活動を進めたい方
・20代の既卒・フリーター・第二新卒の方

は以下のリンクから無料WEB登録を進めてみてください。
『ウズウズカレッジ』

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

Shotaro Kawabata

株式会社UZUZ専務取締役。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、九州大学にて機械航空工学を専攻。大学院へは進学せず、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社。高校の同級生である今村からの誘いと自身のキャリアチェンジのため、UZUZ立ち上げに参画する。

相談する