既卒就活のメンタルコントロール

天職はきっとある!どん底から人生を大逆転させた芸人「鉄拳」!

Shotaro Kawabata

天職はきっとある!どん底から人生を大逆転させた芸人「鉄拳」!

いつかは親孝行しないとな、と思い出させてくれるパラパラ漫画「約束」

すいません。正直、最初は芸人の鉄拳のイメージが先行してしまい、そんな大したことないだろうと思っていました。でも、見たらもう、ホントすいませんでした!完全にやられました!親子の「約束」って見ていてホントきれいですね。反抗期が長かった私にとっては、感情移入してしまい、ちゃんと親孝行しないとなと思わされます。

こんなに短時間で人の感情を動かすなんて、やっぱり才能なんですかね。芸人の鉄拳も密かに好きだったのですが、先日のアナザースカイを見て思いました。このコメントは芸人じゃないなと。ただ、「お笑い芸人」ではないということで、芸を持っているという点では、まさしく鉄拳は「芸人」だと思います。

「芸人」鉄拳のパラパラ漫画家になるまで

1.漫画家志望時代

実は元々漫画家を志望していた鉄拳。高校時代にちばてつや賞(期待賞)に入選したが、その次に制作した作品が全くもって酷い出来だったため、漫画家の夢は断念。

2.プロレスラー志望時代

高校卒業後は、二番目の夢であったプロレスの世界に飛び込む。FMWに入団したが、レフェリーとしての採用だったことに後から気付き、すぐに退団。

3.俳優志望時代

この後、なぜかはわからないが、俳優の世界に挑戦。1995年に劇団東俳に入団するものの、滑舌が悪いことが災いし、すぐに退団。

4.お笑い芸人「鉄拳」の成功

挫折の繰り返しだったが、これらの経歴を逆手に取ったキャラ設定でお笑い芸人を目指すことに。「滑舌が悪く」「レスラーの格好をした」男が「絵を活かした芸」をしたら面白いだろうと考え、1997年に、お笑いプロダクションオフィス★怪人社に入団。独特の風体のお笑い芸人・鉄拳としての活動を始める。『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)や、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)、『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京)などに出演して人気に火がつく。単行本『こんな○○は××だ! 1・2・3』(扶桑社)はベストセラーになった。

5.お笑い芸人「鉄拳」の終焉

その後、個人事務所鉄拳社に籍を移すが、唯一いたマネージャーが退社したことで全ての仕事を一人ですることになってしまい、体を壊して8か月間休養することになった。2007年9月、マネージャー不在を解消するために吉本興業へ移籍することになったが、仕事が徐々に減っていったことに加え、周りの吉本芸人の凄さに圧倒され、芸人としての自信を徐々に失っていき、2011年夏に芸人を辞めることを決断する。

6.パラパラ漫画家「鉄拳」への大変身

辞める日も決まっており、その日まで淡々と仕事をこなす日が続いていたが、吉本芸人がカラオケのビデオにパラパラ漫画を描くという企画で、他の芸人がドタキャンしたため、急遽絵の描ける芸人としてオファーが入り、これを受ける。鉄拳は吉幾三の『俺ら東京さ行ぐだ』を手掛けたが、これがテレビのプロデューサーなどの目に留まり、パラパラ漫画家としてテレビ出演が増え、芸人廃業を撤回する。

7.鉄拳の大逆転人生

2012年3月17日深夜にフジテレビのDO!深夜枠で放送された番組『ワンフレーム』の企画で、中田敦彦(オリエンタルラジオ)、川島邦裕(野性爆弾)、京本有加と共にパラパラマンガの制作(競作)に挑み、イギリスのロックバンドMUSEの楽曲『エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)』をバックに、左右に揺れる振り子の中に夫婦の半生をマジックペンで描いた『振り子』を発表する。この『振り子』がYouTubeにアップロードされると(当初アップロードされたバージョンは番組をそのままアップロードしたものであったことから著作権侵害の疑いにより削除され、その後、本人公認のバージョンが掲載され、その後、再度非公開)、日本国内のみならず海外を含めて一躍注目を集めることになる。果てはこれがMUSE関係者の耳にも届き、逆に『振り子』の映像が『エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)』の公式プロモーションビデオに採用されるに至り、全米・ヨーロッパなど世界各地で配信された。

この一連の動きはテレビニュースやドキュメンタリー番組でも取り上げられるほどの話題になった。パラパラマンガの仕事が急増し、毎日10時間以上、週に6日(おはスタ出演のある水曜日以外)は自宅にこもってパラパラマンガを書いているという。2013年1月1日に配信された日テレNEWS24のインタビューに対し、鉄拳は「2012年はパラパラ漫画で大反響があった年になりました。振り返るとずーっとパラパラ漫画を描いていて、お笑いの仕事はほとんどしていません!」と語っており、今後もパラパラマンガを仕事の主軸に据えることを示唆している。この再ブレイクもあり、2012年に第22回東京スポーツ映画大賞のカムバック賞を受賞。2013年には第42回日本漫画家協会賞特別賞(「振り子」)を受賞した。

【引用元】Wikipedia

鉄拳の人生を変えた出世作「振り子」

最後の一枚は必見!MUSEのMV「Follow Me (鉄拳 Version)」

Shotaro Kawabata

株式会社UZUZ専務取締役。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、九州大学にて機械航空工学を専攻。大学院へは進学せず、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社。高校の同級生である今村からの誘いと自身のキャリアチェンジのため、UZUZ立ち上げに参画する。

相談する